二重(LINEお友達登録)

投資

今後のソーシャルレンディングの位置づけ

2021年2月20日

ソーシャルレンディングの仕組みとは

「ソーシャルレンディング」を利用すると、自身が希望する目的に対して必要な出資を集められる可能性があります。例えば、個人が思い付きで考えたビジネスプランをサービス上に開示しておくと、そのプランを買ってくれた投資家から金銭補助を受けられるようになるというような形です。実際には直接投資(融資)ではない為、出資者はどのような案件に対して投資をしているのかが分かりませんし、投資を受ける側からしても誰から投資してもらっているのかを把握することは出来ません。

基本的にはビジネスプランやアイディアに対して投資を受けるための方法ですが、考えようによっては消費者金融や銀行を利用するよりも早く、より大きな資金を得ることも可能になるというメリットがあります。また、債務に対する利息(金利設定)も低く抑えられる可能性がある為、非常に魅力あふれる商品であると評価され始めています。

ソーシャルレンディングの日本国内での扱いは

そもそもソーシャルレンディングが登場した時には、現在日本国内で行われているようなサービスの形とは違っていました。貸金業法など様々な法律による影響などもあり、直接融資が出来ない状態であったために間接融資という形式で「投資型」などと呼ばれるようになっていますが、本来は「投資家が気に入ったアイディアに対して投資を行い、結果に応じて配当を得る」という仕組みです。

日本国内でもそういったタイプのものもありますが、一般的なソーシャルレンディングでは仲介業者を介して双方間の情報が分からない状態でサービスが利用されることになります。

今はまだ利用者が少ない状態ですが、メディアで有名人やタレントが「クラウドファンディングでビジネスを開始する」と言った方法を紹介する機会が増えてきているため、今後は利用者が増えていく傾向が見て取れます。クラウドファンディングとソーシャルレンディングは概念としては共通しているもので、根本的な仕組みは共通しています。というより、呼び名が違うだけで同じものを意味している場合も少なくありません。

今後の資金確保手段のメインになる可能性も

生活資金を借りるための方法としてであればカードローンを利用するという選択をせざるを得ませんが、ビジネスを開始するための資金を借入れる為の手段としては、銀行や消費者金融よりも優遇された環境で利用出来るというメリットは非常に大きな違いです。

投資家が増えればより多くの案件に投資が出来る様になるため、この人気の高まりが影響して今後の資金確保手段のメインになる可能性もあります。



【新興市場ドットコム】プロのアナリストが届ける投資情報

アクティブ元年・日本株ファンド

株式投資のプロが高騰期待銘柄を絞り込み【旬の厳選10銘柄】

【日本最大級のAI株価予測サービス】QuantX

-投資

© 2021 WMR Tokyo