二重(LINEお友達登録)

大阪

大阪北摂の中心地的な存在 都市と自然が混合する「茨木市」

茨木市は大阪府の三島地域に位置している自治体ですが、近年その地域特性が着目されて不動産投資が活発に行われています。

他地域との相違点としては、特例市に指定されているという点や、大阪市や堺市、京都市のベッドタウンとなっている点などが挙げられます。

ここではまず、茨木市の地域特性について紹介しましょう。

まず地理的特性について取り上げます。

面積は76.49平方キロメートルで、隣接する自治体には吹田市、高槻市、箕面市、摂津市、豊能郡豊能町があります。

また一部は京都府と大阪府の県境にもなっており、京都府亀岡市とも隣接しています。

2016年8月1日の推計人口は281042人で、ここから計算される人口密度は1平方キロメートルあたり3670人です。

茨木市では交通網も発達しています。

特に鉄道はJR西日本(東海道本線)、阪急電鉄(京都本線)、大阪高速鉄道(大阪モノレール線、国際文化公園都市線)の4路線が発達しており、主要駅のJR茨木駅や阪急茨木市駅は乗降客数の非常に多い駅として有名です。

特にJR西日本の2015年の発表によると、茨木駅での1日あたりの平均乗車人数はJR西日本の中では第17位となっています。

さてこのような地域特性を持つ茨木市ですが、不動産投資におけるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのかについて、この先で紹介しましょう。

まずメリットの部分についてです。

やはり交通の便の良さは、わかりやすいメリットと言えるでしょう。

最寄りの空港である大阪国際空港へは大阪モノレールを利用すれば、約25分で到着することができます。

また関西国際空港へはリムジンバスで簡単に行くことができますし、最初に述べた通り大阪市や京都市などのベッドタウンという特質上、このような大都市へのアクセスが容易であるという点も長所と言えるでしょう。

さらに1970年代以降、一貫して人口が増え続けているというのも、不動産投資においては安心できるポイントです。

直近の国勢調査では2.56%の増加率が見られ、これは府内でも5位につけています。

このように人口増加率が高い地域ではより経済の回転が良くなることで、地価が上がって行くという好循環が起こります。

一方でデメリットとしては住民水準の充実度が若干低いということが言えます。

さらに三菱UFJ不動産販売の提供している住み良さランキングでは、成長力が大阪府内で24位と、他の市町村に比べるとあまり特色のない結果に甘んじていることも、懸念材料の一つとなっています。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア