二重(LINEお友達登録)

ビジネス

結局経営者も「人間」に悩む

社員を扱う以上悩みは尽きない

経営者の悩みは数多くあるものの、そのなかで大きな割合を占めるのが自社の社員に対する悩みです。自ら会社を立ち上げて経営者になった人は、他の会社で働いていたときに上司に評価されなかったり、社内の人間関係に溶け込めず実力を発揮できなかったという人も少なくありませんが、他の会社にいたときと同様に経営者になっても「人間」のことで悩みは尽きないのです。

会社は経営者一人では立ち行きません。経営者が社員を雇い、その社員が会社に貢献する仕事をしてくれることで事業を継続できるのです。経営者は社員がいなければ会社が運営できないため経営者であり続けることが出来ず、社員がいれば悩みが増えるというジレンマにも悩まされています。

期待通りの働きをしてくれない

社員に対する悩みで多いのが、期待通りの働きをしてくれないというものです。特に経営初期は採用試験において自分の目で見て判断しているはずですが、実際の仕事ぶりを見ていると面接時とは打って変わって凡庸な働きしか出来ないことに落胆を覚えるのです。

そういったことが続くと優秀な人材が本当に存在するのかという哲学的な悩みに発展してしまい、会社経営に支障をきたしてしまいます。既に働いている社員だけでなく、中途採用試験に応募してくる社員候補の人まで疑いの目で見てしまいます。結果として以前なら採用していたはずの人材を不採用にして、優秀な人材が集まらないことに危機感を覚えてまた中途採用の募集を出すという悪いサイクルに陥ってしまうのです。

経営者の考え方を転換すること

会社を経営して社員を雇うという立場上、経営者は人間についての悩みからは逃れられません。そこで、人間についての考え方を変えることで会社経営に邁進することが大切です。

社員はそれぞれ個性を持った人間であり、経営者の理想通りに働くことを期待するのではなく、社員個人が個性を発揮して働いてくれるように考えると社員についての悩みが大きく減少します。社員が個性を発揮することが会社の利益に直結するシステムや職場環境を構築することで、人材のリソースを活かすことが出来るようになるのです。

経営者がやるべきことは、人間について悩むことではなく、どうすれば人間を活かせる会社にすることができるのかを悩んで実践することなのです。

-ビジネス

© 2021 WMR Tokyo