サブスクリプション、定額、月額サービスのおすすめニュース

無料の食事管理アプリ「カロミル」で記録できる栄養素にビタミン・ミネラルが追加。主要栄養素に加え新たに12種追加で健康維持・疾病予防のための食事管理がしやすく

食事・運動・体重管理アプリケーション「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、 代表取締役:棚橋繁行)は、 カロミルに記録のできる栄養素に、 ビタミン・ミネラル12栄養素を追加したことをお知らせします。 当社では、 創業からアプリの使いやすさや記録の続けやすさを目指し、 1枚の食事写真から栄養素を自動で計算できる画像解析技術の向上や、 登録食事メニュー数を増やすことなどに注力してきました。 今回、 食事による健康管理に重要であるビタミン・ミネラル(12栄養素)を追加することで、 既存利用者のさらなる健康管理だけでなく、 病院などで食事指導を受けている疾病患者など、 幅広い層の生活習慣改善に役立つことを期待しています。

 

 

  • 表示栄養素追加の概要

〇 追加栄養素12種類

 

ビタミンA/ビタミンD/ビタミンE/ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンB6
ビタミンB12/ビタミンC/カリウム/カルシウム/マグネシウム/鉄

 
〇 表示開始日と利用方法など

表示開始日:2021年5月10日(月)より順次
※反映までに2、 3日かかることがあります
※利用には最新版へのアップデートが必要です

利用方法:無料機能として、 従来通りトップ画面の栄養サマリーと、 各食事メニューの栄養素に表示

1. トップ画面>栄養の詳細を見る         2. 各食事メニューの栄養素>ビタミン・ミネラルを表示

 

 

 

 

 

 

 

  • ビタミン・ミネラルの記録が重要な理由

ビタミン・ミネラルは、 3大栄養素(たんぱく質、 脂質、 炭水化物)に比べてエネルギー源になることはほとんどありませんが、 体の機能を正常に維持するために不可欠な栄養素です。

働きとしては、 血管や粘膜、 皮膚、 骨などの健康を保ち、 新陳代謝を促す働きをしたり、 骨・歯など体の構成成分になったりとさまざまな働きをします。 しかし、 体内でほとんど合成されないか、 合成されても必要量に満たないために必ず食品から摂取する必要があり、 不足すると欠乏症、 摂りすぎると過剰症を起こす栄養素もあるので注意が必要です。

「体の機能を調節する」ビタミンとミネラルの過不足を見える化することが、 健康を目指すための指標となることを期待しています。

 

  • 12栄養素追加の背景

〇 使いやすさと継続しやすさを追求した5年

当社は2016年2月に創業し、 2021年2月で5周年を迎えました。 CEOの棚橋が自身の闘病経験から構想をイメージしたカロミルは、 AIエンジニアであるCTOの阿万との出会いで現在に近い形でリリースされました。

画像解析技術の向上や、 特許を取得しているカメラロール解析の実装、 登録食事メニューの日々の更新、 細かなデザイン変更など、 健康管理アプリとして課題である「継続のしやすさ」を高めるため、 「使いやすさ」にこだわり、 アプリの改良に取り組んできました。

その甲斐もあり、 健康管理アプリとしては後発ながら、 広告費用をかけずにダウンロード数は95万となりました(2021年5月)。

〇 健康寿命延伸を目指した「行動変容」を促すこれからの5年

アプリのリリース時から、 カロリー、 たんぱく質、 脂質、 炭水化物、 糖質、 食物繊維、 塩分は無料で記録・管理ができます。 今回、 ビタミン・ミネラル12栄養素の記録機能を実装することで、 生活習慣病予防に必要とされるビタミン・ミネラルの目安とされる摂取量と、 実際の摂取量を大まかに把握することができ、 健康志向の高い人やダイエットに活用している人だけでなく、 幅広い層で活用できるものとなります。 例えば、 塩分を過剰摂取している方がカリウムの積極的摂取に取り組む食事記録では、 視覚的に過不足を管理できるようになるため、 継続的な食事管理として利用されることを期待しています※。

さらに今後は、 健康診断データや疾患罹患率と、 食事の関連性を統計的に出すようなものや、 AIによる個人の食生活や性格に合わせたアドバイスなどで、 行動変容につなげられるよう取り組んでいきます。 食事内容を記録することで健康を目指せる社会を目指し、 今後も利用者に寄り添ったアプリ開発を続けていきます。

※一部の食事メニューにはビタミン・ミネラルの登録がないものがあります。 あくまでも目安として活用されることを想定しています。

 

  • カロミルについて

 

食事・運動・体重管理アプリです。 食事記録に関しては、 写真1枚で毎日の食事を記録し、 AI(人工知能)の画像解析技術によって栄養素を割り出し自動で登録します。 カロリーだけでなく、 糖質やたんぱく質、 脂質、 塩分、 食物繊維の計算・記録もできるので、 ダイエットのみならず、 栄養バランスをみた健康管理が可能です。 料理解析品目数・解析精度は業界NO.1(当社調べ)。 また、 食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、 「健康のトータルマネジメント」を実現しています。 新規登録数も昨年と比較して約3倍のペースで伸び、 会員数は95万人を超えました(2021年5月時点)。

 

  • カロミルアドバイスについて

https://calomeal.page.link/vitaminandminerals

指導対象者(顧客)の「カロミル」アプリと連携し、 食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、 指導者向けのウェブツールです。 指導対象者(顧客)の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、 AIが食事内容を自動で解析・栄養計算し、 指導者の栄養計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されます。

 

  • ライフログテクノロジー株式会社について

https://calomeal.com/

当社は管理栄養士、 エンジニア、 データサイエンティスト、 人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。 2016年2月に創業し、 東京本社のほか、 宮崎、 福岡など全国に拠点があります。 主な事業はヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営ですが、 大学や企業、 医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。

 

  • サービスに関するお問い合わせ先

ライフログテクノロジー株式会社 info@calomeal.com
 

 

社 名: ライフログテクノロジー株式会社(Life Log Technology, Inc)
所在地: 〒103-0027東京都中央区日本橋三丁目2番14号 新槇町ビル別館第一 1階
設 立: 2016年2月
資本金: 3億336万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 棚橋繁行

 

  

 

 

 

社 名: ライフログテクノロジー株式会社(Life Log Technology, Inc)
所在地: 〒103-0027東京都中央区日本橋三丁目2番14号 新槇町ビル別館第一 1階
設 立: 2016年2月
資本金: 3億336万円(資本準備金含む)
代表者: 代表取締役 棚橋繁行

おすすめのサブスクリプション(月額サービス)一覧

-サブスクリプション、定額、月額サービスのおすすめニュース

© 2022 WMR Tokyo - サブスクリプション Powered by AFFINGER5