二重(LINEお友達登録)

大阪

住宅地が90パーセントを占める「大阪市東住吉区」

大阪市東住吉区は大阪市の南西部に位置する地域になります。

人口は2015年現在でおよそ13万人ほど、面積はおよそ9万平方メートルになります。
人口密度は大阪市の中では平均的な数値になります。

地域特性としては、同じ大阪市の他地域と比較した時に、商業地は少なく住宅地が多いのが相違点と言えるでしょう。
住吉区の住宅地は全体の90パーセントを占めていますので、区内のほとんどが住宅地であることが分かるでしょう。
この地域は、大阪の中心地まで通勤をしている人が多くなります。
区内の鉄道は、近鉄南大阪線とJR阪和線がそれぞれ縦断しています。
鉄道を利用する場合には便利な立地です。区内のどこに住むにしても駅までの距離は近く、不便をすることはないでしょう。

犯罪発生率についてはどうでしょうか。

犯罪率は2.3パーセントと、やや多めになっています。
ただ、大阪市の平均からするとそれほど多いわけではなく平均的です。
全国平均と比べると多いですが、狭い地域に多くの人が住んでいることを考えると直ちにデメリットと言うことはできないのではないでしょうか。

東住吉区内の住宅の面積は平均で78平方メートルになります。
大阪の中央区や北区などと比較すると、1軒辺りの面積に余裕があります。
それだけ住みやすいということでもあります。

子育て世代が住む場合には、学校があるかどうかや病院・公園があるかどうかが気になるところではないでしょうか。
学校は、小学校は10校以上、中学校は7校あります。
幼稚園や保育園も人口に比例して存在しますので、待機児童は1パーセント未満ですので、それほど多いわけではありません。大学高校は数が少ないですので、区外に通学している人が多くなります。

病院は、大小様々ありますので、いざ熱を出したり怪我をした場合にも安心です。
公園は、小さい公園はたくさんあります。
大きな公園は、長居公園や桃ヶ池公園がありますので、子供を遊ばせるには良い場所と言えるでしょう。ただし、桃ヶ池公園は厳密には隣の阿倍野区に属しています。

では、不動産投資をする場合はどうでしょうか。

東住吉区は、人口が多く住宅地が中心になりますので、マンションも多い傾向にあります。
そういう意味ではメリットになるでしょう。
ところが、空室率も高く、およそ18パーセントになり、平均値を6パーセントも上回っていることから、不動産投資をする場合には空室が出やすいかどうかを気にしておくべきです。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア