二重(LINEお友達登録)

大阪

大型商業施設やスーパーマーケットが直行できる街「松原市」

松原市は大阪府南河内地域に位置する自治体の一つです。

隣接している自治体には大阪市(東住吉区、平野区)、堺市(北区、美原区)、八尾市、藤井寺市、羽曳野市があります。面積は16.66平方キロメートル、総人口は2016年8月1日段階で推計120211人となっています。また人口密度は1平方キロメートルあたり7220人です。市の木はマツ、市の花はバラに指定されています。

このような地域特性を持つ松原市について、良いところと悪いところについて紹介していきましょう。

良いところとしては大阪市や堺市に近く、ベッドタウンとしてみなされている点が挙げられます。住民が暮らしやすい環境は良く整えられており、閑静な住宅街が広がっている上に、治安も良いので教育などにも非常に向いている自治体であると言えます。

また大きな幹線道路沿いには大型商業施設やスーパーマーケットなどがあるので、日用品などの買い出しに苦労することのない豊かな街になっています。こういった反面、鉄道網があまり発達しておらず、自家用車などが必要なエリアが多いことは悪いところの一つに数えられます。

市内を走る鉄道路線は近畿日本鉄道南大阪線の、河内天美駅、布忍駅、高見ノ里駅、河内松原駅の4駅しかありません。つまり沿線に在住していない場合には、大阪市や堺市に行きづらいということが言えるのです。

一方で堺市北区に近い地域に住んでいらっしゃる方の中には、都心に直結している大阪市営地下鉄御堂筋線北花田駅を利用する場合もあります。しかし路線バスは発達しており、近鉄バス、南海バス、北港観光バス、大阪市営バスなどが走っており、住民の足代わりとして重要な役割を果たしているのです。

また高速道路も非常に利便性が高く、自家用車をお持ちの方にとっては大阪市内や京都市内へ容易に赴くことができるようになっています。

松原ジャンクションでは近畿自動車道、西名阪自動車道、阪和自動車道、阪神高速14号松原線といった、府内を走る主要な高速道路を接続しています。一方で松原ジャンクション付近はラッシュ時に慢性的な渋滞を発生させており、この近辺の道路状況の改善を求める声が大きいのは現実です。

また松原市には主要な基幹産業がないことも、悪いところの一つだと言えるでしょう。このため自治体としての財政状況は悪く、自主財源比率は大阪府内の自治体の中でも最低ランクに甘んじています。さらに人口の減少が進んでいるところも、松原市の将来的な不安の一つになっています。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア