二重(LINEお友達登録)

ビジネス

「楽天市場」、バレンタインデーに関する意識調査を実施

- 今年は「義理チョコ」よりも「家族チョコ」、昨年と比較して約1.8倍の人がECでの購入を検討 -

https://event.rakuten.co.jp/valentine/

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、 代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、 運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、 「楽天市場 バレンタイン特集2021」を公開中です。 これに関連し、 今年のバレンタインデーについて、 全国の20代~40代の女性200名を対象に意識調査を実施しました。

■調査結果の詳細■

・2021年のバレンタインデーは、 約7割が家族に贈る「家族チョコ」を購入予定。 一方、 「義理チョコ」を購入予定と答えた女性は4割未満に。

今年のバレンタインデーにおけるチョコレート購入予定の有無を聞いたところ、 62.5%の女性が「購入予定」と回答しました(図1)。 「購入予定」と答えた女性がチョコレートを贈る相手としては、 「家族」(69.6%)、 「自分自身」(40.0%)が上位にあがり、 今年は、 家族に贈る「家族チョコ」や自分への「ご褒美チョコ」を購入予定の人が多いという結果となりました。 一方で、 「職場の上司や同僚」(33.6%)や「職場のお客様や取引先」(3.2%)など「義理チョコ」を購入予定と回答した人は、 4割未満でした(図2)。

・購入予定の個数は「5個未満」が7割以上。 1個あたりの予算は「500円~2,000円未満」が最多。

購入予定の個数を尋ねたところ、 「1個」(11.2%)と「2個以上~5個未満」(66.4%)をあわせ、 「5個未満」と回答した女性が7割以上を占めることがわかりました(図3)。 また、 1個あたりの購入予定金額は、 「500円以上~1,000円未満」と「1,000円以上~2,000円未満」が同率で最多の43.2%、 「2,000円以上~4,000円未満」が27.2%と続きました。 (図4)。

・購入時に重視したいポイントは、 「プレミアム・高級感があるもの」、 「メーカーやブランド名」、 「限定感のあるもの」が上位に。

バレンタインデーのチョコレートを購入する際に重視するポイントについては、 「プレミアム・高級感があるもの」(56.0%)が首位、 次いで、 「メーカーやブランド名」(41.6%)、 「限定感があるもの」(31.2%)と、 高級感や特別感を重視する傾向が強いことがわかりました(図5)。

・今年は、 購入場所として「ECサイト・通販サイト」を検討する女性が昨年の約1.8倍に増加。

「昨年、 バレンタインデーにプレゼントを購入した」もしくは「今年、 購入予定」と回答した女性に、 プレゼントの購入場所を質問したところ、 6割以上が「百貨店やデパート」(2020年66.1%、 2021年64.8%)と回答した一方、 今年は昨年と比較して約1.8倍の人が「ECサイト・通販サイト」(2020年16.5%、 2021年30.4%)と回答しており、 新型コロナウイルス感染拡大の影響からチョコレートの購入場所としてECを検討する人が増加傾向にあることがうかがえました(図6)。

■「楽天市場」のバレンタイン


「楽天市場」では、 「楽天市場 バレンタイン特集2021」を公開し、 ユーザーの多様なニーズに合わせ、 チョコレートなどのスイーツのほか装飾品など、 約150万点(注)のバレンタインデー関連商品を販売しています。 本特集ページでは、 「プレミアム・高級感があるもの」や「メーカーやブランド名」など多様な切り口を紹介するほか、 贈る相手別、 予算別など様々な基準でバレンタインギフトを選ぶことができます。 また今年は、 環境にやさしい商品やフードロスへの配慮がされた商品などを紹介する、 「選ぶことで始まる ちょっといいこと、 いいきもち。 」を公開し、 ユーザーがサステナブルな購買を選択できる場を提供しています。

【「楽天市場 バレンタイン特集2021」】

URL: https://event.rakuten.co.jp/valentine/

【「選ぶことで始まる ちょっといいこと、 いいきもち。 」】

URL: https://event.rakuten.co.jp/valentine/tieup/sdgs/?l-id=valentine2021_pc_top_valentine_campaign_sdgs

(注)2021年1月時点の商品登録数

【調査概要】
標題 : 2021年 バレンタインデー関する意識調査
調査主体 : 「楽天市場」
調査期間 : 2021年1月22日(金)~1月25日(月)
調査方法 : 「楽天インサイト」(インターネット調査)
調査対象 :  20歳~49歳の女性 計200名

 
以 上

-ビジネス

© 2021 WMR Tokyo