二重(LINEお友達登録)

大阪

住みやすさランキングと人口密度が上位「寝屋川市」

寝屋川市とは大阪府内にある自治体で、北河内郡にあります。

こちらは近年では他地域との相違点において優位性が見られることから、不動産投資の対象として大きな注目を集めています。

ではどのような地域特性があるのでしょうか。

まずはそのことについて紹介していきましょう。

はじめに取り上げるのは地理的な条件です。

面積は24.70平方キロメートルで特例市の中では最も狭い自治体です。

隣接する自治体としては、摂津市、高槻市、交野市、枚方市、守口市、門真市、大東市、四條畷市の8つがあります。

次に人口についてですが、2016年8月1日の段階での推計では236,225人となっています。

また人口密度は1平方キロメートルあたり9,560人となっており、これは大阪府吹田市に次いで特例市の中では2番目に高い値です。

鉄道網について紹介しましょう。

こちらは京阪電気鉄道京阪線、JR西日本片町線が通っており、住民の足になっています。

特に中心となっているのは京阪電気鉄道京阪線の寝屋川市駅で、平日のラッシュ時には非常に混み合うことで有名です。

さて、そんな寝屋川市の不動産投資に関するメリットとデメリットについて、ここから先は紹介しましょう。

まずメリットについてです。

何と言っても利便性の良さが特徴的と言えるでしょう。

三菱UFJ不動産販売の公表している住み良さランキングでは、利便度は大阪府内2位にランクインしています。

これは大阪市内や堺市内へのアクセスのしやすさによるものです。

このような交通の便の良い大都市近郊の都市では、地価が下がりにくいという特徴があります。

また安心度も9位と高いことから、住人が安心して暮らせるような環境になっているところも、不動産投資においては好条件として働きます。

一方でデメリットですが、先行きが不透明なところがあるという点です。

特に1995年以降人口が減少傾向にあるということは、大きな懸念材料となっています。

直近の国勢調査の結果からの人口増減率では1.48%という高い減少率が見られており、増減率では府内で29位と心配な要素です。

人口というものはその周囲の経済の循環をはかるために重要なポイントですから、このような点から寝屋川市への不動産投資を控える投資家もいらっしゃいます。

また住民に占める富裕層の割合が低いこともリスクになりえます。

これは投資材料としての物件ではなく、実際に長い間住むための物件の方の需要が高いことを意味しているからです。

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧





-大阪

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア