二重(LINEお友達登録)

大阪

昔からある神社やお寺も多い、歴史ある「四條畷市」

大阪府の中部にある四條畷市は、人口およそ5万5千人、面積は19万平方メートルの市町村の一つになります。

四條畷市は、古くから歴史のある町で、昔からある神社やお寺がいくつもあるのが特徴です。

地域特性としては、すぐ隣に奈良県があり、生駒山も近くにあることから、市の東部はアップダウンが激しい所になります。
そのため、駅は市の北西部にあり、人口が集中しているのも北部や西部の方になります。

もともとこの地域はベッドタウンとしての位置づけになっています。
大阪市までは、市内にある駅を利用して30分から40分ほどで行くことが出来ますので、大阪市は地価が高いので住みにくいけども、四條畷市なら地価が安いので住みやすいという理由で選んだ人も少なく無いのです。

不動産投資として考えると、ステーションの近くにマンションやアパートを構えるのはメリットが大きくなります。
一方、地価が高くなりますので、その点はデメリットと言うことができるでしょう。

四條畷市の地価の平均は、43万円になります。
繁華街は45万円から50万円ぐらいになりますが、ステーションから徒歩10分ぐらいの地域では、41万円かそれ以下の地価になります。
他地域との相違点があるとすれば、ステーションの近くとそれ以外の地域にそれほど地価の差はないことです。
もちろん全くないわけではありませんが、極端な違いは見られないのです。

このように、不動産投資を考える場合には、特別駅前である必要はないかもしれません。
ただ、マンションは駅前に集中していることを考えると、必然的に駅前のマンションを購入するしかありません。

一方で、一戸建て住宅はしない全般的に見られます。
この地域はいわゆる高層という建物がほぼ存在しない地域になります。
一戸建て住宅が多いため、一戸建て住宅の投資を考えてもいいかもしれません。

ただ、賃貸に出す場合には利回りはそれほど高くないので、その点は注意をする必要があります。
また、空き家率は14パーセント前後であることを考えると、一戸建て住宅に投資をすることは一種の賭けにあるのではないでしょうか。

人口の増減で重要なのは、市内の施設がどれだけ充実しているかが重要になります。
市内には、複数の病院があり100人当たりの床数は11になります。
中学生までは医療費補助がありますが、自己負担もあり、医療機関ごとに1日500円までになります。
自己負担は、月2日までで、一月の限度額は2,500円となっています。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア