サブスクリプション、定額、月額サービスのおすすめニュース

地元消費の取り込みに成功した美容室は、新型コロナ前より売上UP。美容業界の新たなプラットフォーム「Beauty Venue Pro β版」登録美容室の募集を開始!

「Beauty Venue Pro」美容室内の非稼働となっている空スペースを収益化。固定費の削減、限界利益の向上を目指す。

美容室を基点に地域のコミュニティ作り・女性活躍・美容産業のアップデートを目指す日本美容創生株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:金山宇伴 以下、 日本美容創生(JBIRC))は、 設備を貸したい “サロンオーナー” と、 施術場所を探す資格・スキルで活躍したい女性 “スペシャリスト” を繋げる「Beauty Venue Pro β版」を2021年1月29日にリリース。
モニターとしてご協力いただける美容室を募集いたします!

~「地域密着型の強み」が売上UPへ繋がる結果に~

■ 新型コロナが美容室にもたらした変化 「 地元消費の取り込み 」

日本美容創生(JBIRC)が2020年12月~2021年1月に全国の美容室オーナー(75名)に実施したアンケートによると、 「新型コロナウイルスの影響により、 昨年と比べサロンの売上に変化はありましたか?」の質問に対して、 24%のオーナーが「上がった」、 18.7%が「同等」と回答。 合計42.7%の美容室は、 売上が減少していませんでした。

【質問】新型コロナウイルスの影響により、 昨年と比べサロンの売上に変化はありましたか?

 

新型コロナウイルスの影響により、 昨年と比べサロンの売上が「上がった」と回答した美容室オーナーにヒアリングを実施したところ、 「新規顧客が増えた」と回答が多数ありました。

売上が増加した美容室は、 消費者の外出自粛が続き、 美容室の経営は悪化傾向にあると言われている中、 地元消費の取り込みができたことが判りました。 遠出や人混みを避けるためだけではなく、 都市部を中心にリモートワークの導入により自宅が仕事場となる方も多く、 これまで都市部の美容室に通っていた顧客が地元の美容室を利用したことが要因と考えられ、 地域に根ざした美容室経営の強さがあらわれた結果でした。

同調査の中で、 美容室が備える鏡と椅子以外の設備について、 その種類と活用方法について質問をしたところ、 多くの美容室に個室ルームやまつエク・ネイルブースなどが備えられており、 個室を使ったサービスやヘア&ネイル、 アイラッシュ&ヘッドスパなど、 異なる数種類の美容サービスを提供できるサロンとしてポテンシャルがあることも判りました。

そして、 美容室の空スペース(時間)の活用方法については、 美容室オーナーの約3割が、 フリーランスの美容師以外に、 ネイリスト、 エステシャン、 セラピストなどフリーランスの「スペシャリスト」や、 地域のコミュニティスペースとしての貸出しなどは「実績あり(貸出し中)」もしくは「検討中」と回答しました。

貸出し事例としては、 地域の子供向けに工作教室(夏休み中)や、 他のサロン向けに技術セミナーの開催など、 美容室から活動のフィールドを広げている例が挙げられました。

【質問】あなたのサロンの施術スペースについて教えてください

 

 

【質問】美容室の空スペース(時間)の活用方法について教えてください

 

今回の調査で、 美容室が持つ設備をフルに活用することは、 「より地元民のニーズを満たすサービスを提供すること」が可能となり、 地元消費の取り込み・美容室の経営状態の改善にも大きく寄与すると言えます。

そこで日本美容創生(JBIRC)は、 設備を貸したい美容室オーナーと施術場所を探しているスペシャリストを繋げる「Beauty Venue Pro β版」リリースに伴い、 モニターとしてご協力いただける美容室を募集いたします。

https://pro.beautyvenue.app/

~美容業界の新たなプラットフォーム~

■「Beauty Venue Pro β版」とは?

美容室にある設備(空きスペース)を貸し出したい店舗オーナーと、 取得した資格・スキルで活躍したい女性「スペシャリスト」を “つなげる” マッチングサービスです。

【Beauty Venue Pro β版の特徴】
・空いたスペースを有効活用、 収入に繋がります
・他分野のフリーランスの方の出会う機会が増し、 ビジネスチャンスが広がります
・自分の地域の技術者とつながることで、 地域にとって欠かせない主力サロンへ
・初期費用、 月額費用無料

 

 

https://pro.beautyvenue.app/

 

※2021年1月β版としてリリース
(今春、 iPhone/Androidアプリリリース予定)

※シェア対象物を美容室にしたマッチングサービス(特許2018-185692)

空いたスペースを有効活用・設備を貸したい美容室オーナー様、 店舗を持たずに好きな場所で “最高の体験を届けたい”スペシャリストの皆様のご参画をお待ちしております。

ご不明な点がございましたら、 info@jbirc.jp までお問合せください。

■ 会社概要

日本美容創生株式会社 【HP】 https://jbirc.jp 

日本美容創生(JBIRC)は、 2020年4月設立。 美容室のプラットフォーム化という新産業の創生を行い、 昨今、 地方の地域社会が抱える、 少子高齢化、 核家族化、 人口 の都市部への流出などにより「地域の繋がり」「経済・社会の持続性」「医療」の縮小や持続性の低下といった社会課題を美容室が地域のコミュニケーションステーションの役割を担うことで解決へ導き、 「女性の活躍の場」美容室の持続可能な経済活動も実現します。

【代表者】
代表取締役 金山宇伴

【本社所在地】
東京都千代田区九段南一丁目5番6号

【事業内容】
・シェア対象物を美容室にしたマッチングサービス
・Beauty Venue Pro ( https://pro.beautyvenue.app/ )の開発・運営
・Beauty Venue の開発・運営

【保有特許】
「スペシャリスト」「ユーザー」 「美容室」を “つなげる” マッチングサービス
(特許2018-185692)

おすすめのサブスクリプション(月額サービス)一覧

-サブスクリプション、定額、月額サービスのおすすめニュース
-, , , ,

© 2021 WMR Tokyo - サブスクリプション Powered by AFFINGER5