テックニュース

DataRobot、エム・データとデータパートナー契約を締結

エム・データが提供する「TVメタデータ」を活用した需要予測やTV-CM効果測定などテレビ露出を活用したマーケティング施策の立案と実行に貢献

エンタープライズAIのリーダーであるDataRobot, Inc.(本社:マサチューセッツ州ボストン、 CEO:Dan Wright、 以下DataRobot)は、 テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データ(本社:東京都千代田区、 代表取締役:関根俊哉、 以下エム・データ)と、 本日、 新たにデータパートナー( https://www.datarobot.com/jp/partners/data-partner/ )契約を締結したことを発表しました。 このパートナーシップにより、 テレビ番組内での企業・ブランド・商品などの露出やTV-CM出稿状況の把握に対応し、 これまで費用対効果の測定や計画的な需要予測・販売戦略の判断材料としての活用が困難だったテレビ放送に関する情報も、 機械学習モデルに反映することが可能となり、 より高度で幅広いROI分析や需要予測が実現可能となります。

【データパートナー契約 締結の背景】
商品やサービスのライフサイクル短縮が加速していく時代、 突発的かつ瞬間的な消費者需要を創出するテレビ露出の影響への対応が遅れることは、 販売機会の損失につながります。 特に、 消費財・小売企業にとっては、 可能な限り早期の段階で消費者ニーズを把握し、 追加生産や追加発注といった供給体制を整えることが求められます。

【本パートナーシップによって提供できる価値】
多くの企業では、 採用を検討しているデータの正当な価値が証明されていないため、 データを検証できずに採用を見送るケースが散見されます。 本パートナーシップによって、 ユーザー企業が希望すれば、 DataRobotとエム・データ両社の合意の下、 企業はエム・データが保有する、 テレビ番組内での企業、 サービス、 ブランド、 商品に関するパブリシティや自社、 競合企業のTV-CM出稿状況といった、 膨大なテレビ番組やTV-CMの詳細情報をまとめた「TVメタデータ※1( https://mdata.tv/metadata/ )」と自社データを組み合わせたAIモデルを生成し、 自社内で検証・評価することができます。

この結果、 テレビ番組内で紹介された商品と、 それが放送された状況(番組名、 放送時間帯、 放送内容、 放送尺など)を効果的に分析することが可能となり、 テレビの影響力や費用対効果を考慮した最適なマーケティング戦略の立案・実行に貢献いたします。

●TVメタデータが活用可能な予測や分析の一例
・  消費財、 小売企業における需要予測
・    TV-CM出稿の効果分析
・    金融業界における株価変動予測
・    キャスティングにおけるタレントなどのネクストブレーカー予測
※1 東京、名古屋、大阪地区、BS局のテレビ局で放送されたテレビ番組やTV-CMを、テキスト・データベース化

具体的な連携イメージ

【「データパートナー」( https://www.datarobot.com/jp/partners/data-partner/ )とは】
「データパートナー」とは、 DataRobot をご利用されているお客様に対して、 より価値の高いAI モデルの構築を可能にし、 ビジネス課題に即した必要なデータを提供することを目的にしたパートナーシップです。 このパートナーシップにより、 お客様はデータパートナーのデータ価値を効率的かつ迅速に確認することが可能になり、 費用対効果をさらに高めることが見込めます。  

 <データパートナー企業>
 ・株式会社Agoop( https://www.datarobot.com/jp/news/datarobot-and-agoop-sign-data-partner-agreement/ ) 
・株式会社インテージ( https://www.datarobot.com/jp/news/datarobot-signs-data-partner-agreement-with-intage/

 ■株式会社エム・データについて(URL: https://mdata.tv
エム・データは、 テレビ放送(番組およびCM)の放送実績を独自にテキスト化したデータベース「TVメタデータ」を生成して、 調査・分析・配信を行っている、 2006年に設立されたデータプロバイダ・リサーチカンパニーです。 2014年1月に、 民放キー局(在京5局)等と資本提携し、 デファクトスタンダードなデータベースを構築しており、 主なサービスには、 番組やTV広告の放送内容を記録した「TVメタデータ」を提供する「1.データ配信サービス」、 お客様のご要望に応じて調査・分析を行う「2.放送実績調査サービス」、 放送された話題を露出・報道量等で集計したランキング形式で配信する「3.ランキングサービス」、 「TVメタデータ」を基点としたビッグデータ解析ツール「4.TV Rank」の提供や企業のマーケティング支援、 メディアコンサルティング業務等があります。

■「DataRobot, Inc.」について(製品詳細URL: https://www.datarobot.com/jp/
DataRobot は、 エンタープライズ AI のリーダーであり、 AI イノベーションを競うグローバル企業に信頼できる AI テクノロジーとイネーブルメントサービス(継続的な AI サクセス支援)を提供しています。 DataRobot が提供するエンタープライズ AI プラットフォームは、 機械学習モデルの構築、 デプロイ、 管理までをエンドツーエンドで自動化することで、 実ビジネスにおけるデータサイエンスの民主化を実現します。 このプラットフォームは、 AI をお客様に大規模に提供し、 そのパフォーマンスを長期にわたって継続的に最適化することで、 お客様のビジネス価値の最大化を実現します。 業界最先端のソフトウェアと世界水準の AI 実装、 トレーニング、 サポート、 AI サクセスサービスから得られたノウハウの組み合わせにより、 事業や組織の規模、 業界、 業種に関係なく、 あらゆるお客様の実ビジネスにおける成果の実現を強力にサポートします。

Forbes が選ぶ2020年の「クラウド100(世界の優良非公開クラウド企業100社)」、 2019年および2020年の「AI 50(最も有望なAI企業50社)」にも選出され、 IDC のレポート「IDC MarketScape: Worldwide Advanced Machine Learning Software Platforms Vendor Assessment(IDC MarketScape:世界の高度機械学習ソフトウェアプラットフォームベンダー評価)」では、 リーダーに選ばれました。 詳細については www.datarobot.com をご覧ください。

■ 商標関連
・「DataRobot」はDataRobot, Inc.の登録商標です。
・その他の会社名、 製品名、 サービス名等は、 各社の登録商標または商標です。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-テックニュース
-, , ,

© 2021 WMR Tokyo - テック