旅行のおすすめニュース

NEXTおおいた News Letter 2020年 7月号

 大分県は「令和2年7月豪雨」により大きな被害を受けました。 県西部を中心とする被災地では、 復興に向け一歩一歩、 歩みを進めていますので、 皆様をお迎えする準備が整うまで、 今しばらくお待ちください。 なお、 別府や湯布院などの地域では、 すでに皆様をお迎えする準備が整っています。 これからも、 県内一丸となって、 「おんせん県おおいた」ならではの身も心も包み込むおもてなしで皆様をお迎えします。 引き続き、 あたたかいご声援をよろしくお願いします。        大分県PR事務局

おおいたのレジャー施設/大分県の体験
親子でも楽しめる、 かわいい動物にも出会える!
定番人気スポットからアウトドアまで 営業再開続々

大分県内観光施設 営業再開情報: https://www.visit-oita.jp/news/detail/472

■べっぷ地獄めぐり

 

海地獄(左)血の池地獄(右)

海地獄(左)血の池地獄(右)

 べっぷ地獄めぐりは6月1日より営業を再開しました。 白池地獄では熱帯魚館をリニューアルオープン。 ピラルク・ピラニア・アロワナをはじめ約16種類の熱帯魚を飼育展示しています。 7ヶ所の地獄(海・血の池・龍巻・白池・鬼石坊主・鬼山・かまど)が見学できる共通観覧券を購入して、 おおいたサイクルシェア(電動アシスト自転車)で観光してみてはいかがでしょうか。
【住所(別府地獄組合)】大分県別府市鉄輪559-1
【営業時間】8:00~17:00
【HP】 http://www.beppu-jigoku.com/index.html

■うみたまご

 「動物となかよくなる」がテーマの水族館「うみたまご」は、 目の前に広がる豊後水道に生息する魚介類をはじめ、 セイウチやイルカなどの様々な生き物たちに出会うことができます。 うみたまごは6月1日より営業を再開しており、 7月1日より屋外のアトラクション(うみたまパフォーマンス、 イルカのパフォーマンス、 あそびーち・ペンギンのお散歩タイム)も一部再開しております。
【住所】大分市大字神崎字ウト3078番地の22
【営業時間】9:00~18:00 ※最終入館は営業終了30分前まで
【HP】 https://www.umitamago.jp/

■高崎山自然動物園

 高崎山は野生のサルに餌付けしており、 観光客のすぐそばまでやってくる自然のサルに癒やされる、 県内の有名スポットです。 6月1日より営業を再開しています。 4月19日には赤ちゃんザル「エール」の誕生が確認されています。
【住所】大分市神崎3098-1
【営業時間】9:00~17:00 ※最終入園時間16:30まで
【HP】 https://www.takasakiyama.jp/

■アフリカンサファリ

 日本最大級のサファリパーク形式の動物園「アフリカンサファリ」は、 5月18日より営業を再開しています。 夏休み期間は、 夜間のより活動的な動物を間近で見られる「ナイトサファリ」も開催!静寂のなか唸り声が響く、 ドキドキの冒険が体験できます。
【住所】大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1
【営業時間】9:00~17:00 ナイトサファリ最終受付19:20
【HP】 https://www.visit-oita.jp/spots/detail/4823

おおいたのキャンプ/大分県の体験
見るだけでも気分があがる!
大分県の個性豊かなキャンプ場 4選

1.ショップも併設されている施設!スノーピーク奥日田

 スノーピーク奥日田は、 標高950mに位置しているキャンプ場で日田市の大自然を見渡すことや、 星空や雲海を見ることができます。 また、 レンタル用品も充実しており、 初心者からベテランまで楽しむことができます。 スノーピークの全製品を取り扱うショップも併設されています。

 

【住 所】〒877-0212 大分県日田市前津江町大野64-1
【問い合わせ】0973-53-2358(10:00~19:00※水曜定休)
【ストア】10:00~19:00(4~10月) / 11:00~18:00(11~3月)
【HP】 https://sbs.snowpeak.co.jp/okuhita/pst.html

2.九州最大規模のグランピング COMOREBI

 昨年オープンしたCOMOREBIは、 自然環境の中でキャンプの良さを味わいながら、 豪華で快適な時を過ごすことができるグランピング施設です。 テント、 トイレ、 食事、 更に入浴施設を充実させたこの施設では、 優雅なキャンプが楽しめます。 料理には大分ならではの豪華食材を使用し、 キャンプファイヤーなど、 日常では味わえない思い出が作れます。

【住所】〒879-5524 大分県由布市挟間町時松105
【TEL】092-736-1083
【HP】 https://comorebi-camp.jp/
【Youtube】 https://www.youtube.com/watch?v=0dnLsU9TJs8&feature=emb_title

3.自然共生型施設 由布岳山麓グランピングリゾート

 2017年8月、 大分県由布市にオープンした「Sense of wonder 由布岳山麓グランピングリゾート」は、 “火遊び”をテーマに、 オーナーの冨高利弘さんが手がけるグランピング施設です。 由布岳の山麓と目の前には水田が広がっており、 周囲の森からは鳥のさえずりが聴こえ、 気軽に高原の大自然に触れる事ができます。
【住所】〒879-5101  大分県由布市湯布院町塚原44-7
【TEL】0977-85-5066
【HP】 https://sowhg.com/
【Youtube】 https://www.youtube.com/watch?v=QssCsrU7fQM

4.まるで夢の国!キャンピングリゾート花と星

 キャンピングリゾート花と星は、 標高850mの久住高原に位置しており、 年間500種500万本の花々が咲き誇る「くじゅう花公園」の中にあります。 公園内には花をテーマにした香りのショップやドライフラワーのお店などが点在しています。 また、 キャンピング施設は花サイトと星サイトの2つに分かれており、 全棟に簡易プラネタリウムとハンモックが設置されています。 花と星に囲まれた幻想的なキャンプステイを楽しむことができます。
【住所】〒878-0201 大分県竹田市久住町 大字久住4050
【TEL】0974-76-1422
【HP http://www.hanakoen.com/

おおいたのひまわり/大分県の自然
青い海×黄色いひまわりのコントラストは8月下旬が見頃!
長崎鼻のひまわり畑 「ひまわりフェスタ2020」開催!

 リゾート地・長崎鼻は九州で最大級の約160万本のひまわりからなるお花畑は、 地元の人の手で大切に育てられています。 ひまわり畑のあちこちに、 オノ・ヨーコの作品「見えないベンチ」が隠れており、 散策しながらアートも楽しむことができます。 青い海と黄色いひまわりの競演が人気の夏のおでかけスポットです。

★「ひまわりフェスタ2020」

:8月22日(土)~9月13日(日)
フォトコンテストや花とアートのキーワードラリーなど楽しい企画が満載です!
【住所】豊後高田市見目4060
【HP】 http://www.nagasakibana-oita.jp/

おおいたのキャニオニング/大分県の自然・体験
夏のリフレッシュ旅行は、 山深い秘境スポットで水遊び
藤河内渓谷のキャニオニングで気分爽快!

 夏木山(1386m)を源に、 観音滝を起点に約8km続く藤河内渓谷。 数千年前に誕生した岩肌は巨大な花崗岩の一枚岩で、 桑原川が長い歳月をかけてそぎ落とした滑らかな曲線は見る人の心を惹きつけます。 そんな佐伯市の秘境、 藤河内渓谷では、 ヘルメット・ライフジャケット・ウェットスーツ・ウェットブーツなどをレンタルし、 小さな子供やアウトドア初心者でもキャニオニングを楽しむことができます。
【住所】 大分県佐伯市宇目藤河内
【HP】 https://www.visit-oita.jp/spots/detail/5990

おおいたの公園/大分県の自然
夏休みに子どもを連れて外遊びを
9月4日OPEN 天空の展望公園で大自然を満喫

 阿蘇くじゅう国立公園内の大自然を背景にした舞台「天空の展望公園」が9月4日(金)にOPENいたします。 この地を本拠地として世界各国、 日本全国で活動するDRUM TAOの定期LIVEは必見です。 DRUM TAOの定期LIVEは毎週4日(金、 土、 日、 月)行われます。

おおいたの東京情報/大分県の食

新メニュー続々!
東京でも味わえる!おおいた自慢の味

1.大分県公式アンテナショップ「坐来大分」の新メニュー

★昼膳料理
 大分の豊かな食材をふんだんに使用した郷土料理。 「とり天」や刺身を甘辛いタレに漬けた「りゅうきゅう」などを大分県出身の総料理長が手掛け、 大分の陶芸作家による器までこだわった大分尽くしのランチです。
★折詰
折詰は肉料理と海鮮、 お子さま弁当を合わせた全3種を用意。 大分名物のとり天や「おおいた和牛」のローストビーフが入ったボリューミーな折詰と、 関あじや車えびなど大分の海の幸が満載で目にも楽しい海鮮ちらしとの中から、 その日の気分で選ぶことができます。

★お手土産にも!「金ごまフロランタン」販売スタート

 フランスの伝統的な焼き菓子である「フロランタン」を坐来オリジナルバージョンでごま香る焼き菓子に仕上げました。 稲作・畑作が盛んな豊後大野市の清川エリアの特産品である、 希少な金ごまをふんだんに使用し、 ほのかな甘みとコクのあるゴマの香りはお酒のお供にも最適です。

【問い合わせ】大分県公式アンテナショップ「坐来大分」:03-3563-0322
【アクセス】JR有楽町駅(京橋口)徒歩3分
【HP】 https://zarai.jp/

2.新宿高野 かぼすフェア

 露地かぼすはこれからが旬!「フルーツとしてのかぼす」の新たな味(魅)力をお試しいただけます!

★TAKANO×大分県「大分県産かぼすフェア」
【期間】8月7日(金)~8月23日(日) 【場所】新宿高野本店
ショップにてかぼすを使ったオリジナルデザートやサラダ、 「果実のドリンクジュレ」“大分県産かぼす”など新商品の販売。 パーラーでは「桃とかぼすのパフェ」が期間限定販売。
【問い合わせ】新宿高野 本店:03-3354-8876
【アクセス】JR新宿東口出てすぐ 【HP】 https://takano.jp/takano/shop/detail/614/

《話題のトピックに迫る、 大分県深堀コーナー》
SNSで人気の#花手水 インスタグラムでは4万件を超える投稿!
大分市の霊山寺で毎週違う花手水が楽しめる!

 最近、 生花店で売れずに廃棄される花を利用し、 手水舎を色鮮やかに飾る取り組みが話題となっています。 SNSでは、 4万件を超える投稿があり人気を集めています。 今回は大分市にある霊山寺をご紹介。 1300年以上もの歴史があり、 檀家がいない霊山寺では世話人会がお手入れをしています。 生花は、 大分市内のお花屋さんからいただく「献花」のため、 季節の鮮やかなお花が手水舎を彩ります。 毎週違う花手水(はなちょうず)が楽しめるのは霊山寺だけです。
【HP】 https://shizenso-ryozenji.com/archives/684

---------------------------------------------------------------------------------------
奥深~い 「おんせん県おおいた」を、 県民が全力でオススメする
大分県の「隠れたミリョク」発見コーナー
密を避けながら、 開放的な大自然で夏を感じる竹田市!

 観光・旅行シーズンの夏がやってきます。 今年は密を避けながら楽しめる大分のスポットを紹介します。 広々とした大自然を散策ながらのグルメ旅。 竹田市のご紹介です!
 

 

 「とうきびの郷すごう」で販売されているスィートコーンは、 人気番組鉄●DASHでも紹介された「生で食べられるコーン」です。 産地の菅生は標高400m~600m。 他に類のないスィートコーンの生育に適した気候と環境です。 この時期は、 昼と朝夕の寒暖差が10度以上あり、 スィートコーンの甘さが早朝に凝縮され、 美味しさが増します。 7月中旬から約1か月間しか食べられない幻のコーンです。

とうきびの郷(さと)すごう


【住所】大分県竹田市菅生991番地1(竹田市すごう農産加工所内)
【TEL】0974-65-2626
【HP】 http://toumorokoshi.org/
 

 

 大分市美術館内で長年営業していた人気洋食店「ひかり」が荻町に「百姓食堂ぞんたーく ひかり」として店を構えています。 「ぞんたーく」とはオランダ語で「休日」を意味します。 築80年の古民家を改装した“ほのぼの”とした雰囲気で営業しています。竹田市荻町名産のトマトを使ったデミグラスソースがけの元祖グランメールチキンは絶品です。 お店はお昼ともなれば満席の人気ぶりですので事前予約がお勧めです。

百姓食堂ぞんたーく ひかり


【住所】大分県竹田市荻町馬背野 380-1
【TEL】0974-68-2217 ※土日祝 平日は要予約
【HP】 https://www.taketan.jp/spots/detail/1027
 

 

 久住高原の美しい景色を眺めながら食事も楽しめるカフェCafe Boi Boi。 ボイオムライスが特に人気。 その秘密は、 自家製デミグラスソースにあります。 たくさんの新鮮野菜を赤ワインでじっくりと煮込んでいます。 地元の契約農家の厳選した卵で包んだふわトロ絶品オムライスです。 また手作りボイプリンは久住山卵と久住高原牛乳を使用しています。 テラス席はワンちゃんと一緒に過ごすことができ、 ドッグランもあります。

Cafe Boi Boi


【住所】大分県竹田市久住町大字久住4050-23 くじゅう花公園横
【TEL】0974-76-0333
【HP】 http://www.boiboi.net/
 

 

 久住の大自然と共にあるスイーツ工房“久住高原菓房 いずみや”。 黒胡麻&落花生ソフトクリームが大人気の自然派素材を活かしたお店です。 またKUJU‘S(クジューズ)は、 アイスランドのSKYR(スキール)の伝統的な製法を基本とした久住高原生まれの乳製品です。 その元となるものは、 アイスランドで1000年以上も前から食べられる伝統的SKYRといわれる乳製品です。 チーズのようなヨーグルトのような濃い味の一品です。

久住高原菓房いずみや


【住所】大分県竹田市久住町大字久住4048-15
【TEL】 0974-76-0023
【HP】 https://www.kujukogenkabo.com/












-旅行のおすすめニュース
-, , , , , , , , , ,

© 2020 WMR Tokyo - 旅行