テックニュース

NVIDIA、エンタープライズ向けインスタント AI インフラストラクチャを発表

エンタープライズ IT パートナーと共同で構築され、 Equinix で初めて導入されるNVIDIA AI LaunchPad は、 エンドツーエンドの NVIDIA ハードウェアおよびソフトウェア スタックから構成され、 ハイブリッドクラウドからエッジまで AI を加速

2021 年 6 月 22 日、 カリフォルニア州サンタクララ — NVIDIA は本日、 NVIDIA AI LaunchPad https://www.nvidia.com/en-us/data-center/ai-launchpad/?ncid=so-pr-358568#cid=dl26_so-pr_en-us を発表しました。 ハイブリッドクラウド プロバイダーを通じて提供される包括的なプログラムで、 企業が NVIDIA のテクノロジを活用したインフラストラクチャとソフトウェアをすぐに利用できるようになり、 AI のライフサイクル全体を合理化します。

デジタル インフラストラクチャのリーダーである Equinix が、 AI LaunchPad プログラムの最初のプロバイダーとなります。 このプログラムにより、 NVIDIA のテクノロジを活用したハイブリッド ソリューションが Platform Equinix(R) を通じて全世界で利用できるようになります。 Equinix のインフラストラクチャは、 ほんの数分で展開でき、 企業にNVIDIA リソースの全領域へのアクセスを提供することで、 データセンターでのトレーニングや推論からエッジでの本格的な展開まで、 AI のほぼすべての面に対応します。

AI LaunchPad により、 Equinix のお客様は、 AI の開発ハブである NVIDIA Base Command™ Platform で管理された NVIDIA DGX™ SuperPOD 上で高度な AI ワークロードを開発することができます。 企業は、 Dell Technologies やLenovo といった大手メーカーから販売されている NVIDIA-Certified System™  でBase Command Platform を使用することもできます。 NVIDIA EGX™ プラットフォームで構築された、 業界標準のこれらのサーバーは、 VMware vSphere 上で NVIDIA AI Enterprise ソフトウェア スイートを実行するのに適しており、 AI 対応のエンタープライズ向けプラットフォームを展開して、 AI をハイブリッドクラウドに拡張できます。

さらに、 マネージド クラウド サービスである NVIDIA Fleet Command™ https://www.nvidia.com/ja-jp/data-center/products/fleet-command/ によって、 Equinix の分散型エッジ インフラストラクチャで AI アプリケーションの展開と管理を安全に行うことができます。 この NVIDIA Fleet Command は、 本日より一般への提供が開始されており、 NVIDIA-Certified Systemsに接続されます。

NVIDIA のエンタープライズ コンピューティング を統括するマヌバー ダス (Manuvir Das) は、 次のように述べています。 「現在の企業が求めているのは、 AI を簡単に構築および展開するのに必要なリソースを即座に利用できる、 シンプルで包括的なソリューションです。 NVIDIA AI LaunchPad は、 AI のライフサイクルのあらゆる段階に対応した完全に自動化されたハイブリッドクラウドのインフラストラクチャとソフトウェアにより、 企業のあらゆる場所に AI を簡単に配置します」

ハイブリッドクラウドでの AI のエコシステム

精度の高い AI モデルを構築するために、 アプリケーションはパブリッククラウドと企業のデータセンターに分散している、 複数の外部データソースにアクセスする必要が一層求められています。 Equinix のような相互接続されているハブで AI LaunchPad を使用することにより、 企業は Equinix でデジタル インフラストラクチャを運用している 1 万社以上の企業からなるエコシステムに、 Equinix Fabric™ を通じて高速かつ安全にアクセスできるようになります。 世界中に広がる Platform Equinix は、 5 つの大陸の 60 を越える大都市圏に戦略的に配置されている 220 以上のデータセンターで構成されているため、 デジタル ビジネスでのリアルタイム性能についての要件を満たすのにも役立ちます。

Equinix のビジネス開発部門バイスプレジデントであるスティーブ スタインヒルバー (Steve Stienhilber) 氏は、 次のように話しています。 「多くの業界が、 性能、 データのプライバシー、 所有権および統治権を理由に、 プライベートクラウドを使い、 データの近くにコンピューティング リソースを配置して、 継続的な費用削減を実現しています。 NVIDIA AI LaunchPad は Equinix を通じて全世界で利用できるため、 企業は包括的なハイブリッドクラウド ソリューションを通じて NVIDIA のソフトウェアと NVIDIA-Certified インフラストラクチャを即座に利用できるようになります。

産業向けのターンキー ハイブリッドクラウド

Equinix を活用している主要産業の 1 つが、 自動車業界です。 世界最大規模の自動車テクノロジ企業である Continental では、 Equinix のデータセンターにホストされている NVIDIA DGX™ システムを使い、 メーカー向けの自律走行車テクノロジの開発を行っています。

Continental 先進運転支援システム(ADAS) ビジネスユニットの研究開発担当シニアバイスプレジデントであるイスマイル ダグリ (Ismail Dagli) 氏は、 次のように話しています。 「先進的な AI テクノロジの開発には、 強固なアクセラレーテッド コンピューティング インフラストラクチャが必要です。 全世界の Equinix データセンターで NVIDIA のシステムを利用することで、 当社のチームは必要なリソースにいつでもアクセスできるようになっています。 Equinix のデータセンターに NVIDIA のテクノロジを活用した AI 推論とエッジの選択肢が加わることは、 大きな意味を持っています。 それによって AI を開発段階から実稼働へと移行できるからです」

メインストリーム サーバーで AI を加速

AI LaunchPad の鍵となる NVIDIA AI Enterprise は、 エンドツーエンドかつクラウドネイティブの AI およびデータ分析ソフトウェアのスイートであり、 NVIDIA-Certified Systemsと VMware vSphere 上で動作するように NVIDIA によって最適化、 サポートされ、 認証されています。

NVIDIA-Certified Systems上で AI Enterprise と VMware vSphere を実行することで、 企業はEquinix データセンターに AI を簡単に導入し、 複数のノードでベアメタルに近い性能を発揮して、 大規模で複雑なトレーニングや機械学習のワークロードに対応することができます。

VMware クラウド プラットフォーム ビジネスユニットのゼネラル マネージャーであるクリシュ プラサード (Krish Prasad) 氏は、 次のように話しています。 「企業は、 AI を既存のインフラストラクチャに組み込むことのできるソリューションを求めています。 VMware vSphere は、 企業で AI を活用するのに不可欠な要素であり、 さらに本日の NVIDIA AI LaunchPad の登場により、 当社の AI 対応エンタープライズ向けプラットフォームが、 AI ワークロードを迅速に導入、 管理および拡大させるためのターンキー ソリューションとして機能するようになっています」

NVIDIA GPU と DPU が実現する、 エンタープライズ向けのセキュリティとスピード

AI LaunchPad では、 NVIDIA Ampere architecture GPU と NVIDIA BlueField(R) DPU を搭載したシステムが活用されます。 この組み合わせにより、 企業は AI ワークロードを加速し、 DPU が提供するセキュリティ、 アイソレーション、 パフォーマンスの強化を活用できるようになります。

提供時期

Equinix での最初の AI LaunchPad の提供は、 今夏を予定しています。 追加の情報は、 NVIDIA ウェブサイト https://www.nvidia.com/en-us/data-center/ai-launchpad/?ncid=so-pr-358568#cid=dl26_so-pr_en-us をご覧ください。

 

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-テックニュース
-

© 2022 WMR Tokyo - テック