二重(LINEお友達登録)

大阪

自然見溢れる豊かな地域「堺市西区」

堺市西区は、面積28.62km²、総人口は135,904人になります。

推計の人口は、2016年8月1日のものになります。

人口密度は4,750人/km²ですので、堺市の中では平均的な人口密度と言えるでしょう。

堺市北区の地域特性として、自然の豊かな場所であることがあげられます。

泉北丘陵から石津川が和田川・百舌鳥川と合流し、そのまま西のほうに流れていき、大阪湾に入り込むと言う特徴があります。

西側ほど海に近いので、低地になっていますが、東側の丘陵地帯でも土地の起伏は意外と緩やかなことが特徴になります。

海岸線は、複数の道路を走っています。

紀州街道や小栗街道が通っており、区の中心地を横切る形になっています。

鉄道に関して見てみると、南海本線とJR阪和線が通っており、複数の駅があるのが特徴になります。

町並みは、平地ではある東ほど住宅地が多くなり、内陸部には農地がありますが、高級住宅地も見られます。

臨海部は、堺泉北港と堺泉北臨海工業地帯があり、戦後は工業地帯として発展してきました。

この点が他地域との相違点になるでしょう。

不動産投資という点から考えると、東部周辺に投資をした方がメリットが大きいことが分かります。

西区の平均地価について見ると、1平方メートルあたり12万6千円ほどになります。

不動産バブルだった1989年から1991年頃は現在の4倍から5倍ほどの地価になりましたが、それから10年ほどかけて、現在の地価で安定しています。

ただ、多少の前後はあり、2015年から2016年にかけては0.4パーセントほど上昇しています。

もちろんすべての地域で上昇している訳ではなく上昇して以内地域もありますので、総合的に判断をする必要があるでしょう。

インカムゲインを狙う場合には、マンションの賃貸が主になりますが、マンションの賃貸の場合には家族住まいのマンションが多い傾向にあります。

家族住まいの場合には、子供がいる可能性が高く、子供にも優しい町かどうかが重要になります。

例えば、小学校と中学校はそれなりの数がありますので、学校に通学するのに不便をすることはないでしょう。

保育所と幼稚園に関しては合計で区内に30校近くありますが、子供の数も多いため、待機児童率は3.6パーセントほどになっています。

これは大阪府の平均が1.9パーセントほど、全国平均が0.9パーセントほどになっていることを考えるとやや多いでしょう。

デメリットに働く可能性があります。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア