プレスリリース

世界初、ライブ体験の全てを電子化するウェブプラットフォーム「MOALA(モアラ)」β版をリリース

投稿日:

~埼玉西武ライオンズが先行導入し、応援フラッグのレンタルサービスを開始~

 電子チケット発券サービス「Quick Ticket」を提供するplayground株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役:伊藤 圭史、 以下playground)は、 ライブ体験の全てを電子化するウェブプラットフォーム「MOALA(モアラ)」のβ版を9月14日(金)より提供開始します。 まずは、 リアルイベントに特化したマーケットプレイス「MOALA Market」と、 ライブのチケットや特典券、 思い出の写真を保管できるサービス「MOALA Pocket」をリリースします。

 「MOALA Market」の導入第一弾として、 埼玉西武ライオンズにて応援フラッグを球場で借りられる「フラッグレンタルサービス」を9月15日(土)より開始します。

 playgroundは2017年6月の創業以来、 アプリなしで電子チケットを発券できる電子チケット発券サービス「Quick Ticket」を提供してきました。 創業より1年で埼玉西武ライオンズ、 Vリーグ、 サンリオピューロランドなど大手興業を中心に3000以上のイベントでご活用いただいています。 今回、 「Quick Ticket」の導入が進むなかで多くの導入興業より、 ライブに来ている来場者に対してチケットに限らずより幅広いサービスをデジタルで提供していきたいという要望をいただいたことを受け、 本サービスの開発およびリリースに至りました。

 「MOALA」はライブ体験に関わるあらゆるサービスをデジタル化することで、 ライブをもっとおもしろくするコネクテッドスタジアムプラットフォームです。 具体的には、 これまで提供してきた電子チケットの発券や同行者へのチケット受け渡しといったチケット関連機能に加え、 ライブに関連する特典券・デジタルコンテンツの販売、 ライブチケットや過去に購入したデジタルコンテンツの一元管理といった、 ライブにまつわる様々なデジタルサービスを提供いただけるようになります。 これにより導入企業は、 ライブ・スタジアムのICT化を実現し、 ライブ体験を向上できます。

 「MOALA」の導入第一弾として、 埼玉西武ライオンズにて応援フラッグを球場で借りられる「フラッグレンタルサービス」を開始します。 本サービスを利用いただくことで、 普段野球を観戦しない新規来場者や、 応援グッズの持参が難しい仕事帰りの会社員が手ぶらで球場を訪れても、 ライオンズ伝統のフラッグを使った応援に参加し、 優勝争いに沸くスタジアム体験をより堪能いただけるようになります。 今後もplaygroundは、 「MOALA」の開発・販売を推進することで、 ライブ興行主が来場者にデジタルサービスを提供し、 ライブ体験を向上させる「コネクテッドスタジアム」の普及に努めてまいります。

【埼玉西武ライオンズ フラッグレンタルサービスについて】(*取材可能)

・提供開始日:2018年9月15日(土)

・提供対象者:メットライフドームで開催される埼玉西武ライオンズの試合入場者
・提供内容:埼玉西武ライオンズの公式応援フラッグのレンタルサービス
・金額:350円(税込)
・使い方:「MOALA Market」で販売されているレンタル券を購入し、 専用受付で画面を提示すると、 球場で応援フラッグを借りられます。 フラッグは右図の3種類の中から選べます。 返却は専用ボックスに入れるだけで完了します。
※試合日は、 球場での取材も可能です。 お気軽にお問い合わせください。

【MOALAとは】

 ライブ体験に関わる全てのサービスを電子化し、 ライブをもっとおもしろくするコネクテッドスタジアムプラットフォーム。 現時点では電子チケット発券、 マーケットプレイス、 チケット管理の3機能を提供し、 今後は既存機能を発展させると共に、 新たなサービスを展開することでライブ・スタジアムのICT化を促進してまいります。

<サービス紹介>

MOALA Market ( https://market.moala.fun/ )

「MOALA Market」はドリンクチケットや握手券、 来場者限定のデジタルコンテンツなど、 ライブに関連するサービス・商品を販売する“リアルイベントに特化したマーケットプレイス”です。 近年、 不正転売防止や利便性の向上を目的とし、 チケットの電子化が急速に進んでいる一方で、 ライブに関連する各種サービスの大半は依然としてアナログな運用が大半を占めており、 業務負荷や不正転売などが問題となっています。 「MOALA Market」では、 特典券やグッズ引換券といったライブ内で利用できるサービスや、 写真・動画などのデジタルコンテンツといった、 「ライブ体験に関連する商品」に特化したマーケットプレイスを提供し、 興行主、 来場者の双方がより簡単にライブ体験を提供・享受できる環境を実現します。

- 特徴

・ライブ体験に関連する商品に特化した品揃え
・電子チケット発券サービス「Quick Ticket」と連携し、 入場時からスムーズにサービス提供
・データに基づき、 「来場者限定」といった特別なサービスを提供できる

MOALA Pocket ( https:// pocket.moala.fun/ )

