農家こだわりの野菜宅配ランキング

農家・漁師のこだわり食材が直接届く 産直通販サイト「食べチョク」

・倉庫などを介さず、生産者から直接食材が届くため、圧倒的に新鮮
・個性あふれる生産者さんと直接メッセージのやりとりが可能。
 生産者さんおすすめのレシピを聞くこともできます。
・市場に出回らない珍しい食材や、食べチョクでしか買えない限定商品も販売

天草の新鮮な魚や野菜をあなたの食卓へ【天草わくわく便】

天草町の過疎化が進み、近い将来に訪れる地域消滅の危機を脱する目的で、
地域の枠を超え、有志が集まり「チーム天草」を結成しました。

私達の手で地元に活力を与え、将来的にも若者が安心して就業、子育てが出来る地域作りを目指して創業したのが「天草わくわく便」です。

わくわく便の増加は休耕田を蘇らせ、漁場を活性化させ、
仕事の場を創出することにより、若者を呼び戻し、
安心して子育てができる心躍るふるさとの未来を築きます。

天草ならではのおいしいものを選りすぐり、家庭の食卓にお届けします。
わくわくして受け取っていただけるような「宝の箱」をご提供します。

宅配フード

【(株)ビビッドガーデン/食べチョク】 コロナでお困りの生産者の食材を使ったレストランが新大久保に期間限定オープン。「食べチョク」がシェフグループの #CookForJapan とコラボ。

「生産者の食材を適正価格で買い、価値を高めて皆さまに楽しんでいただきたい」というシェフの想いによって実現。

国内産直通販サイトNo.1(※1)の「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区 代表取締役社長:秋元里奈)は、 生産者を応援するシェフグループ「#CookForJapan」とコラボして、 「食べチョク」に出品されている食材を使った料理を提供する期間限定のポップアップレストランを新大久保にオープンします。 また食べチョク食材を使ったパスタソースやライスコロッケなどのインターネット販売も期間限定で実施予定です。

「生産者の食材を適正価格で買い、 価値を高めて皆さまに楽しんでいただきたい」というシェフの想いによってコラボ実現に至りました。 この活動によって「生産者のこだわりが正当に評価される世界」により近づけていきます。

(※1)国内産直通販サイトの中で、 「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数」「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つでNo.1を獲得。
プレスリリースURL: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000025043.html
 

  • 「食べチョク」と生産者を応援するシェフグループ「#CookForJapan」のコラボについて

■概要
・ポップアップレストラン「RESQ(レスキュー)by #CookForJapan」を新大久保に期間限定オープン。

6月16日(水)から2週間限定で、 「食べチョク」に出品されている食材を使った料理を振る舞うポップアップレストランをオープンします。 新型コロナウイルスや自然災害などで困っている生産者を特集する「#農家漁師からのSOS」の食材を中心に使用した料理を提供します。

・食べチョク食材を使ったパスタソースやライスコロッケなどをインターネットで販売。

6月上旬から特設サイトで販売を開始し、 6月14日(月)頃から順次配送を開始します。 またインターネット販売で購入いただいた方には、 料理のレシピと食材の情報、 生産者さんの情報もメールでお送りします。
販売元URL: https://magari.base.shop/

■目的

・全国の生産者を応援

新型コロナウイルスや自然災害などによって困っている生産者は後を経ちません。 現在も食べチョクの「#農家漁師からのSOS」特集には120件を超える商品が並んでいます。 お困りの生産者の食材を中心に適正価格でシェフに購入いただきレストランで提供することを通して、 「生産者のこだわりが正当に評価される世界」に近づけていきます。

・マンネリ化した食事の解消

長引く外出自粛により、 旅行や外食を控えている方も多いと思います。 今回は、 ポップアップレストランでの料理の提供以外にもインターネット販売によってご自宅にシェフの料理をお届けします。 普段の家庭料理とは一味違うプロの味を楽しんでいただきたいと考えています。
 

  • ポップアップレストラン「RESQ(レスキュー)by #CookForJapan」について

■概要


生産者を応援する「#CookForJapan」のメンバーである関口シェフを中心に、 ランチ提供や物販を行います。 「食べチョク」が特集する「#農家漁師からのSOS(新型コロナウイルスや自然災害、 盗難などの影響を受けている食材)」から食材を調達し、 メニューを考案し提供します。

開催期間:2021年6月16日(水)~6月30日(水)
(※月・火定休日、 20日除く)
営業時間:11:00~20:00
住所:〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目10−15 JR新大久保駅ビル3F

※予告なく、 変更・終了する可能性がございます。

■シェフからのコメント

・関口幸秀シェフからのコメント

期間限定で開催するポップアップレストラン「RESQ(レスキュー)」はその名前の通りコロナ禍で影響を受けている食材を中心にレスキュー出来る場所にしたい

です。 飲食店の営業自粛などの影響からたくさんの生産者さんが食材の販路を断たれてしまい困っていると聞きました。

料理人が出来ることは何だろう?と考えた時に、 その食材を適正価格で仕入れ、 料理をつくり、 美味しく食べてもらうことで生産者さんと繋げる事ができたら嬉しいなぁと思いました。

またそのレシピを公開したり興味を持ってくれた人がその生産者さんから直接お取り寄せしてくれたら最高です! 少しでも多くの人に届けたいと思っていたので、 生産者と消費者を結ぶ産直通販サイト『食べチョク』さんが二つ返事で協力してくれると聞いた時は歓喜しました。 生産者ファーストを掲げ、 信頼される食べチョクから仕入れをする事で更に深くレスキューできると考えています。

<プロフィール>
都内に6店舗展開するレストランの統括料理長を経てフリーランスに転向。 現在は開業準備をしながら新潟県長岡市にある「HIGH-AMBITION」の料理長を兼任する。 Twitterで#教えて消費レシピが反響を呼び家庭のお助け料理人としても活躍。 生産者さんを応援するシェフグループ「#CookForJapan」のメンバーのひとり。
Twitter: https://twitter.com/yukihide_lion

・神谷隆幸シェフからのコメント

生産者さんたちを応援する私たち「#CookForJapan」の立場から

、 今回重要視してるのはまず買うことです。 自然災害やコロナの影響を受けて困ってる生産者さんたちの食材を適正価格で買い、 価値を高めて皆さまに楽しんでいただきたい。 規格外や販路を失った食材を適正価格で買うことが生産者さんたちにとっても我々消費者にとっても巡り巡って未来を残していくことになると思っています。

食べチョクさんはチーム一人一人が生産者さんたちに寄り添い、 困ってる生産者さんがいれば全力でフォローしているのをほぼ毎日見かけるので、 食べチョクチームのネットワークの力をお借りできるのは心強いです。 その日困っている食材を「RESQ(レスキュー)」にて関口シェフが最高の一皿に仕上げてくれるのを楽しみにしています。

<プロフィール>
南仏・カーニュ地方にある「La Table de KAMIYA」のオーナーシェフ。 生産者さんを応援するシェフグループ「#CookforJapan」の発起人でもある。 ゴエミヨのエスポワールと期待の若手賞受賞・ミシュランアシェットを獲得。
Twitter: https://twitter.com/Taka09KMY

■「RESQ(レスキュー)」の名前に込めた想い

「RESQ」は、 農家や漁師からの在庫が余っているというSOSを受けて料理で救おう(Rescue)という思いを込めたものです。 さらに最初の3文字のRES(レス)は、 「回答」や「返答」を意味する「Response」と、 最後のQは探究や提案、 課題といった英語の語源になっている「Quest」も意味しています。

農家や漁師が一生懸命つくられた食材に感謝して、 料理を作って届ける私たちからの”お返事”でもあると同時に、 コロナ禍で社会の仕組みがドラスティックに変わっていく時代でも、 料理を作ることで日本の食を応援し続けたいという「#CookForJapan」の挑戦でもあります。

RESQは、 わずか2週間のポップアップストアですが、 この取り組みをきっかけに生産者さんとシェフ、 消費者との関係をおいしく考えるきっかけになれば幸いです。
 

  • 『一般社団法人CookForJapan』について

『一般社団法人CookForJapan』は、 2019年台風19号の際、 神谷隆幸シェフ(南仏カーニュ / La Table de KAMIYA)のSNSでの呼びかけをきっかけとして、 全国のシェフが募りレシピを提供することで生産者の応援活動を行っている団体です。 「#被災地農家応援レシピ」としてSNSなどで拡散され、 長野で被災したりんご1.5トンやサツマイモが『食べチョク』などを通じて多く売り切れました。 2020年2月には、 CookForJapanのシェフ・パティシエが長野市へ行き、 3日間にわたる生産者とのコラボディナーを開催。 そのチケットは5時間で売り切れました。 こういった活動が多くの新聞やテレビに取り上げられています。
URL: https://cookforjapan.org/

 

  • 「食べチョク」と「#CookForJapan」のこれまでのコラボ実績

「生産者を応援したい」という同じ想いを持っている「#CookForJapan」とこれまでも様々な取り組みを実施してきました。

■「#CookForJapan」とのコラボ

・2020年4月:「#CookForJapan」考案の『おうちで作れる本格レシピ付き食材』の販売

1購入あたり「1レシピ300円」がシェフに還元される形で「シェフ考案のレシピ付き食材」を販売しました。
プレスリリースURL: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000044.000025043.html

・2020年11月:りんごのレシピ集付きのりんごを期間限定販売

シェフ・パティシエ考案のりんごの本格レシピが35個載ったレシピ本を食べチョクのりんごとセット販売しました
参考URL: https://twitter.com/sakiikos2/status/1330758073347055619?s=20

■「#CookForJapan」の発起人、 神谷シェフとのコラボ

・2019年10月:「#被災地農家応援レシピ」によってりんご1.5トンを2週間で完売

台風19号の被害を受けたりんごを販売するため、 りんごレシピをSNSを中心に拡散しました
参考URL: https://twitter.com/aki_rina/status/1192061741259034629?s=20

・2021年4月:アスパラのレシピ集付きのアスパラを期間限定販売

神谷シェフが考案した10個のアスパラ本格レシピが載った本を食べチョクのアスパラとセット販売しました
参考URL: https://twitter.com/tabechoku/status/1382643535745220610?s=20
 

  • 食べチョクについて

食べチョクは、 こだわり生産者から直接食材や花きを購入できる産直通販サイトです。 国内の産直通販サイト(※)の中で認知度や利用率などの6つのNo.1を獲得しています。 野菜・果物をはじめ、 米・肉・⿂・飲料といった食材全般と、 花き類を取り扱っています。 また好みに合う生産者を選んでくれる野菜定期便「食べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「食べチョクフルーツセレクト」があり、 定期的なお取り寄せができるのが特徴です。 また、 友達と分けあえる「共同購入」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、 ライフスタイルに合わせた様々な買い方を提供しています。

2021年4月にはユーザー数は約50万人、 登録生産者数は4,500軒を突破し、 25,000品を超えるこだわりの逸品が出品

されています。
・URL: https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ: https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・Android版アプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabechoku.android
・公式Twitter: https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram: https://www.instagram.com/tabechoku/
(※)産直通販サイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型の通販サイト
 

  •  

    株式会社ビビッドガーデンについて

代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル4F
設立日:2016年11月29日
事業内容:こだわり食材のマーケットプレイス「食べチョク」、 法人向け仕入れサービス「食べチョクPro」の開発・運営
会社HP: https://vivid-garden.co.jp/

 

農家こだわりの野菜宅配ランキング

農家・漁師のこだわり食材が直接届く 産直通販サイト「食べチョク」

・倉庫などを介さず、生産者から直接食材が届くため、圧倒的に新鮮
・個性あふれる生産者さんと直接メッセージのやりとりが可能。
 生産者さんおすすめのレシピを聞くこともできます。
・市場に出回らない珍しい食材や、食べチョクでしか買えない限定商品も販売

天草の新鮮な魚や野菜をあなたの食卓へ【天草わくわく便】

天草町の過疎化が進み、近い将来に訪れる地域消滅の危機を脱する目的で、
地域の枠を超え、有志が集まり「チーム天草」を結成しました。

私達の手で地元に活力を与え、将来的にも若者が安心して就業、子育てが出来る地域作りを目指して創業したのが「天草わくわく便」です。

わくわく便の増加は休耕田を蘇らせ、漁場を活性化させ、
仕事の場を創出することにより、若者を呼び戻し、
安心して子育てができる心躍るふるさとの未来を築きます。

天草ならではのおいしいものを選りすぐり、家庭の食卓にお届けします。
わくわくして受け取っていただけるような「宝の箱」をご提供します。

おすすめのサブスクリプション(月額サービス)一覧

-宅配フード

© 2021 WMR Tokyo - サブスクリプション Powered by AFFINGER5