プレスリリース

仙台市×楽天イーグルス×藤崎百貨店 仙台の都市をアップデートする『SENDAI X-TECH Accelerator』のパートナー企業が決定




6つの協業プランを採択、2020年1月よりインキュベーションを開始

パーソルイノベーション株式会社 eiicon company(本社:東京都港区南青山)が運営するオープンイノベーション(※1)プラットフォームeiicon(エイコン、 以下「eiicon」)は、 仙台市、 株式会社楽天野球団、 株式会社藤崎と共に、 共創により仙台の都市をアップデートするオープンイノベーションプログラム『SENDAI X-TECH Accelerator(以下 本プログラム)』を運営しており、 インキュベーションに進むパートナー企業が決定しましたので、 お知らせいたします。 本プログラムは、 仙台市と共に実施している仙台市IT産業のエコシステム(※2)構築事業『SENDAI X-TECH Innovation Project』の一環として開催されています。

(※1):2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、 「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、 革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。 社内の資源に頼るばかりでなく、 社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。  

(※2):企業や自治体などが外部連携を通じ、 それぞれの技術や強みを活かしながら、 既存産業の垣根を越えて共存共栄するビジネス上の生態系
 

■『SENDAI X-TECH Innovation Project』について

人口減少が特に深刻化しつつあり、 産業衰退や少子高齢化といった課題に直面する地方都市では、 テクノロジーを活用した新たな事業創出による地方創生が期待されています。

そのような背景を受け、 本プロジェクトは、 仙台市をフィールドに、 IoTやAI、 VR/AR、 5Gなどの先端技術と、 さまざまな産業との掛け合わせ(X-TECH)による新事業の創出、 それをリードする先端IT人材の獲得、 さらにはIT人材が仙台で成長し続けていく土壌育成を、 テクノロジーの力で生み出すことを目指します。

■『SENDAI X-TECH Accelerator』について

仙台市の全面バックアップのもと、 仙台を拠点に活動する株式会社楽天野球団、 株式会社藤崎を中心とし、 新たなテクノロジー・サービスと組み合わせた今までにないWao!な体験を創出するオープンイノベーションプログラムであり、 2019年10月より株式会社楽天野球団、 株式会社藤崎のそれぞれのテーマについてエントリーサイト( https://eiicon.net/about/sendai-x-tech2019/ )にてパートナー企業を募集してきました。

多数の応募の中から、 厳選なる審査を経て、 6つの協業プランがインキュベーションに進むことが決定しました。 2020年1月から順次、 各企業とインキュベーションの実施を予定しており、 事業化を目指した価値検証を行います。 また、 検証の模様は、 2020年3月24日に開催予定のデモデイにて中間的な成果報告を実施いたします。

■パートナー概要

テーマ1.スマートスタジアムで快適なおもてなしを感じるWao!体験(パートナー企業:株式会社楽天野球団)

<akippa株式会社>

(1)概要
代表取締役社長 CEO:金谷 元気
HP: https://akippa.co.jp/
主な事業内容:駐車場予約アプリ「akippa」の運営

(2)協業プラン
「予約制駐車場を活用したスムーズなスタジアムアクセスの実現」

<GREEN UTILITY株式会社>

(1)概要
代表取締役社長:李 展飛
HP: https://mocha.jp/
主な事業内容:持ち運べるスマホ充電サービス - mocha(モチャ)モバイルバッテリーシェアリング事業

(2)協業プラン
「継続は力になり - モバイルバッテリーシェアリングで観戦をもっと楽しく」

<ゼロワ株式会社>

(1)概要
代表取締役社長:佐藤 将太
HP: http://www.zelowa.co.jp/
主な事業内容:インターネットを利用した各種情報提供サービス

(2)協業プラン
「お客様の個人情報と空席チケットを活用することによる、 超満員で一体感ある応援体験」

<株式会社バカン>

(1)概要
代表取締役:河野 剛進
HP: https://www.vacancorp.com/
主な事業内容:空席情報配信プラットフォームの開発・提供

(2)協業プラン
「あらゆる混雑/空き状況の可視化」

テーマ2.リアル店舗×テクノロジーを活用した、 新たなお買い物のWao!体験(パートナー企業:株式会社藤崎)

<株式会社ミューシグナル>

(1)概要
共同代表(販売担当):本田裕二
HP: https://www.musignal.co.jp/
主な事業内容:ハイレゾスピーカーと特殊効果音源を組み合わせた「音」のサイネージSIZZLE PANELを販売

(2)協業プラン
「SIZZLE PANELが演出する、 ゾクゾク・ワクワク、 お買い物広場 -ASMRが奏でるデジタルサイネージ-」

<株式会社ヒナタデザイン>

(1)概要
代表取締役社長:大谷 佳弘
HP: https://www.hinatadesigns.jp/
主な事業内容:ブランディングの立案、 研修及び講演
プロモーション、 広告の企画、 提案及び制作
グラフィック、 パッケージ、 ウェブデザインの企画、 提案及び制作
スマホアプリ、 ウェブシステムの企画、 提案及び開発

(2)協業プラン
「サイズと購買データを活用した商品リコメンドサービス」

■eiiconについて

    https://eiicon.net

オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」は、 「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、 オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、 ビジネスマッチングプラットフォームです。 企業は、 企業情報をはじめとするミッションや、 事業成長に必要なリソースなどさまざまな情報を「eiicon」に登録することができます。 それらの情報を発信し合い、 企業同士が繋がることができる場が「eiicon」です。
 
eiiconは、 「オープンイノベーション」にチャレンジするすべての企業に対し、 その取り組みを加速させる支援を実施しています。 自社のニーズ、 シーズをオープンにすることで、 ビジネスパートナーとなり得る企業と繋がり、 出会うことができるオープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、 事業を創るビジネスパーソンのための事業を活性化するメディア「eiiconlab」、 リアルな出会いの場を創出する「event」、 専門のコンサルタントによる「Sourcing Support」の4つの軸で日本に「オープンイノベーション」という新規事業創出手法を根付かせるためにサービスを提供しています。

【eiicon、 登録企業同士のつながりが1万件突破】

2017年2月のサービスローンチ以来、 eiiconは「誰もが提携先を探せる時代の創出」を目標に事業を推進し、 2019年6月末時点登録企業同士のつながりが1万件数を突破。 企業登録数も増加の一途を辿っており、 同じく事業規模も毎年300%以上の成長を続けています。

 

■eiicon company概要

名  称:eiicon company (エイコンカンパニー)
代  表:中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」の運営、 イベント企画・支援サービス、 ソーシングサービスなど
電話番号:03-6370-8360(代表) メールアドレス:eiicon-info@persol.co.jp

■運営会社

社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:1,000万円(2019年10月1日現在)
代表者:代表取締役社長 高橋 広敏
事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、 グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務

 
 







- プレスリリース
-, , , , , ,

Copyright© WMR Tokyo - シリアルアントレプレナー , 2020 All Rights Reserved.