「MOALA Pocket」は、 入場チケットや特典券、 思い出の写真といったライブ体験を一元管理できるライブの”ログ"サービスです。 従来、 ライブでは入場チケットはもちろん、 特典券やクーポンなど、 様々な紙類を管理す る必要があり、 また、 参加後には観戦履歴や購入したグッズ、 思い出の写真などをまとめるなど、 多くの煩雑な手間が存在してきました。 「MOALA Pocket」では、 保有する入場チケットや特典券といったチケット類のほか、 MOALA Marketで購入したデジタルコンテンツやクーポンなどを簡単にまとめて、 簡単に取り出せるサービスです。 今後は観戦履歴や記念品、 ご自身で撮影した写真など、 来場者の利便性と体験を向上させられるサービスを目指して、 開発を進めてまいります。
9月14日のサービスリリース以降、 埼玉西武ライオンズ様の2018年主催試合でQuick Ticketをご利用いただいたことのある方には、 MOALA Pocketページ上に過去に来場者がQuick Ticketで入場した試合で配信された、 ビクトリーフォトとスペシャル壁紙*1が一覧で表示されるようになります。
*1ビクトリーフォトとスペシャル壁紙…
2018年シーズン、 埼玉西武ライオンズの主催試合にQuick Ticketで入場された方には、 オリジナルの壁紙と勝利した試合にはビクトリーフォトが配布されています。 過去のチケットやデジタルコンテンツを表示するにはQuick Ticket入場時に用いたLINE IDとMOALA Pocketの連携操作が必要になる場合があります。

- 特徴

・チケットを必要な時にすぐに取り出せる
・特典券やクーポンの管理が簡単
・ライブの思い出をまとめて保管できる
・購入したデジタルコンテンツをいつでも閲覧できる
・観戦履歴を管理できる(リリース予定)

【コミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket by MOALA」】

 「Quick Ticket by MOALA(以下Quick Ticket)」は、 チケット販売事業者が「LINEやメールで発券*1して物理スタンプでモギれる*2電子チケットサービス」を簡単に導入できるクラウドサービスです。
導入企業は自社のチケット販売・管理システムと「Quick Ticket」をAPI連携するだけで電子チケットサービスを開始でき、 来場者は専用アプリをダウンロードする手間なく電子チケットを使えます。 電子チケット特有の運用上の負荷(アプリストア・端末仕様の変更対応、 システムメンテナンス、 現場運用設計 等)も playground にお任せいただけるため、 導入企業はトレンドに則した最新の電子チケット機能を負荷なく利用し続けることができます。 「Quick Ticket」は今後、 各社が独自電子チケットを開発することで発生している「現場業務の混乱」や「開発・運用コスト増加」といった問題を解決するため、 「電子チケットの標準規格」を目指して開発を進めて参ります。
・「Quick Ticket」の詳細はこちら URL:  https://quickticket.live/
*1…LINE/Facebook等のコミュニケーションアプリを介した電子チケット発券はplaygroundによる世界初の取り組みです。 (特許出願済)
*2…スマホに直接押印できる「電子スタンプ」はplaygroundが開発し、 国際特許を保有する技術です。

【株式会社西武ライオンズ】

 1979年より埼玉県所沢市を本拠地として構えるライオンズは、 2008年1月1日にチーム名を「埼玉西武ライオンズ」と改め、 地域密着とファンから愛される球団を目指し新たなスタートを切りました。 前身の西鉄時代を含め、 21度のパシフィック・リーグ優勝、 3度のプレーオフ優勝(1982年前後期制の優勝・2008年のクライマックスシリーズ優勝含む)、 13度の日本シリーズ優勝、 アジアシリーズ優勝など、 その輝かしい成績は球史に刻まれています。 今年は40周年を迎えるにあたり、 メットライフドームエリアの大規模改修工事が本格的にスタートした他、 4年ぶりに復活のライオンズ・クラシックなど様々なイベントを実施しております。
■社名:株式会社西武ライオンズ
■代表者:代表取締役社長 居郷 肇
■所在地:埼玉県所沢市上山口2135
■設立:1950年1月28日
■事業内容:球団経営
■URL: https://www.seibulions.jp/

【playground 株式会社】

 リアルイベント業界に特化した技術開発、 コンサルティングを行うデジタルファームです。 主力事業である「Quick Ticket」は埼玉西武ライオンズ、 サンリオやパルコ(劇場)等の大手企業に導入されており、 電子チケットの新しいカタチを提供しています。 また、 Quick Ticket を起点とするコネクティッドスタジアムプラットフォーム「MOALA」ではライブ体験のデジタル化を通じて「ライブをもっとおもしろくする」取り組みを推進しています。 リアルイベントをデジタルの力で変革するべく、 デジタル×リアルイベントの新しい挑戦を続けています。

■社名:playground株式会社(playground Co., Ltd.)
■代表者:代表取締役 伊藤 圭史
■所在地:東京都渋谷区渋谷3-25-18
■設立:2017 年6 月1 日
■事業内容:電子チケット発券システムの提供、 コネクティッドスタジアムサービス「MOALA」の提供、 コンサルティングサービスの提供
■URL:https: //playground.live

 

 



RSS 仮想通貨

-プレスリリース
-, ,

Copyright© WMR Tokyo - シリアルアントレプレナー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.