プレスリリース

セルファイバ、高機能素材メーカーの東洋紡と共同研究を開始




細胞量産技術開発スタートアップの株式会社セルファイバ(本社:東京都文京区、 代表取締役:柳沢佑、 安達亜希、 以下「セルファイバ」)は、 東洋紡株式会社(本社:大阪府大阪市、 代表取締役社長:楢原誠慈、 以下「東洋紡」)と共同研究を開始しました。

   

 

 

■背景
セルファイバは、 ひも状の細胞塊を形成する世界初の技術「細胞ファイバ」をコア技術として2015年4月に設立された東京大学発スタートアップです。 「『細胞をつかったものづくり』で地球規模の課題解決に貢献する」をミッションに掲げ、 現在は医療用途の細胞量産および細胞を利用した物質生産技術開発に取り組んでいます。 セルファイバの培養技術を用いることで、 細胞そのものの量産のみならず、 細胞由来有用物質の高効率生産へ応用することが可能です。 セルファイバは細胞の力を利用して、 医薬品はじめ化成品の大量製造を実現し、 細胞がより身近な素材となる世界を目指します。  

■技術の概要
細胞ファイバ技術は、 髪の毛ほどの細さの中空ハイドロゲルチューブ内に細胞を封入し、 培養する技術です。 周囲のゲルが内部の細胞を保護しつつ過剰な凝集を防ぐため、 従来培養法に比べて細胞を良好な状態で長期間維持することができます。 同時に、 チューブ内に閉じ込められた細胞から物質が分泌されると、 その物質のみがチューブ外に放出されることから、 物質生産においても有用な基盤技術といえます。
 

 

ハイドロゲルで被覆されたひも状細胞塊「細胞ファイバ」の顕微鏡観察像。

ハイドロゲルで被覆されたひも状細胞塊「細胞ファイバ」の顕微鏡観察像。

■東洋紡との共同研究について
セルファイバではこれまでに、 高生産細胞培養技術および物質生産技術の構築に取り組んで参りました。 このたび2020年10月より、 東洋紡との共同研究を開始いたしました。 また、 複数の事業会社に対して小規模試験における技術評価を完了し、 随時共同開発へと進んでいく予定です。

--------------
■株式会社セルファイバについて
・設立年月:2015年4月1日
・所在地:〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟216
・代表者:柳沢 佑、 安達 亜希
・資本金:66,650,000円
・事業内容:細胞ファイバ技術を用いた、 細胞大量培養ソリューションの開発
・公式サイト: https://cellfiber.jp/







- プレスリリース
-

Copyright© WMR Tokyo - スタートアップ , 2021 All Rights Reserved.