プレスリリース

Matt Cabが企画する『PLAYSOUND』、動物とのフィーチャリングという前例のない曲「LOVE LIKE ANIMALS」がオフィシャルリリース!売上はチャリティーとしてWWFジャパンに寄付。




音楽プロデューサーのMatt Cabが日常にある様々な音をサンプリングして新たな楽曲を作り出す企画『PLAY SOUND』。 子供のおもちゃから出る音、 電車のチャイム音、 コンビニの入店音、 空港で聞こえる音、 などの様々な音をサンプリングして創ったビートと動画がSNS上に投稿され大きな反響を呼んでいる。

最近ではTOYOTAとタッグを組んでビート制作をしたり、 NIKEのTikTokダンス動画などでもビートが使用されるなど話題のプロジェクトから、 動物の鳴き声をサンプリングした楽曲「LOVE LIKE ANIMALS」が、 apple music、 spotifyなど、 各音楽配信サービスから初となるオフィシャルリリースされた。

*Official Instagram
@playsoundproject  https://www.instagram.com/playsoundproject/

*楽曲リンク: https://mattcab.lnk.to/LLA_GV

■Matt Cabコメント
ふいに面白そうだと思って家にあったおもちゃから出る音でビートを作ってみて、 ネット上でそのビートに友達がラップをのせてきて、 そんなただの遊びでやったことがBUZZになって、 沢山の人が面白いと言ってくれて始まったプロジェクト『PLAYSOUND』。
そんなシンプルな”FUN”の気持ちで始めたプロジェクトから、 曲がオフィシャルリリースされることがとても嬉しいです。 この曲は動物と触れあえない状況でも動物と一緒にいるように楽しんで欲しいなと思って、 動物の鳴き声をサンプリングして作りました。 楽曲売上の一部を野生動物の保護や支援のためにWWFジャパンに寄付出来る、 そんな意義あるプロジェクトになったことも感謝しています。

世界の危機的状況下で動物と触れ合えなくても動物と一緒にいるように楽しんでもらいたいという思いから、 動物たちの鳴き声をサンプリングして制作されたこの楽曲は、 Matt CabのSNSで楽曲の一部がすでに公開されていたが、 ぜひ各配信サイトで全貌を確認してほしい。 なお、 楽曲売上の一部はチャリティーとして、 昨今の影響を受けている野生動物の保護や支援のためにWWFジャパンに寄付される。

写真(左:Matt Cab、 右:WWFジャパン新井氏)

■楽曲情報
アーティスト:Matt Cab
タイトル:LOVE LIKE ANIMALS (feat. Gentle Vicugna)
リリース日:2020.11.27(金)
楽曲リンク: https://mattcab.lnk.to/LLA_GV

■Matt Cabプロフィール

サンフランシスコ出身、 日本で活動するプロデューサーMatt Cab。
英語で歌うJ-POPカバー動画がYouTubeで話題となり、 2010年に1st Album『The One』をリリース。 2013年にはWARNER MUSICより『ONGAKU』でメジャーデビューするなど透き通った歌声を武器にシンガーとして活動。 代表曲の「LOVE STORY」は今でもブライダルソングとして毎年チャートインするなど、 iTunes R&Bチャートでは1位を合計7度も獲得するなど確固たる地位を確立。
近年はプロデューサーとして積極的に活動しており、 BTS、 JP THE WAVY、 CRAZYBOY、 YOSHI、 Crystal Kay feat . 安室奈美恵「REVOLUTION」、 和田アキ子『WADASOUL』、 RADWIMPS『天気の子 Complete Version』英訳等、 抜群の音楽センスと独特なグルーブ感のサウンドで、 HIPHOP/R&Bだけでなく幅広いジャンルのアーティストへ楽曲を提供している。
YouTube Music Awardsの「世界のクリエイター50人」に日本から唯一選出され、 ニューヨークで開催されたアワードにも出演。 2020年には、 アリシア・キースが全世界で開催したリミックス・コンテストでグランプリを獲得し、 アリシア本人からクラミー賞に招待されるなど、 活躍の場を世界に拡げた。
”PLAYSOUND”と名付けた自身のニュープロジェクトでは、 街に溢れる音やアニメの効果音をサンプリングしてビートを新たに構築!!TikTokなどSNSで投稿すると大きなBUZZを生み出し話題となっている。
今後より一層活躍の場を拡げたMatt Cabの唯一無二の音楽に注目が集まる。







- プレスリリース

Copyright© WMR Tokyo - スタートアップ , 2021 All Rights Reserved.