二重(LINEお友達登録)

ビジネス

経営についてモヤッとした時に確認したいこと。

一息置いて考えてみる

企業経営において、全てが順風満帆で失敗した経験が一度もないという企業は皆無であり、必ずどこかで立ち止まる時期が訪れるものです。それが利益についてなのか、あるいは社内の雰囲気についてなのかは企業それぞれですが、その場合には一度じっくりと立ち止まることが大切になります。

企業が成長するためには、現状を打ち破って新しいことに挑戦したり、画期的なアイディアを生み出さなければなりません。仮に現時点で順調であったとしても、次の一手を考えていない企業はあっという間に競争に置いていかれるでしょう。したがって、少しでもこのままで良いだろうかと感じた場合には、企業経営者だけでなく、前者を巻き込んで様々な意見を聞いたり、発信したりする時間を設けるようにしましょう。

まずは情報を集めてみる

現状を打ち破ったり、画期的なアイディアを生み出したりするには、企業経営者のみの力だけでは足りず、全社が総力を挙げて話し合うことが大切です。また、近年では消費者ニーズの多様化により、常に新しく画期的な商品やサービスが求められています。そのため、企業内だけに留まらず、マーケットリサーチやアンケートなどの市場調査を用いることによって、企業外部からの知恵や考えを集めることも重要です。

このようにして、基本的には企業内の人手の力を使いながらも、時には世間の声という助けを借りることも必要です。もちろん、助けを借りたからには、それを反映させた商品やサービスとして還元することが義務となり、それが世の中を良くすることに繋がるだけでなく、企業のマンネリ化した現状を打破することにも繋がります。

対策や予防法を検討する

企業の問題点は、いつどこで発生するか分かりません。そのため、もちろんそれらの問題に対してしっかりと対策や予防をしておくことも重要ですが、いざ問題や気になる点が発生したときに、しっかりと向き合う姿勢をとれるかどうかも重要になります。

そうすることで、どんな問題や気になる点が発生してもすぐに対応することができ、解決策を導き出すことが出来るでしょう。その際には、企業内の関係者からではなく、企業外部の第三者からの目線で、俯瞰的かつ全体的に向き合うことがポイントとなります。

なにが問題なのか、なぜそれが気になっているのかを俯瞰的に捉えることで、今まで見えてこなかった思考や閃きが浮かんでくるようになり、おのずと解決に向かわせることが出来るでしょう。

-ビジネス

© 2021 WMR Tokyo