二重(LINEお友達登録)

旅行のおすすめニュース

B3の岩手ビッグブルズの開幕戦、段ボールブースター500体も一緒に応援!

~クラウドファンディングで集めたブースターの熱い想いを乗せて~

B3リーグに所属するプロバスケットボールクラブ「岩手ビッグブルズ」(岩手県盛岡市、 以下ブルズ)の2020-2021シーズンの開幕戦は、 クラウドファンディングで集めた500体もの段ボールブースターが埋め尽くしました。 新型コロナウイルスの感染対策として収容人数の50%という入場制限がある中、 空席にせざるを得ない観客席を段ボールブースターが埋めることで、 ご来場頂いたブースター皆さまと一体となった観客席をつくることができました。 こうした会場の応援の後押しを受けたブルズは開幕2連勝を飾り、 好調なスタートを切ることができました。

1.  段ボールブースター実施の背景と詳細
新型コロナウイルスの影響を受ける2020-21シーズン。 会場の収容人数の50%という入場制限のため、 一部の観客席を空席にせざるを得ない状況です。 また、 会場にご来場いただけないブースター様も多数いらっしゃいます。 こうしたご来場いただけないブースター様の熱い想いも受け止めるべく、 自分自身の身代わりとして段ボールブースターの掲出をクラウドファンディングで募集いたしました。 その結果、 皆さまより多くのご賛同を得ることができ、 会場には500体もの段ボールブースターを設置するに至りました。 ご賛同いただきました支援者の皆さまには、 改めて心より感謝申し上げます。

ご来場いただいたブースターの皆さまの応援と段ボールブースターを介した熱い想いが一体となった会場は大変盛り上がり、 会場の応援の後押しを受けたブルズの選手達も躍動した結果、 1月16日、 及び1月17日の開幕2試合を勝利で飾ることができました。 熱いご声援、 有難うございました。
会場に掲出した段ボールブースターのうち、 クラウドファンディングにて支援者様へお引渡し用の段ボールブースターは、 後日お渡し予定となっております。 また、 残りの段ボールブースターは、 次回のホームゲームなどへの掲出も検討しており、 掲出後は岩手県矢巾町に新たに誕生しました専用練習場「ブルズアリーナ」に飾る予定です。
段ボールブースターを募集したクラウドファンディングは、 1月25日まで開催しております。 クラウドファンディングでは、 選手とファンと子どもたちが共に楽しみ、 ワクワクするような専用体育館「ブルズアリーナ」をファンの皆さまと一緒につくるための支援募集プロジェクトです。 最後まで御支援のほど宜しくお願いいたします。

2.  クラウドファンディング型ファンクラブの詳細
1)  ファンクラブのURL
https://www.spportunity.com/iwate/team/347/detail/
   
2)  支援募集期間
2020年11月1日 ~ 2021年1月25日

3)  目標金額
200万円
 
4)  資金使途
今回のクラウドファンディングで集まったお金は、 選手とファンと子どもたちが一体となれるブルズアリーナを目指して、 以下のものへ使わせて頂きます。
・段ボールブースターの制作・設置 ※ホーム開幕戦へ設置後、 ブルズアリーナに飾ります
・コロナ収束後、 ファンが気軽に見学できるベンチの購入・設置
・気楽に談笑できるような休憩スペース用の机・椅子の購入・設置
・ファンの皆さまとパブリックビューイングを開催するための暗幕やパイプ椅子・収納台の購入・設置(※プロジェクターやスピーカーはレンタルを想定)
もしも、 目標金額を超えた場合や費用が安く抑えられた場合は、 次のものを購入・設置もさせて頂ければと考えております。
・ロッカー、 テーブル、 担架・担架ボックス、 モップ・モップハンガーなど備品の購入・設置
・ファンの皆さま応援メッセージや画像を投影するデジタルサイネージの購入・設置

5)  形式
購入型 / All-IN形式
※目標金額の達成の有無に関わらず、 集まった寄附金を受け取ることができる形式です。
※本プロジェクトへの支援は寄附控除の対象外です。 ご注意ください。  
 
【会社・団体概要】
◆岩手ビッグブルズ
岩手県を拠点とするB3リーグクラブ「岩手ビッグブルズ」の運営団体
法人名: 株式会社岩手ビッグブルズ
所在地: 岩手県盛岡市大沢川原3-5-11
代表者:代表取締役社長 水野哲志
ホームページ : https://www.bigbulls.jp/
※本クラウドファンディングに関するお問い合わせ:info@bigbulls.jp
 












-旅行のおすすめニュース

© 2021 WMR Tokyo - 旅行