M&Aのおすすめニュース

ZAZA株式会社が日本政策金融公庫より資金調達を実施。外国人向け家庭料理教室プラットフォーム『airKitchen』の事業展開を加速。




インバウンド需要の拡大を受け、ユーザー登録者数は5000名を突破

ZAZA株式会社(代表取締役:永津豪、 Tel:050-5532-6683)は2019年6月に株式会社日本政策金融公庫より、 挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)を適用した2000万円の資金調達を実施しました。 ZAZA株式会社は訪日外国人が日本の家庭を訪れ、 家庭料理教室に参加できるサービス「airKitchen」を展開しており、 今後サービス拡大を更に加速させる予定です。
(サービスURL: https://airkitchen.jp/host.php

 

■airKitchenサービス概要
airKitchenは料理を学びたい訪日旅行者と、 外国人に料理を教えたい日本人ホストをオンラインで結ぶ「食」のシェアリングサービスです。
旅行者はairKitchenを使うことで、 現地の一般家庭を訪問し、 日本人ホストと日本食を一緒に作って食べることができます。 スマホやPCで、 旅先からお気に入りの家庭料理教室を選択し、 サイト経由で簡単に予約、 支払いが可能です。 観光地を巡るだけの普段の旅行と比べ、 より深く、 よりリアルな日本文化を体験することができます。
また日本人ホストは、 airKitchenに登録することで、 日本食を学びたい外国人旅行者を自宅に招き、 日本食を一緒に作って食べることができます。 得意の料理や語学を活かしながら、 自宅のキッチンで料理を教え、 収入を得ることができます。
2018年4月からサービスを開始し、 ユーザー登録者数は既に5000名を突破しています。 世界70カ国以上からの旅行者が、 日本全国でユニークな料理教室に参加しています。

■事業背景
近年、 日本を訪れる外国人観光客は急激に増加しており、 2018年には3119万人を記録しております。 また、 政府は2020年に訪日旅行者数を4,000万人、 2030年には6000万人に増加させることを目標に掲げております。
インバウンドのトレンドとしては、 旅行者のニーズが「モノ消費」から「コト消費」へとシフトしており、 体験型コンテンツへの需要が高まっています。
このような背景の中、 「和食」を通して、 日本の日常を「体験」できるairKitchenは今後益々旅行者に求められていくことが予想されます。

 

日本人ホストはスマホなどでユーザー登録し、  家庭で手軽に外国人に家庭料理を教えることができる

日本人ホストはスマホなどでユーザー登録し、 家庭で手軽に外国人に家庭料理を教えることができる

■今後の展開
今回の資金調達により、 airKitchenの料理教室を提供するホストの獲得・育成や、 海外マーケティング施策の更なる強化、 またエンジニア、 カスタマーサクセスなどの人材獲得を行ってまいります。 また、 旅行会社や食品メーカー、 地方自治体との連携を強化し、 サービスの更なる普及に努めてまいります。 世界中の人たちが「食」や「人とのふれあい」を通して、 お互いの文化や信条の違いを認めあい、 尊重しあう世界を一日でも早く実現するため、 事業を加速させてまいります。

▼airKitchenへのホスト登録はこちら(登録無料)
https://airkitchen.jp/host.php
▼海外の料理教室を探す
https://airkitchen.jp/ja/
▼東京の料理教室ページ一覧はこちら
https://airkitchen.jp/list/tokyo.php
▼airKitchenご紹介動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=sZfiIcnEt_Q

【ZAZA株式会社について(URL : http://zazainc.co.jp )】
・住所     愛知県みよし市三好ヶ丘旭三丁目一番地17
・設立     2017年7月4日
・代表者 代表取締役社長 永津 豪
・事業内容 プラットフォームサービス事業(airKitchen: https://airkitchen.jp/host.php
・連絡先 info@airkitchen.jp
                050-5532-6683







- M&Aのおすすめニュース
-, , ,

Copyright© WMR Tokyo - M & A , 2019 All Rights Reserved.