プレスリリース

エストニア発のGovTechスタートアップSetGoが、日本初・完全オンラインの法人設立サービスをローンチ




SetGo Estonia OU(本社:エストニア タリン、 Co-Founder:齋藤 アレックス 剛太、 以下SetGo)は、 エストニアの電子国民プログラム・e-Residencyと連携したエストニア法人設立サービスの提供を開始します。

SetGoプラットフォームを利用した場合、 申請の所要時間は約10分。 SNSのアカウントを開設する感覚で、 世界中どこからでもエストニア法人を設立することが可能となります。

▼提供するサービス

SetGoは、 blockhive OÜ(本社:エストニア タリン、 Co-Founder:日下 光、 以下blockhive)のメンバーファームとして設立されたエストニア法人で、 グループとしては既に2年以上、 同国で事業を展開してきました。 エストニア政府のアドバイザーを務めるメンバーを含む日本人とエストニア人を中核に、 エストニアと日本を結ぶ架け橋としての役割を担うべく、 サービスを提供しています。

今回発表されたスタートアップ向けのオンライン法人登記プラットフォーム( https://setgo.ee )では、 同国の情報交換基盤・X-Roadと連携。 同システムを通して政府法人登記データベースに接続されているため、 必要最低限の情報を入力するだけで法人設立が可能です。 申請自体にかかる所要時間は約10分と、 これまでの法人設立のあり方を大きく変えるプラットフォームとなっています。

並行して、 エストニア法人登記の際に必要な法人登記住所(リーガルアドレス)の提供、 並びにエストニア国内法で定められているコンタクトパーソンを代行し、 ナレッジベースやカスタマーサポートを通じて日本語コンテンツでエストニアでのビジネス運営に必要な全ての情報を提供する形です。

今秋には、 現地サービスを利用可能なマーケットプレイスをリリース予定。 法務、 会計、 税務など起業家が必要としているサービスを、 ワンクリックでご利用いただくことが可能となります。
 

  法人登記入力フォームの一部スクリーンショット

▼Why SetGo

世界初の電子国民プログラム・e-Residencyを提供するエストニア。 これまでに約60,000人の電子国民、 そして7,000社が同プログラムを通して誕生しました。

しかし、 e-Residencyは発展途上であることもあり、 活用事例はまだまだ少なく、 エストニア内外の情報格差、 言語の壁、 e-Resident同士のつながりの弱さなどまだまだ課題も多いのが現状です。 同国に進出している日系大企業も片手で数えるほどしかありません。

SetGoは、 そんなe-Residencyプログラムを通して生まれたスタートアップの一つ。 現状と理想のギャップを埋める『架け橋』として、 エストニアでの事業立ち上げ、 そしてビジネス運営を支援することを目的に設立されました。

 

e-Residencyカードのイメージ(画像提供:Toolbox Estonia)

▼創業者がエストニアから来日 SetGoローンチイベントを開催

SetGoは、 同サービスのローンチイベントを、 10月1日(火)に丸の内vacansで開催します。 当日はエストニアからCo-Founderの齋藤アレックス剛太が参加。 e-Residencyの最新情報や、 エストニアのビジネスにおけるポイントを解説する予定です。 エストニアのe-Residency公式チームとも連携している数少ないイベントとなっておりますので、 どうぞ万障お繰り合わせの上、 ご参加ください。

https://e-residency-setgo.peatix.com/view

▼本件に関するお問い合わせ

SetGo Estonia OÜ
担当:齋藤 アレックス 剛太
メールアドレス:info@setgo.ee

▼SetGo Estonia OÜについて

SetGoは、 エストニアにおける法人登記、 コンタクトパーソンやリーガルアドレスの提供、 銀行口座開設の支援に加えて、 マーケットプレイスを通した会計、 税務、 法務業務などを提供している日本・エストニアのハイブリッド企業です。 今回発表されたスタートアップ向けプランに加えて、 日本の大企業に対するコンサルティングサービスも提供しています。 EU圏にアクセス可能なエストニア法人の設立・事業運営をサポートすることで、 世界中・全ての人々が平等、 かつシームレスに行える未来を目指しているスタートアップです。

URL : https://setgo.ee/
所在地 : Tina 7-16, Tallinn, 10126, Estonia
代表者名: 齋藤 アレックス 剛太 / Ragnar Reindoff
事業内容: エストニアにおける法人設立・事業運営の支援

▼blockhive OÜについて

blockhiveはエストニアの首都タリンに本拠地を構え、 ブロックチェーン技術を活用した次世代の事業モデルを創出するスタートアップ企業です。 スマートウォレットや、 デジタルIDとスマートコントラクトを活用した新しい資金調達モデルなどの自社プロジェクトに加え、 エストニア国内外のパートナー企業と協力し、 ブロックチェーン技術や要素技術を活用した新しいビジネスモデルの開発を設計思想・哲学とともに提供します。

URL : https://blockhive.ee/
所在地 : Tina 9, Tallinn, 10126, Estonia
代表者名: Co-Founder 日下 光
事業内容: ブロックチェーンを活用した各種事業

▼エストニアのビジネスシーンについて

Skypeに端を発するスタートアップエコシステムが強みです。 これまでに4社のユニコーン企業を輩出しており、 IT産業を中心に盛り上がりを見せています。

ヨーロッパ1位を獲得したこともある競争力のある税制度も魅力で、 法人税は20%。 その上、 利益に対してではなく、 配当に対してのみ課税されため、 内部留保している限りは課税されない仕組みとなっています。 2018年には日本とエストニア間で租税条約が締結。 日本企業にとって、 より分かりやすい形でビジネスをすることが可能となりました。







- プレスリリース
-, , , , , ,

Copyright© WMR Tokyo - シリアルアントレプレナー , 2020 All Rights Reserved.