二重(LINEお友達登録)

旅行のおすすめニュース

【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】SMBC e日本シリーズ

福岡ソフトバンクホークスが初優勝を飾り、プロ野球とのW日本一を達成!

MVPにはソフトバンク・大上選手が初受賞!

SMBC e日本シリーズ【DB vs H】のアーカイブはこちら!

「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから

https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1

SMBC e日本シリーズ
【ソフトバンク 8-5 DeNA(クラウン)】
▼第1戦

【出場プレイヤー】

1~3回 DB:辻  H:原(※)
4~6回 DB:山本 H:大上
7~9回 DB:河合 H:平山
※1~3イニングで出場を予定していたソフトバンクの加賀谷選手は体調不良で欠場となったため、 原選手が出場。

【バッテリー】

[DB]今永、 伊勢(5回)、 平田(6回)、 坂本(6回途中)、 エスコバー(7回)-嶺井、 伊藤光
[H] 千賀、 高橋純(7回)、 杉山(7回途中)、 高橋礼(8回途中)、 甲斐野(9回)-甲斐

【本塁打】

[DB]佐野(1回2ラン、 プレイヤー:辻)、 ロペス(7回2ラン、 プレイヤー:河合)、 ソト(8回ソロ、 プレイヤー:河合)
[H]バレンティン(6回3ラン、 プレイヤー:大上)

セ・パ両リーグの優勝チームがそれぞれコカ・コーラ eクライマックスシリーズを勝ち抜き、 王者同士の戦いとなった『SMBCe日本シリーズ』。
第1戦は、 逆転劇でソフトバンクが勝利を収め、 初の日本一へ王手をかけた。
キャプテンの加賀谷が体調不良により欠場となったソフトバンクは、 1番手に原が急遽出場。
初回、 DeNAの4番・佐野に先制2ランを許してしまったが、 2回裏には『DHなし』ルールによって打席に入った先発の千賀で2点タイムリー2ベースを放ち同点に追いつく。 “代役”として出場した3イニングをなんとか同点で終えた。
2番手として出場のソフトバンク・大上、 DeNA・山本はともに静かな立ち上がりでゼロ行進が続いたが、 試合は6回裏に動いた。 ソフトバンク・大上がエンドランでチャンスを拡大すると、 フィルダーズチョイスの間に勝ち越しの1点を獲得。 さらに1点を追加すると、 代打・バレンティンで豪快な3ランホームランを放ち、 この回一挙5得点。 長短織り交ぜる攻撃でソフトバンクが大きくリードした。
その後は7回から登場のDeNA3番手の河合が2本のホームランで追い上げを見せたものの、 継投策で逃げ切ったソフトバンクが先勝。 日本一へ王手となる白星を挙げた。
 

1回表:佐野の2ランでDeNAが先制
(C)NPB / (C)Konami Digital Entertainment
 

6回裏:バレンティンの3ランなどでソフトバンクは一挙5点をあげる
(C)NPB / (C)Konami Digital Entertainment

【DeNA 3-7 ソフトバンク(クラウン)】
▼第2戦

【出場プレイヤー】

1~3回 DB:山本 H:原
4~6回 DB:辻  H:平山
7~9回 DB:大茂 H:大上(※)

※7~9イニングで出場を予定していたソフトバンクの加賀谷選手は体調不良で欠場となったため、 大上選手が出場。

【バッテリー】

[H]椎野、 嘉弥真(4回)、 千賀(4回途中)、 杉山(7回)、 甲斐野(8回途中)、 モイネロ(9回途中)-甲斐
[DB]平良、 パットン(5回)、 武藤(5回途中)、 エスコバー(6回)、 三嶋(7回)、 三上(9回)、 坂本(9回途中)-嶺井

【本塁打】

[H]栗原(5回2ラン、 プレイヤー:平山)、 グラシアル(5回2ラン、 プレイヤー:平山)、 バレンティン(8回2ラン、 プレイヤー:大上)
[DB]佐野(4回ソロ、 プレイヤー:辻)

eBASEBALLプロリーグ『SMBC e日本シリーズ』は、 第2戦も強さを見せつけたソフトバンクが勝利。 2連勝で見事、 チーム初のeBASEBALLプロリーグ日本一に輝いた。
初回、 第1戦に続いての1番手となったソフトバンク・原が幸先よく先制を挙げると、 3回に迎えたピンチも無失点で切り抜け2番手に繋ぐ。 対するDeNAも4回裏、 2番手のルーキー・辻が佐野の同点ホームランから連打で計3点を奪い逆転に成功するが、 直後の5回表にはソフトバンク・平山がDeNAリリーフ陣を攻め立てた。 栗原でパットンのスライダーを捉え、 ライトへの完璧な2ランホームランとして同点に追いつくと、 グラシアルでも勝ち越しとなるレフトへの2ランホームランを放ち、 再びリードを奪った。
日本一へ向けて3番手を託されたソフトバンク・大上は8回、 第1戦に続くバレンティンの代打ホームランで大きくリードを広げ、 最後は守護神モイネロで抑えこんでゲームセット。
ソフトバンクが3年目のeBASEBALLプロリーグ日本一の栄冠を手にした。
なお、 2020シーズンを通して最も活躍したプレイヤーに送られる最優秀選手(MVP)には、 ソフトバンク・大上が輝いた。
 

5回表:ソフトバンクは2本のホームランで試合をひっくり返す
(C)NPB / (C)Konami Digital Entertainment
 

9回裏:チャンスを作るがDeNAは一歩及ばず
(C)NPB / (C)Konami Digital Entertainment

▼SMBC e日本シリーズ総括

パ・リーグ優勝チームのソフトバンクが2連勝でSMBC e日本シリーズを制覇。 3年目で初のeBASEBALLプロリーグ日本一を勝ち取った。
ソフトバンクは打撃三冠とここまでチームを牽引してきたキャプテンの加賀谷が体調不良により急遽欠場に。 3人で試合に臨むこととなったソフトバンクだったが、 チーム一丸となって相手に主導権を渡さない試合運びを繰り広げた。 強力打線で効率的に得点を重ねると、 試合前に激励のメッセージを受け取った千賀を2試合連続で起用するなど、 短期決戦ならではの継投策でリードを守り切った。
セ・リーグ王者のDeNAは2試合で4ホームランと長打力を発揮したが、 大舞台でシーズン中に持ち味としていた精密なピッチングを発揮出来ず。 2年前のe日本シリーズで敗れた悔しさを晴らすことはできなかった。

▼試合後コメント
2試合とも1番手として出場したソフトバンク・原選手

「今日になって加賀谷キャプテンが体調不良で欠場となってしまいましたが、 自分たちがメイクドラマをして恩返しをするんだと強い気持ちで臨みました。 4人で勝ち取った勝利だと思います。 試合では点を取れられてしまいましたが、 キャプテンが乗り移っているんじゃないかと思うほど点が取れて良かったです。 」

2試合連続ホームランで勝利に大きく貢献、 最優秀選手に輝いたソフトバンク・大上選手

「まだ(優勝した)実感がわいていませんが、 これからわいてくるのかなと思います。 ここまでキャプテンに連れて来てもらったので、 本当は4人でやりたかったです。 eCSでは打たれてしまったので日本シリーズではその分打てて良かったです。 (バレンティン選手は)ペナントレースでも良い所で1本打てていたので、 キープレイヤーだと感じていました。 」

(最優秀選手に選出されて)「まさかという感じです。 48選手全員が目標にしていると思うので、 胸を張って、 これからも今日のようなプレーをできるように頑張っていきたいと思います。 」

キャプテン不在の中、 チームを牽引したソフトバンク・平山選手

「ソフトバンク代表として3年目の加賀谷キャプテンに恩返しするんだと、 メンバー全員が堂々とプレイ出来ていて良かったです。 (DeNA・辻選手とのマッチアップは)今年のルーキーで一番強い選手だったので絶対に負けたくないという気持ちでした。 自分はピッチングが売りなんですけど、 点を取られた時ほど打って返すんだという誰にも負けない気持ちで上回れたと思います。 」

▼出演者コメント
【eBASEBALLプロリーグ 応援監督】真中 満さん

寂しいですけど、 今年も本当に色んなドラマがあって、 最後の最後までドキドキできましたので、 本当にいいシーズンでしたね。 スタッフを含めて、 最後までしっかりやり遂げたので、 本当に僕も喜びを感じています。

真中満eBASEBALLプロリーグ応援監督
(C)NPB / (C)Konami Digital Entertainment

【プロ野球OB】森本 稀哲さん

色々な思いがあって開幕しましたが、 最後に表彰式があると、 このために選手が頑張ってきたんだなという思いがあります。
ソフトバンクの選手は日本一を手にしましたが、 他の選手たちは悔しさや色んな思いがこみ上げてきていると思います。
全員が全力でプレーした結果、 素晴らしい大会になったのではないでしょうか。

加賀谷選手の代理で表彰トロフィーを受け取る森本稀哲さん
(C)NPB / (C)Konami Digital Entertainment

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 












-旅行のおすすめニュース

© 2021 WMR Tokyo - 旅行