二重(LINEお友達登録)

懐かしいもの

プリ帳の厚さは友人の多さを表すステータスだった?

高校生の頃に「プリント倶楽部」、略してプリクラの初号機が街に出てきた1978年生まれの女性です。

最初は「自分の顔をシールにして楽しいの?」と、思っていましたが、友人に連れられて初めて撮影したところ、これがハマってしまいました。
当時はデジカメも無く、携帯の写真撮影機能なんて当然無い時代です。
その場で撮影した写真が印刷されて出てくる事に驚きを覚えました。
そして写真をデコレーションするフレームのデザインも今ほど多くはなかった時代です。
限定のデザインが出たと聞けば、遠くまで足をのばしたりした。

そして、そのシールを交換する事でコミュニケーションとなり、交換したシールを保管するための「プリ帳」の厚さが厚いほど、今でいうところのSNSのフォロワーの数の多さを表すようなものとなっていたのです。
先日プリ帳を発掘したところ、今よりも質の低いシール素材だったので大分色あせてしまっていました。
それでも、当時仲が良かった友人との思い出を直ぐに思いだす事が出来て、タイムマシンのような役割をはたしてくれました。

プリ帳が呼び起こしてくれた記憶に感謝です。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-懐かしいもの

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア