二重(LINEお友達登録)

大阪

旧来の市街地や住宅街と新興住宅街が広がる「箕面市」

箕面市とは大阪府の豊能地域に属する市の一つです。

府内の他の自治体の中では、池田市、豊中市、吹田市、茨木市、豊能郡豊能町と隣接しています。また箕面市の外周の一部は兵庫県と大阪府の県境になっており、兵庫県川西市とも隣り合っています。

こちらの面積は47.90平方キロメートル、人口は2016年8月1日段階で推計134054人です。また人口密度は1平方キロメートルあたり2800人と発表されています。特に人口密度が高いのは住宅地の広がる市内の南部地域です。市の木はイロハモミジ、市の花ササユリに指定されています。

ここでは箕面市の良いところと悪いところについて紹介しましょう。まず良いところについてですが、こちらは人口の上昇に象徴されます。直近の国勢調査の結果から人口増減を見たところ、2.17%と高い増加率を誇っています。これは府内の43市町村のうちで6位という高順位にあります。人口が全国的な減少傾向にある中で、増加をしているということは市内の経済や産業の回転が今後さらに良くなるであろうことを示していると言えるのです。

この理由は大阪市や京都市などのベッドタウンとして発達していることが挙げられます。前述の通り主に南部に住宅街が広がっているのですが、その中でも南西側と南東側で異なる性質が見られるという特徴があります。南西部では箕面川が流れ、旧来の市街地や住宅街が広がっています。一方で南東部は新興住宅街が広がっており、住宅水準の充実度が高い建造物が多く建てられています。

箕面市では住民の足になる鉄道網もありますが、現在では若干利便性が低い状態が続いており、こちらは悪いところの一つと言えるでしょう。JR西日本の箕面線の桜井駅、牧落駅、箕面駅の3駅しか、現在ではありません。なお2020年には北大阪急行南北線が開通する予定になっており、2つの新しい駅が作られるということは地域の住民にとっては朗報でしょう。

道路事情も現在では利便性が低いと言えるでしょう。しかし新名神高速道路が2017年秋に開通し、箕面インターチェンジが完成する予定になっています。これも住民の生活を非常に便利にするものですが、一方で渋滞や混雑などの可能性も懸念されるところです。

箕面市の自治体の能力は非常に高く、特にその財政基盤や脱借金体質などは高評価を受けています。

商業施設は市域中心部にみのおキューズモールがあり、住民の生活を豊かにする働きを担っています。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア