おすすめニュース

リアルアバター制作・全身3Dスキャン用 撮影システムをキット化しプロトタイプを開発。3Dスキャンスタジオ運営・展開に向け、シード資金の調達・出資を募っての会社設立を希望。

投稿日:




岩山幸洋 Twitter: @HappyOcean ( 株式会社映像伝播社 代表取締役、 本社:東京都港区、 研究開発拠点:つくば市春日)は、 リアルアバター制作・全身3Dスキャン用 撮影システムキットのプロトタイプを開発しました。
今後、 展示・デモンストレーション、 実際の3Dモデル制作用の3Dスキャンスタジオの運営・展開に向けて、 シード資金の調達、 出資を募っての会社設立を希望しています。 クラウドファンディングも部分的に検討。

プロトタイプ

プロトタイプ

制作ワークフロー動画はこちら https://twitter.com/HappyOcean/status/1134852470914539520

本キットを用いた撮影後は、 各種フォトグラメトリソフトウェア(RealtyCapture, 3DF Zephyr, Metashape等)で3Dモデル化を行い、 さらにリギング(骨格付与)を行うことで、 ソーシャルVRプラットフォームや各種ARアプリ等で、 実際の人物の360度キャプチャをベースにしたフォトリアリスティックな「リアルアバター」 に活用できます。 また、 3Dモデルやそのアニメーションは各種動画制作にも活用できます。

撮影システムは、 小型コンピューターのRaspberry Piとカメラモジュールを利用し、 Pythonスクリプトでコントロールすることでローコスト化。 他のハード/部品についても、 入手しやすい汎用的なものを組み合わせ、 キットとしていくことで、 全国幅広く数多くの場所で導入され、 応用利用されていくことを期待しています。

カメラ台数は現在100台程度推奨( 48台 - 128台以上も可)。 Depth Sensorや機械学習、 他の基板等も併用し、 今後さらに改良・機能アップ、 ローコスト化も目指します。 又、 イノベーションを誘発するよう順次オープンソース化して導入設置を呼びかけ、 クラウド上でのデータ処理による付加価値創出へ軸を移していくことを構想しています。 (尚、 全身スキャンにラズベリーパイを用いること自体は、 以前より各所で取り組まれており特許案件等ではありません。 例: https://www.3dbodyscanning.org/cap/papers/2014/14174_45garsthagen.pdf 

現在、 主要なソーシャルVRプラットフォーム等では、 ポリゴン数の多い高精細な3Dアバターはデータ制限上もアップロードできず、 むしろ、 顔部分のデフォルメなどがユーザーに求めらています。
従って、 ローコストタイプの全身3Dスキャナーでも十分なケースも多く、 その需要が高まっていることを見越しております。

本リリース時点で、 開発・改良中のシステムキットは浅草駅直結ビル内にあるスペースに設置しております。

設置準備時

設置準備時

 

本サービスのビジョンはこちら
https://note.mu/happyocean/n/n5f322b181706
『世界中の誰とでも、 いつでも、 どこででも会える、 まもなく来る未来へ』

Webサイトはこちら https://www.real-avatar.com

本リリースへのお問い合わせ  info@real-avata.com ; TEL:03-5468-9435  株式会社映像伝播社  担当:岩山
www.facebook.com/yukihiro.iwayama   〒111-0034  東京都台東区雷門2-19-17 浅草雷一ビル 4F-417









-おすすめニュース
-

Copyright© WMR Tokyo - M & A , 2019 All Rights Reserved.