二重(LINEお友達登録)

旅行のおすすめニュース

スイデンテラス(山形)とヘルジアンウッド(富山) 水田姉妹施設協定を締結

水田を軸に地方都市で新たな価値創造に挑戦

 山形県鶴岡市にある水田に浮かぶ木造ホテル「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE (以下、 スイデンテラス)」(運営:ヤマガタデザインリゾート株式会社)と、 富山県立山町にある美と健康のヴィレッジ「Healthian-wood (以下、 ヘルジアンウッド)」(運営:株式会社GEN風景)は、 「日本人の原風景や原体験を象徴する【水田-SUIDEN-】の景観や環境を活かし、 連携して地方都市で新たな価値の創造に取り組み、 その価値を広めていくこと」を目的に、 水田姉妹施設協定を本日、 2020年11月17日に締結いたしました。

晴天に恵まれた締結式では、 今回の協定の仲人となったレオス・キャピタルワークスの藤野英人 代表取締役と両施設の関係者などあわせて30人ほどが見守る中、 弊社の代表の山中とGEN風景の前田社長が協定書にサインしました。 その後、 記念品としてそれぞれの地域で穫れたお米を交換し、 今後の友好関係を誓いました。 この協定をもとに、 年に1度のスイデンサミットの開催や、 水田姉妹施設の募集、 施設間のナレッジの共有やスタッフ同士の交流などに取り組んでいきます。

 

経緯

昨年11月に、 富山県朝日町で藤野さんが代表を務める起業家育成や地域活性化を目指す団体「みらいまちLABO」のイベントに、 弊社代表の山中が招かれて講演を行った際に、 ヘルジアンウッドの開業を予定していたGEN風景の前田社長と出会いました。 夜の懇親の場で前田社長から、 両施設ともに、 水田の価値に着目している共通点などがあることから、 水田姉妹施設についてのご提案があり、 ヘルジアンウッドが開業した今年、 スイデンテラスと水田姉妹施設協定を結ぶことになりました。

ヤマガタデザインリゾート株式会社 / ヤマガタデザイン株式会社 代表取締役 山中大介コメント

街づくりとは、 地域課題をクリエイティブに解決する事業を創出すること。 そのために地域資源から事業をデザインすること。 本協定の締結をきっかけに、 水田という地方都市の美しい原風景を活用した街づくりが、 今後、 全国に広がっていくよう取り組みを進めて参りたいと思います。

株式会社GEN風景 / 前田薬品工業株式会社 代表取締役社長  前田大介コメント

日本、 日本人の豊かさの永遠のシンボルであろう水田-SUIDEN-。 社会問題として度々取り上げられる高齢化と地方の過疎化と耕作放棄地。 水田の機能的価値はもちろん、 アートや文化や歴史観をも内包する情緒的価値を最大限に活かすべく、 山形県鶴岡市のスイデンテラスと富山県立山町のHealthian-woodは、 本協定を通じ、 22世紀、 更にはその次の世代に向けて新しい地方・日本の在り方、 人生の価値を再発見し地域の幸せを創る仲間と輪を全国に広げて参りたいと思います。

スイデンテラス

スイデンテラス

スイデンテラス

住所:山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣23-1
公式WEB: https://suiden-terrasse.yamagata-design.com/

晴耕雨読の時を過ごす、 田んぼに浮かぶホテル
出羽三山から庄内平野、 そして日本海へ。 美しい水の循環に育まれた山形県庄内地方。
この土地を象徴するランドスケープである水田から着想を得て生まれたホテルがSHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSEです。 田んぼに浮かび、 周囲の山並みや田園風景に溶け込むような佇まい。 木のぬくもりを生かしたシンプルで居心地のよい空間。 どこに身を置いても田んぼの気配を感じられるようデザインされたこのホテルで、 晴耕雨読の時をお過ごしください。
約2,000冊の本が並ぶライブラリ、 地元食材を活かしたレストラン、 バー、 ショップ、 天然温泉も備え、 地元の作家やカフェが出展するマルシェやワークショップなどのイベントを開催することで、 庄内の魅力を体感できる場所となっています。 地方都市の課題を希望に変える街づくり会社、 ヤマガタデザイン株式会社が建設。 ヤマガタデザインリゾート株式会社が運営。 建物の設計は、 坂茂建築設計 坂 茂氏。

ヘルジアンウッド

ヘルジアンウッド

ヘルジアンウッド

住所:富山県中新川郡立山町日中上野57−1
公式WEB: https://www.healthian-wood.jp/

予想外に込み上げる美しい村-village-
雄大な立山連峰、 きらめく富山湾、 見渡す限り続く田園。
誰もが思わず込み上げてしまうような豊かな原風景の中で和洋のハーブを香り、 食、 宿泊、 トリートメントなど様々な形で体感することで、 心も体も本来の豊かな姿へと生き返っていける場所、 それがHealthian-woodです。
田園風景の中に突き出したレストラン、 様々なハーブの畑に囲まれたアロマオイルの抽出工房、 立山の風景を切り取り様々な活動を受け入れるイベント広場、 特徴のある各棟はウッドデッキで結ばれ、 散居村がそうであったように、 農作業と各棟の機能を効率よくつないでいます。
ハーブの入った和紙や麦藁の断熱材など、 建物に使用される素材は周囲の田畑で作られた作物が使用されており、 工業製品だけに頼らず、 この立山の地の風土や成り立ちに寄り添い育てていく、 この建築にはそのような想いが込められています。
この場所で、 まるで暮らしているかのような時間を過ごしていただき、 Healthian-woodが立山の地域・社会の新しい健やかさと美しさを一緒に紡いでいける、 まさに「村」のような場所になれば幸いです。
株式会社GEN風景が建設。 株式会社GEN風景および株式会社GENFARM立山が運営。 建物の設計は、 隈研吾建築都市設計事務所  隈研吾氏。












-旅行のおすすめニュース
-, , ,

© 2021 WMR Tokyo - 旅行