プレスリリース

拡大するミラーレスカメラ市場に向けたジンバル入門編が登場!業界最安値、最軽量&高品質「AK2000C」税込29,800円でオンライン先行発売




―発売記念、最大24%オフになるキャンペーンを同時開催―

アクションカムから一眼レフ、 スマートフォンの3軸ジンバルを展開するカメラメーカー「フェイユーテック」の日本総代理店TS TRADE(本社:宮崎県延岡市、 代表取締役:河崎 聖輝)は、 2020年11月5日(木)17時より、 フェイユーテック公式通販サイト( https://feiyu-tech.shop/ )にて、 最軽量1.1キログラム、 高品質でコストパフォーマンスを重視したミラーレスカメラ専用ジンバル「AK2000C」(定価:税込29,800円)を先行発売いたします。

初号機「AK2000S」の性能を引き継いだコスパ重視モデル「AK2000C」

初号機「AK2000S」の性能を引き継いだコスパ重視モデル「AK2000C」

■初号機「AK2000S」の性能を引き継いだコスパ重視モデル「AK2000C」


このたび発売する「AK2000C」は、 ミラーレスカメラ対応ジンバルとしては最軽量モデル(本体重量:1.1キログラム)でありながら、 ペイロード2.2キログラムと人気のミラーレスカメラに対応し、 2019年12月に発売したミラーレスカメラ用高性能ジンバル「AK2000S」(定価:税込54,450円)の機能を引き継いだ後継機です。 フェイユーテック独自の最新鋭モーターを搭載しW7制御アルゴリズムで応答速度や操作性を向上させ、 さらにタッチパネルはOLED(有機EL)を採用することで、 応答速度の向上、 軽量化に貢献した進化版ジンバルです。 また折り畳み時はA4程度になるため持ち運びにも便利です。 従来通り、 カメラの着脱が簡単になるクイックリリース・プレートや持ち運び・カメラの設置がより簡単に行える3軸ロック機構も標準装備しています。 価格は税込29,800円とミラーレスカメラ用としては業界最安値で、 初号機よりも2万円ほど安いコスパ重視のモデルが誕生しました。

 

■【「AK2000C」販売記念】最大24%オフとなる先行予約割引キャンペーンを開催

最大24%オフとなる先行予約割引キャンペーンを開催

最大24%オフとなる先行予約割引キャンペーンを開催

2020年11月5日(木)から11月30日(月)までの間、 FeiyuTech公式オンラインストアで「AK2000C」を購入いただくと先着50名様に最大24%オフになる先行予約キャンペーンを開催します。 先着50名から外れても次の100名様は20%オフ、 次の100名様は15%オフと階段式に先行割引特典があるキャンペーンです。 ※本商品のお届け予定日が2020年12月中旬から12月下旬になります。

「AK2000C」Feiyu Techウェブサイト:
https://www.feiyu-tech.jp/product/gimbal-for-mirrowless-camera/ak2000c
「AK2000C」Feiyu Tech通販サイト:

https://feiyu-tech.shop/products/feiyutech-ak2000c

■「AK2000C」製品概要について

「AK2000C」正面

「AK2000C」正面

「AK2000C」背面

「AK2000C」背面

1、 より強固な安定性とスムーズさを追求
16.8Vの高電圧作動ブラシレスモーターにより強力にカメラを安定させます。 最新のW7アルゴリズムはジンバルの誤差を0.05°以内に抑え、 思い通りの撮影が可能になります。 新世代アルゴリズムにより応答速度が向上、 より自分の身体の一部のようにスムーズに動作させることができます。
2、 あらゆるミラーレス、 一眼レフカメラにも対応
AK2000Cはポータブルながら、 様々なカメラモデルやアクセサリーと互換性がある耐荷重性能を持っています。 内部には新世代のCORTEX M4モーターと200MHzのCPUを搭載。 最大モーター制御周波数は20000回/秒を発揮し、 ペイロード2.2キログラムまで実現しました。
3、 本体素材にはウルトラライトスペースグレードのアルミニウムを採用
本体重量はわずか1.1キログラム。 収納時はA4サイズ程度になり、 小さなバッグでも簡単に持ち運びが可能です。
4、 取り外し可能なバーサタイルハンドル(オプション)で様々な角度からの撮影可能
バーサタイルを設置することで、 普段は取りづらいアングルでの撮影も簡単に行うことができます。
5、 片手で全てをコントロール。 OLCD(有機EL)タッチパネル
AK2000Cは本体にOLCDタッチパネルを搭載、 アプリやマニュアルに頼ることなく直感での操作ができます。 Wi-Fiシステム、 ケーブル接続でカメラをジンバル側で操作ができ、 撮影のON/OFFも簡単にできます。
6、 モーターは3軸ロック機構。 アルカスイス互換のクイックリリース・プレートを採用
三軸それぞれにロック機構を搭載。 より安定した状態でカメラジンバルに設置することができます。 ジンバルカメラの装着が楽になるアルカスイス互換のクイックリリース・プレート回転システムを採用しました。
7、 搭載バッテリーは7時間、 充電時間は1.5時間 
稼働時間は、 通常使用で約7時間(搭載カメラの重量で変化)、 スタンバイ状態で約12時間、 約1.5時間で充電が完了します。
8、 底部に1/4ネジ穴と3/8ネジ穴を搭載
ハンドル下部に1/4インチネジ穴、 3/8インチネジ穴があり、 市販アクセサリーにも対応可能です。
9、 豊富な撮影モードを搭載
ワンクリックモード変更タイムラプスモード、 インセプションモード/VLOGセルフィーモード/ポートレートモードなどをワンクリックでモード変更。 プロフェッショナルな撮影から、 vlog・tik-tokのSNS撮影まで撮影のニーズに応えます。
10、 2秒で起動できるクイックレスポンス
改善されたモーターのレスポンスで、 2秒でジンバルを起動、 スリープモードでは1秒で起動することができます。
11、 標準装備の三脚を延長ポールとしても活用可能
開閉の絶妙な硬さと滑り止め加工で延長ポールの持ち手としても活用可能です。
12、 シンプルデザイン、 豊富なアクセサリー(オプション)
シンプルデザインの中にウッドスタイル(木目調)。 パッと目を引くオシャレなジンバルです。 ローアングルなどの撮影がより簡単になるバーサタイルハンドルやハンドル部を延長することができるエクステンションロッドなどオプションも充実しています。

「AK2000C」が選ばれる理由

「AK2000C」が選ばれる理由

 

「AK2000C」同梱物とオプション

「AK2000C」同梱物とオプション

『拡大するミラーレスカメラ市場に最適なジンバル入門機種を投入します』/TSTRADE代表取締役、 河崎 聖輝コメント

「2020年はデジタルカメラ市場が順調で、 その中でもミラーレス一眼レフカメラが人気でした。 ミラーレスになり軽量化が進み、 昨今のSNSやYouTube需要も重なって、 一眼レフ並みに撮影ができるミラーレス一眼レフカメラの需要が一気に伸び、 最近では女性の利用も増えています。 反面、 安定した撮影を補助できるジンバルが業界的にみても平均5万円前後と、 まだまだ高額なものが多いのが実情で、 女性でも軽く使いやすい高性能なミラーレスカメラ用ジンバルを必要とされてきました。 スペックを落とさずに購入しやすい価格に設計できないかとフェイユーテック社と協議を重ね、 この度「AK2000C」を市場に投入することができました。 価格は3万円程度でミラーレスカメラ用のジンバルとしては値ごろでスペックも高く、 まさにジンバル入門機種と言えます。 また新しい試みとして、 購入者向けに無料でミラーレスカメラ用ジンバルの使い方が学べる動画コンテンツを用意しました。 カメラYoutuberのダイゲンTVさんが講師としてミラーレス一眼カメラ、 AK2000Cジンバルの使い方、 使用シーンなどを開設した動画コンテンツを配信する予定です(商品が到着するタイミングで公開予定です)」

TV DAIGEN(チャンネル登録者数 1.73万人、 2020年11月2日現在):
https://www.youtube.com/channel/UCYMk7O2LXe0elRf1s0W1wXw

■「AK2000C」スペック情報

「AK2000C」パッケージ

「AK2000C」パッケージ

「AK2000C」パッケージ開封

「AK2000C」パッケージ開封

税込価格:29,800円
対応機種:耐荷重量2.2キログラム(カメラ寸法:高さ12センチメートル以内、 横幅9.5センチメートル以内、 (レンズ込みの)長さ17.5センチメートル)
バッテリー:内蔵(取り外し不可)
駆動時間:スタンバイ状態12時間、 通常使用7時間(バランスが取れた状態でのご使用時)
充電時間:約1.5時間
本体ディスプレイ:有り
チルト軸:230度
ロール軸:306度
パン軸:360度
防水性能:非対応
対応スマートフォンアプリ:Feiyu ON
重さ:1,078キログラム(バッテリー含む)
機体サイズ:使用状態:147.4ミリメートル×203.6ミリメートル×372.8ミリメートル
収納状態:68.8ミリメートル×208.2ミリメートル×347.8ミリメートル
同梱付属物:USB2.0 - Type-C変換ケーブル1本、 Type - C-Type-C(C02)ケーブル1本、 Type - C-TRS2.5変換ケーブル1本、 Type - C-Micro(A03)変換ケーブル1本、 Type - C-Mstrongti(Sony シャッターケーブル)1本、 DC2.5mm(Type-C - 2.5mm)(Panasonicシャッターケーブル)1本、 滑り止め付金属製三脚1つ、 レンチ1つ

「AK2000C」Feiyu Techウェブサイト:
https://www.feiyu-tech.jp/product/gimbal-for-mirrowless-camera/ak2000c
「AK2000C」Feiyu Tech通販サイト:
https://feiyu-tech.shop/products/feiyutech-ak2000c

■フェイユーテックについて

 “ジンバルの可能性を拡げ、 ムービー撮影の楽しさを世界へ、 日本へ”
FEIYU(フェイユー)は、 2007年8月に中国の風光明媚な都市、 桂林に誕生しました。 ドローンやファクトリーオートメーション分野で頭角をあらわし、 今や中国を代表する精密機器ブランドのひとつに成長しました。 フェイユーのめざすもの。 それは優秀な人材が集う活気ある企業であり、 つねに新たな挑戦をし続けること、 そして革新的であることです。 こうした理念に基づき、 私たちが独自に開発した航空計器システムや、 UAV オートパイロット、 ジャイロスコープ搭載ジンバルは市場で高い評価をいただき、 幅広く採用されるようになりました。 2013年には、 業界初の3軸手持ちジンバルの開発に成功。 それはシンバルの新たな可能性の発見であり、 ムービー撮影をより楽しむための提案でした。 現在フェイユーのジンバルは機種も多種多様に広がり、 中国国内はもとより、 ヨーロッパやアメリカ、 アジアで広く愛されています。 2020年4月にクラウドファンディング(GREEN FUNDING)にて予約販売を開始(6月25日に終了)したカメラ付ジンバル「Feiyu pocket」は1億1,000万円を超えGREEN FUNDINGの上半期1位を獲得、 日本国内のジンバル人気に期待できます。
TSTRADEは、 今後も日本国内におけるジンバルカメラ需要を促進していくためのサービスや広報活動を展開し、 引き続き新商品の投入を進めてまいります。

フェイユーテック公式サイト: https://www.feiyu-tech.jp/
フェイユーテック通販サイト: https://feiyu-tech.shop/

■株式会社TSTRADEについて

会社名:株式会社TS TRADE
本社所在地:宮崎県延岡市大瀬町1-5-7
代表取締役:河崎 聖輝
事業内容:輸入代理店事業/EC小売り事業/卸売事業/その他上記に付随する業務全般
国内取扱ブランド:
・フェイユーテック: https://www.feiyu-tech.jp/
・Lanmodo(ランモード): https://www.lanmodo.jp/
・iPong: https://joolausa.com/ipong/
・Lenovoスマートウォッチ: http://ts-trades.jp/lenovo-smartwatch/







- プレスリリース
-

Copyright© WMR Tokyo - スタートアップ , 2021 All Rights Reserved.