不動産投資

初心者にもおすすめの不動産投資!FIREしたい人がすべき資産形成とは

FIREとは

最近、よく耳にするようになったFIREとは、英語の「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとったものです。
FIREというのは、経済的な安定を早期に確立すること、早期リタイアを実現するという意味です。
このFIREムーブメントでは40歳代あるいは50歳代前半での早期リタイアを目指す人が多いといわれています。

FIRE(早期リタイア)の資産形成の方法

早期リタイアするためには、経済的基盤が必要です。
経済的な安定を早期に確立するためにできることは次の3つが考えられます。

  • 所得の最大化をするために、今の仕事の年収を増やす
  • 支出の最小化をはかるべく、固定支出、日ごろの生活費を削減する
  • 収支差額を資産形成に回し、リスクとリターンのバランスを意識しつつ高い利回りの確保を目指す

まさにこれらは、マネープランニングの王道というべき方法でしょう。
FIREの基本は計画的な老後資産形成そのものであり、「老後2,000万円問題」への対応と同じなのです。
つまり、若いうちから生涯のライフ・マネープランを考え、老後にどのように資産を取り崩すかシミュレーションするなど、早期に対策を始めることが重要だといえます。

ところが、「資産形成」といわれても具体的にどうすればいいのかということがわからない方も多いのではないでしょうか。

代表的な資産形成の手段としては、働けるうちはなるべく長く働き、コツコツと節約・貯蓄をしておくことですが、残念ながらそれだけではFIREへの道のりは遠いことが予想されます。

不動産投資でFIREの資産形成

たとえば、家賃収入が10万円のケースを考えてみましょう。


  • 25歳で不動産投資を開始

    家賃収入10万円のうち、9万円を返済した場合、残った額1万円が毎月の安定収入になります。
    毎月1万円といっても、1年間で12万円、10年間で120万円、30年間で360万円になります。


  • 60歳でローン完済

    ローン完済後は、家賃収入10万円がすべて不労所得となります。


  • 完済後30年

    完済後30年たつと、毎月の家賃収入10万円が1年間で120万円、10年間で1200万円、30年間で3,600万円の不労所得となります。


35歳で不動産投資を始めたケースを考えてみましょう。


  • 35歳で不動産投資を開始

    家賃収入10万円のうち、9万円を返済した場合、残った額1万円が毎月の安定収入になります。
    毎月1万円といっても、1年間で12万円、10年間で120万円、30年間で360万円になります。


  • 70歳でローン完済

    ローン完済後は、家賃収入10万円がすべて不労所得となります。


  • 完済後20年

    完済後30年たつと、毎月の家賃収入10万円が1年間で120万円、10年間で1200万円、20年間で2,400万円の不労所得となります。

    35歳で不動産投資を始めたケースと25歳で不動産投資を始めた人と比較すると、何もしなかった10年分、つまり1,200万円分損してしまいます。


45歳で不動産投資を始めたケースを考えてみましょう。


  • 45歳で不動産投資を開始

    家賃収入10万円のうち、9万円を返済した場合、残った額1万円が毎月の安定収入になります。
    毎月1万円といっても、1年間で12万円、10年間で120万円、30年間で360万円になります。


  • 80歳でローン完済

    ローン完済後は、家賃収入10万円がすべて不労所得となります。


  • 完済後10年

    完済後30年たつと、毎月の家賃収入10万円が1年間で120万円、10年間で1200万円の不労所得となります。

    45歳で不動産投資を始めたケースと25歳で不動産投資を始めた人と比較すると、何もしなかった20年分、つまり2,400万円分損してしまいます。


このように不動産投資を始めた年齢によって、最終的な資産形成には大きな差が出てしまいます。
上記のシミュレーションのように家賃収入を10万円を仮定した場合、45歳までに始めれば、老後2000万円問題の2000万円はなんとかクリアできますが、早ければ早いほど不労所得が大きくなるのが不動産投資です。

こんなお悩みはありませんか

  • FIRE(早期リタイア)の資産形成の方法を探している
  • 老後2000万円問題が心配
  • 不動産運用してみたいけど空室リスクが気になる
  • 不動産投資(アパート経営、マンション経営)を収益化したい
  • 空室リスクを回避したい
  • 新たな投資先を探している
  • 不動産投資初心者で興味はあるけど時間や知識がない
  • 高収益の不動産投資の方法がわからない

このようなお悩みを持つ方へ、おすすめの不動産投資会社の一覧を紹介します。

FIREの資産形成におすすめの不動産投資

初心者にもおすすめの不動産投資まとめ

アプリ1つでスマートに手堅く不動産投資【TOUSHINDAI 】

1.東京都心の中古ワンルームマンション

マンション投資において絶対に回避しなくてはならないポイントは「空室リスク」です。
しかし、日本は少子高齢が進み普通に考えれば空室リスクが高まるのが当たり前ですが、そんな中でも、都心のワンルームマンションは人口の増加とワンルーム需要の増加により、リスクが低いのです。
TOUSHINDAIではそうした都心のワンルームのみを扱った投資をご提案しています。

2.月々の管理費1,000円(税別)~

不動産購入後の管理業務の一切を全てTOUSHINDAIでお引き受けいたします。
管理費は物件や賃料などに影響せず一律1,000円(税別)~となります。
オーナー様にはご安心を頂きながら毎月のお家賃を受け取って頂く形になります。

3.相場価格でのご提供

不動産にはどんな商品にも相場が存在し、相場通りの取引が行われます。
したがって如何に良い物件を相場より安く仕込んできて、
お客様に相場価格で提供出来るかどうかはとても重要です。

「新日本地所」不動産投資セミナー

新日本地所では、不動産投資に関するセミナーを開催します。

不動産投資について知りたい方、興味がある方など、さまざまなお客様に合ったセミナーを予定しております。

セミナー例)
 ・不動産投資の1から10までお伝えするセミナー
 ・不動産投資を検討している方が注意すべき点や業者についてお伝えするセミナー

今後も様々な種類のセミナーを開催。

新日本地所ではワンルームマンション、都心9区、築浅(築20年以内)、中古物件など、賃貸需要が高いものをご紹介しています。

不動産投資家向けサービス「SECOND OPINION -セカンド・オピニオン」

「セカンド・オピニオン」とは

不動産投資をするかどうかを検討するにあたり、最初のうちは、
何をどう確認すれば良いのかも分からないかと思います。

そこで、不動産投資の教科書では、代表の山本と不動産投資に詳しいスタッフが、
コンシェルジュとして読者の皆さんの質問に面談をとおして回答します。

「セカンド・オピニオン」を利用して、不動産投資にまつわる不安点を解消し、
資産形成の第一歩を踏み出すためのサービスです。

「セカンド・オピニオン」のメリット

不動産投資の教科書は中立の立場から今、検討している収益物件や投資方法が
本当にユーザーにとって有益なのかを判断しアドバイスしております。
投資家目線で、不動産投資の良し悪しを本音でお伝えする今注目の無料サービスです。

無料マネーセミナー!効率のよい貯蓄や不動産投資の方法を教えます

無料マネーセミナーのプロモーションです。

◇効率のよい貯蓄や不動産投資の方法を教えます◇

全セミナー会場でスイーツつき!
さらに交通費として、商品券1,000円分をもれなくプレゼント!

アットセミナー主催のマネーセミナーは、マネー知識の無い方にもご理解いただけるやさしいプログラム構成。
予備知識無しでご参加いただけます。

600万円も節約になることも!? 住宅ローン無料一括審査申込

600万円も節約になることも!? 住宅ローン無料一括審査申込

住宅ローンの支払い総額は比較の有無で決まる住宅ローンの支払い総額は比較の有無で決まる

「住宅本舗」は複数の金融機関に一度で住宅ローンの審査申込が出来るサイトです。
住宅ローンの見直しで約700万円の節約事例も

最近はおトクに買い物をするために比較検討を行われる方が多いですが、
複数の金融機関へ住宅ローン仮審査をする場合、各社毎の申し込みが必要となり通常1社1時間ほどの入力時間がかかります。
しかし、住宅本舗の特許取得済みの住宅ローン仮審査一括代行申し込みサービス(無料)を利用すれば、必要情報を1度入力するだけで、複数の金融機関へ住宅ローン仮審査を申し込むことが可能になります。
仮審査結果を元に様々な金融機関の金利・条件を比較し、ピッタリなローンを見つけられるのです。

住宅ローンを賢く選ぶための一括審査申し込みサイトで賢く節約!

-不動産投資

© 2021 WMR Tokyo