二重(LINEお友達登録)

AI(人工知能)

人工知能(AI)の活用と危険性

まず、人工知能(AI)とは何か説明すると、コンピュータに人間の様な考え方を組み込んだものです。

そのため、コンピュータの利点である莫大な量の情報を瞬時に処理することも出来ますし、ある二つのテーマの関連性の有無などを自分で判断することができますし、人間の様に意思決定をすることが可能になりました。

また、一度覚えた情報は忘れることがないため、今あるデータと過去のデータとを照合しながら総合的な判断も可能になりました。
現に利用されていることでいいますと、飛行機のパイロットは着陸や飛行時はオートパイロットに任せていますし、最近発表された自動運転車は自動で縦列駐車や車庫入れを行うことができますし、また、走行中に左右の白線と前方の車との距離間を一定に保って走行することが可能になりました。

今後は自動掃除機が一時期ブームになりましたが、あれは数パターンの設定されたランダムな動きに沿って移動しているだけだったので、人工知能を取り入れれば、埃やゴミのある部分だけを入念に集中して掃除することができますし、省エネ対策にもなります。

また、言語処理能力や表情分析にも優れており、人間と何気ない会話も出来るようになるため、店頭でAIロボットに接客をさせることも可能になります。

また、過去のデータや様々な情報を総合的に判断することができるようになり、天気予報の的中率が格段に上がることで、数秒単位で天気の変化を予測することができます。
人工知能は多くの分野に活用され期待されていますが、ある大学の研究発表で、人工知能に今ある仕事の50%を任せることができるようになります。これは何を言っているのかというと、人間の失業者が多く出てきてしまうということです。

要するに、人間が活躍する場が減ってしまうことで、さらなる貧困や格差の拡大や利権を獲得するための戦いで急激な人口減少が起こります。人工知能とは、人類最大の発明でもあり、人類最大の危険要素になりかねません。

しかしながら、それすらも人工知能により解決出来、より良い社会を形成するツールとして活用される予想も多くされています。
これから来るパラダイムシフトとともに、大きなビジネスチャンスの到来と良い方に捉え、是非人工知能について学習してみて下さい。

暗号資産(仮想通貨)おすすめランキング

暗号資産(仮想通貨)取引所

GMOコイン(ビットコインをはじめとする暗号資産8銘柄の取り扱い)

ビットコインをはじめとする、暗号資産8銘柄の取り扱いがあります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)

※ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)は
「販売所」または「暗号資産FX」で取引可能です(2020年11月10日現在)

暗号資産(仮想通貨)のウォレット

Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット

Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、
イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、
数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。
Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。
有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、
暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。

仮想通貨の流出を防ぐハードウォレット TREZOR

取引所に保管をしていると、常にハッキングのリスクに晒されています。
コインチェック事件やマウントゴックス事件だけでなく、
個人のアカウントを狙ったフィッシングやハッキングも起きており
インターネット上のウォレットに保管をしておくのは非常に危険な状態といえます。
ハードウォレットを利用することにより、秘密鍵をオフラインで保管することができ
ハッキング フィッシングのリスクを軽減することができます。

仮想通貨を持ち運ぶなら、カード型ハードウェアウォレットFuzeW(フューズ)

ビットコイン(Bitocoin)やイーサリウム(Ethereum)を始め、ERC2.0トークンに対応しているBrilliantTS社によるカード型ハードウェアウォレットです。
カード表面のディスプレイで、残高やレートを確認することができます。
また、QRコードの表示もでき、シンプルで使いやすいデザインを追求。3つのボタンで直感的に操作することができます。
もちろん、セキュリティは世界最高水準。

暗号資産(仮想通貨)の運用

日本円×ビットコインの自動売買システム【コインネオ】

コインネオは従来の自動売買投資より安定感を重視し、より堅実に利益が積み上がるように設計された仮想通貨自動売買ツールです。
初心者でもすぐに使える安心設計、専門知識や使い方を補うサポートも完備しております。
一回あたりの取引は最短1分、利益額は抑えめである分、資産をじっくり殖やしたいというユーザー様のご希望に応える内容となりました。
高い勝率を維持しながら、取引回数を増やすことで利益が積み重なっていきます。
リスクの高い投資は不安、難しいことを覚える時間がない、といった方にうってつけの仮想通貨自動売買ツールです。
コインネオは「Zaif Liquid bitbamk coincheck bitFlyer BTCBOX」の主要6取引所にて取引が可能です。

ビットコインFX!AI搭載自動売買システム【honeybee】

HoneyBeeとは、“働き蜂のように誠実に、コツコツせっせと密を集めてくれる”人工知能搭載ビットコインFX自動売買ツールです。
AI(人工知能)搭載自動売買 ツールなので、あなたが他の事をしていてもせっせと資産を増やしてくれます。
自動学習システムにより、使えば使うほど、相場を学習しドンドン賢くなります。
つまりよりあなたに利益をもたらしてくれます。

資産運用おすすめランキング

アクティブ元年・日本株ファンド

  1. 長く付き合える投資信託をラインナップ
  2. 少額(月1,000円)からコツコツ積み立てられる
  3. 販売手数料0円、口座管理手数料0円
  4. 資産運用の専門家が、資産形成に関する情報を提供
  5. 実績のある運用チームが担当する直販専用ファンド

【日本最大級のAI株価予測サービス】QuantX

QuantXは、投資対象とマーケットシナリオを考慮したアルゴリズムにより、既存の積立やロボアドに比べ、高パフォーマンスの投資が可能です。
QuantXは、下落リスクを予測。過去データを活用した多方面による検証、ポートフォリオを考慮した投資対象の選別・分散により、リスクの見える化や軽減を実現できます。

株式投資のプロが高騰期待銘柄を絞り込み【旬の厳選10銘柄】

単なる推奨銘柄リストではなく、藤ノ井氏がなぜ今この株を買い!
とするのか根拠を示しながら上値下値目処など具体的な戦略を解説した動画もありますので、
経験の浅いビギナーでもご活用いただけます。

【新興市場ドットコム】プロのアナリストが届ける投資情報

【新興市場ドットコム】は証券会社、運用会社で20年以上、
成長企業の調査をしてきたプロのアナリストが厳選、
高成長を続ける会社の株式投資情報を低価格で提供。
投資のアドバイスにより、あなたの株式投資の高い投資収益を目指し、
強力にサポートします!

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-AI(人工知能)

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア