AI(人工知能)

シンギュラリティとは何かについて知りたいならこの本がおすすすめ

シンギュラリティに関するおすすめ本のまとめ

もしかしたら、「マトリックス」や「ターミネーター」や「トランセンデンス」や「オートマタ」など人工知能を扱った近未来的な映画の世界が、そう遠くない私たちの未来に現実となってしまうかもしれません。

注目のシンギュラリティや人工知能(AI)のおすすめ書籍についてまとめました。

『シンギュラリティは近い[エッセンス版] 人類が生命を超越するとき』

レイ・カーツワイル (著)、 NHK出版 (編集)、2016/4/22発売

2045年にはAIが人類の知性を上回り、ついに私たちは生物の限界を超えてシンギュラリティへと到達するというレイ・カーツワイルの本は世界に衝撃を与えました。
レイ・カーツワイルは、AI(人工知能)の世界的権威としてGoogle社でAI開発の先頭に立ち、フューチャリストとして技術的特異点の到来をいち早く予見。
エッセンス版では、名著『ポスト・ヒューマン誕生』のエッセンスを抜き出しています。

『エンジニアのためのAI入門』

Think IT編集部[編]、2017年7月7日発売

第1部の概要編では、第1~3次AIブーム、ニューラルネットワーク、シンギュラリティ、ディープラーニング、機械学習など、AIの歴史と主要な要素技術について解説しています。
続く第2部の事例編では、スクウェア・エニックス(ゲーム)、サーバーエージェント(広告)、GMOペパボ(Web)ほか、医療、金融(株式・EC)、不動産と全7分野の活用事例を詳細に解説しています。
第3部の人材編では、現場の技術者からスタートアップ起業家まで、そのキャリアを知ることができます。
引用:スクウェア・エニックス、サイバーエージェント、GMOペパボのAI活用事例とAIの基礎知識を易しく解説した『エンジニアのためのAI入門』を7月7日に発売!

『人工知能時代を生き抜く子どもの育て方』

神野元基・著、2017年4月20日

人工知能の進化で、社会はどう変わるの? 私たちの暮らしはどう変わるの? これからの時代、子どもたちには何が必要になるの? どのような教育をしたらいいの? といった疑問に答える、未来型教育を提案する一冊であり、人工知能の入門書でもある『人工知能時代を生き抜く子どもの育て方』を発売しました。
生活とビジネスのあらゆる場面が大きく変わる「人工知能時代」を生き抜く子どもの育て方、将来を予測するための人工知能にまつわる知識を紹介します。
引用:カドカワ株式会社 代表取締役社長 川上量生氏推薦! 人工知能で社会はどう変わる? 子どもにどんな教育をしたらいい? 人工知能と教育に関する疑問を解決する『人工知能時代を生き抜く子どもの育て方』発売!

『シンキング・マシン 人工知能の脅威ーコンピュータに「心」が宿るとき。』

ルーク・ドーメル(著)、新田 享子(翻訳)

人工知能《AI》は今や映画や小説の世界を抜け出して、現実の私たちの生活に確実に侵入しつつあります。だが、その先に待つのは明るい未来なのでしょうか?

加速度的に発達し、人間の仕事を奪い、人間を滅亡に導くと予測されている人工知能《AI》とは、一体何なのでしょうか?
人間らしさとは何なのか、そして知能を持つこと「心」を持つこととはどういうことなのでしょうか?

人工知能を語る上で必ず話題となる「シンギュラリティ《技術特異点》」は本当に存在するのでしょうか?
人工知能は人類にとって、善なのか悪なのか、そして、私たちは人工知能とどう共存していけばいいのでしょうか。

引用:『シンキング・マシン 人工知能の脅威ーコンピュータに「心」が宿るとき。』発売。人工知能《AI》とは一体何なのか、シンギュラリティ《技術特異点》は本当に起こるのか。AIの歴史と人類の未来を検証する!

『シンギュラリティは怖くない:ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』

中西 崇文 (著)

人工知能時代に人間は何によって価値を生み出すのでしょうか?
「シンギュラリティ」「2025年問題」は動き出しています。

人工知能に興味を持つ人が増え、「人工知能は技術的に何が可能で、どんな脅威を送り込むのか」という部分で関心が集まる中、人工知能は「合議制」を取るようになります。
人工知能を日常的に使用しているデータサイエンティストが、情報学の歴史的経緯をふまえて、人工知能と人間社会の過去・現在・未来を解説しています。

『シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件 (幻冬舎新書)』

齋藤 和紀 (著)

2020年代、AI(人工知能)は人間の知性を超え、2045年には、科学技術の進化の速度が無限大になる「シンギュラリティ」が到来する――AIの世界的権威にして天才未来学者・レイ・カーツワイルは予言していました。
シンギュラリティとは、技術進化のスピードが加速することで、2045年に起こるとされます。シンギュラリティは『人間の能力が根底から覆る』と言われる変化のことを指します。

時代の潮流をわかりやすく解説された、テクノロジー分野に強くない文系ビジネスパーソンでもさらっと読むことができる必読の1冊です。

参照:「シンギュラリティ・ビジネス」出版のお知らせ

『シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法』

サリム・イスマイル (著),‎ マイケル・S・マローン (著),‎ ユーリ・ファン・ギースト (著),‎ ピーター・H・ディアマンディス (その他),‎ 小林啓倫 (翻訳)

『シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法』が語る、働き方の未来への変化をまとめた一冊です。

ウーバー、エアビーアンドビー、テスラモーターズなど、シリコンバレーでは数年で大きく飛躍する企業がどんどん増えている中でウーバーは創業6年で会社評価額が2兆円を超えています。
「急激な変化を遂げた彼らはそれほどまでに急激に飛躍できるのか――。」と語ります。

シリコンバレーで大注目される「シンギュラリティ大学」が、ありえないほどの急成長する企業や組織の秘密を本書で明らかにしています。
「競合より10倍以上の価値を生むビジネス」をつくり、指数関数的に急成長するために必要な画期的な思考と実践方法がかれたビジネスマンならぜひとも読みたい書籍です。

『人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃 』

小池 淳義 (著)

日立製作所やトレセンティテクノロジーズなどで、40年の長きにわたり半導体の開発経験を持つ、「ムーアの法則」を体感した技術者の書籍です。
さらに現在、サンディスク日本法人の代表取締役社長であり、米国ウエスタンデジタルコーポレーションの上級副社長も兼任している経営者も務めています。

AIに滅ぼされないよう、これからチャレンジするためのノウハウを記しています。
技術者出身のシリコンバレー系経営者が書いた一冊です。

『シンギュラリティは近い―人類が生命を超越するとき』

レイ・カーツワイル (著)、小野木 明恵 (翻訳)、野中 香方子 (翻訳)、福田 実 (翻訳)、井上 健 (監修)

この書籍は、NHK出版『ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータが人類の知性を超えるとき』〔2010(平成22)年1月30日 第1刷発行〕に基づいて書かれています。

ビッグバンにはじまる宇宙誕生から、はるか遠い未来、人間の脳とテクノロジーが宇宙的スケールに拡大したときに、宇宙意識が生まれる、などカーツワイルの解説がぎっしり詰まった1冊です。

AI(人工知能)用語集

https://wmr.tokyo/ai/ai-terms/

WMR Tokyo - 人工知能とは

WMR Tokyo - 人工知能はAI、ビッグデータなど第四次産業革命の情報サイトです。
AI関連企業が提供している様々なAIを用いたサービスの価値ある最新情報をお届けいたします。 https://wmr.tokyo/ai/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
WMR Tokyo編集部

WMR Tokyo編集部

ニュースメディアのWMR Tokyoです。 掲載依頼もお気軽にどうぞ。 https://wmr.tokyo/press-release/ ※無償掲載は行なっておりません。 ※ジャンル・内容によっては承ることができない場合もございます。

-AI(人工知能)

© 2020 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア