二重(LINEお友達登録)

大阪

待機児童率0パーセント誇る街「貝塚市」

大阪府貝塚市は、面積が43.93km2・総人口88,412人・人口密度が2,010人/km2の市町村の一つになります。

東京オリンピックの時に東洋の魔女であるバレーボールチームが本拠地としていました。
50年以上経過した今でも、バレーボールのまちとなっています。
貝塚と言えば縄文時代に築かれた貝ででできた塚になります。
いわゆる貝殻のゴミ捨て場になります。ですが、貝塚市には貝塚はありません。もともと貝塚があるから貝塚市なのだろうというのは予想が当たっている用で間違っています。
貝塚市の良いところは、人口が増加しているところです。人口が増加するとなぜ良いのでしょうか。普通、人口が増加するとさまざまな問題が増えます。人同士の接触が多くなることから、貝塚市の治安は悪くなるのではないかと思われるふしもありますが、治安は住民の民度で決まります。例えば、人口が特別多いわけではない西成区のあいりん地区では、犯罪が多いですが、西成区よりも人口がもっと多い東京都の中央区ではあいりん地区以下の犯罪発生件数になっています。このように考えると、人口が多いことが悪いところに結びつくわけではありません。人口が多くなるメリットは、さまざまな施設ができることです。例えば、スーパーマーケットを誘致してスーパーマーケットができるとしたらどうでしょうか。今まで買い物に行くまで20分ぐらいかかっていた人が5分ぐらいで行けるようになるかもしれないのです。また、人口が増加するに伴い公園の数を増やさなければなりません。そうすると、子供の遊び場が増えることになります。
それ以外を見ると、待機児童率は0パーセントになります。待機児童は都心部を中心に問題になっています。都心部に人口が集中することで、待機児童が増えることになるのです。人口が増えると、子供の数も当然増えます。そうすると、箱は同じで人口だけが増えているので、当然保育園に通えない子供がいても不思議ではないのです。それならば保育園を増やせばいいではないかと言う声もありますが、保育園を作るのには数億円のお金がかかることがあります。それだけの準備ができないため保育園を増やすことができないのです。そんな中で、貝塚市の待機児童率0パーセントは非常に優秀ということができるでしょう。ちなみに、大阪市の待機児童率は0.8パーセント、全国の待機児童率は0.7であることを考えると、貝塚市の行政が優れているのかもしれません。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア