二重(LINEお友達登録)

懐かしいもの

オシャレ女子高生の必須アイテム、ルーズソックス

1977年生まれの私の高校生時代の流行りと言えば、ルーズソックスです。
これは白くて長めでゆるめの靴下で、履くときに下の方にしわを作ります。ゆるめなので落ちてこないよう、スティックのりの様なものを足に塗って貼り付けるのです。
足が細く見える、オシャレ、可愛いと大人気でした。
田舎だったので、ルーズソックスが登場するのは都心に比べ、遅かったです。
入学式の時には皆、ひざ下丈だった制服のスカートの丈を、次々にひざ上5~10センチに変えていきました。ウエスト部分を折って短くしたり、もう一度仕立て直してもらったりしました。
そして、短くなったスカート丈に合わせるように、ルーズソックスを履くのです。
そのうち、更にゆるくて沢山しわを作れるという、スーパールーズソックスなるものも登場しました。
これは凄すぎて、あまり履いている人はいませんでした。

-懐かしいもの

© 2021 WMR Tokyo