ライフハック

「君の名は。」では描かれなかったエピソードを紡ぎあげた外伝的ストーリー『君の名は。 Another Side:Earthbound』を上白石萌音、大原さやかの朗読でオーディオブック化。

投稿日:

12月6日(木)よりAudibleで配信開始

 株式会社KADOKAWAとAmazon.com, Inc.(以下Amazon)の関連会社であるAudible, Inc.は、 オーディオブック版『君の名は。  Another Side:Earthbound』を映画オリジナルキャストである上白石萌音さん、 大原さやかさんによる朗読で、 2018年12月6日(木)より配信を開始いたします。

◆オーディオブック版『君の名は。 Another Side:Earthbound』について

「君の名は。 」のサブキャラクターたちの視点で描くスニーカー文庫による外伝的ストーリーをオーディオブック化。 全4話で構成された『君の名は。 Another Side:Earthbound』は、 映画では描かれなかったエピソードを紡ぎあげた、 新海誠監督公認のオリジナルストーリー。 本書はそれぞれのキャラクターから見たヒロイン・宮水三葉を描いた物語でもあり、 オーディオブック化にあたっては、 映画で三葉を演じた上白石萌音さんが第一話から第三話までの朗読を担当。 また、 父親・トシキの過去を描いた第四話では、 母親・宮水二葉役の大原さやかさんを起用し、 より深く作品の世界観に入り込んでいただけるように制作しています。
オーディオブック版『君の名は。 Another Side:Earthbound』の配信開始を記念して、 上白石萌音さんが演じたキャラクターたちや、 オーディオブックへの意気込みについて語った「独占インタビュー映像」をAmazon内の特設ページにて公開中です。 映像には収録風景や本作品を体感できる特別サンプル音声(約8分)も収録しています。

Amazon内「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」特設ページ
http://www.amazon.co.jp/kiminona

 

上白石萌音さんからのコメント

この小説には遊び心がふんだんに詰め込まれていて、 思わず「ふふっ」と笑ってしまう部分がたくさんあります。 そのため、 私もその遊び心を受け止め、 自分なりに声に込めて、 楽しく読ませていただきました。

今回、 映画「君の名は。 」で三葉を演じたときには気付かなかった彼女の新たな一面を知る事ができました。 それは三葉の弱い部分が見えたり、 妹に怒られる姉としての一面があったり、 今まで見えていなかった彼女の人間味に触れることができたからです。 三葉に限らず、 妹の四葉や同級生のテッシーなど各キャラクターが心の内側で考えている思いや言葉のひとつひとつを知ることができ、 それが胸にじんわりと響きました。

三葉を取り囲む人たちの愛情であふれた心温まる物語を、 心を込めて読みました。 小説を音声で聴いてみたい方、 小説を普段文字で読むことができない方など、 色んな方々にこの作品が届くといいなと思います。

 

本作の配信開始により、 「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」全4作品が揃いました。
全作品の配信を記念して、 ニコニコ生放送にて本プロジェクトの特別番組の配信も決定!
詳細はダ・ヴィンチニュース( https://ddnavi.com/ )にて近日発表いたします。

【オーディオブック版『君の名は。 Another Side:Earthbound』出演者プロフィール】

■上白石 萌音(かみしらいし もね)
 (第一/二/三話を担当)

 

2011年、 第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞。 主な出演作は、 映画『舞妓はレディ』、 『ちはやふる』シリーズ、 『君の名は。 』(声の出演)、 ドラマ『陸王』など。

 

■大原さやか(おおはら さやか)
 (第四話を担当)

テレビアニメ・CMナレーションに数多く出演し、 ラジオ・パーソナリティとしても活躍。 代表作としては『xxxHOLiC』壱原侑子役、 『夏雪ランデブー』島尾六花役、 『FAIRY TAIL』エルザ・スカーレット役など。

◆「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」作品リスト

・『小説 君の名は。 』(8月28日より配信中)
・『小説 秒速5センチメートル』(10月5日より配信中)
・『小説 言の葉の庭』(11月6日より配信中)
・『君の名は。 Another Side:Earthbound』(12月6日より配信開始)

(C)2016「君の名は。  」製作委員会

(C)2016「君の名は。 」製作委員会

 

―新海誠作品オーディオブック プロジェクトについて―

2016年に公開し、 空前の大ヒットとなった映画『君の名は。 』をはじめ、 数々の話題作を生み出しているアニメーション監督・新海誠みずから執筆した小説や、 関連小説をオーディオブック化。

―アニメには無い小説ならではのエピソードや心情、 新海誠作品の魅力の一つである“言葉の響き”を“声”で伝えることで、 作品の魅力を再発見していただけたら―

数々の新海誠映像作品を生み出している「コミックス・ウェーブ・フィルム」全面協力のもと、 豪華キャストによる新海誠作品の新しい体験をお楽しみください。

株式会社KADOKAWAについて


株式会社KADOKAWAは1945年に創業。 書籍出版から始まり、 時代の変化に合わせて事業領域を拡大してきました。 2013年に10社合併、 2014年にドワンゴとの経営統合を実施。 現在は年間約5,000冊の新刊から創出されるIP(知的財産)を中核に、 出版、 映像、 ゲーム、 グッズ、 広告など幅広い事業を営み、 メディアミックス・クロスメディア展開を行っています。 デジタル戦略や海外事業も強力に推進しているほか、 2020年には東所沢に複合施設の開業も予定。 更なる進化を求め、 リアルとデジタルの良さを活かしたビジネスモデルの構築に挑戦しています。 https://www.kadokawa.co.jp/

Audible(オーディブル)について


Audibleはすでに世界で何百万人もの人々に利用されており、 本を音声化したものや音楽以外の音声コンテンツをアプリやPCサイト、 Amazon Echoシリーズを始めとしたAlexa搭載デバイスから聴くことができます。 同サービスはAmazonの関連会社であるAudible社が提供しており、 海外ではすでに広く一般的なコンテンツの楽しみ方として広まっており、 またオリジナル脚本のドラマやコミックなどのコンテンツの制作・配信にも取り組んでいます。 同社は1995年に米国で創業され、 現在、 米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印の9か国で展開しています。 2015年7月より日本向けサービスを開始。 著名な作家の作品をはじめ、 ビジネス書から落語、 語学など20以上のジャンルで豊富なタイトルからAudibleでしか聴くことのできないスペシャルコンテンツまで、 プロのナレーター・俳優たちの朗読で聴くことができます。 2018年11月現在、 38か国語の海外コンテンツと国内コンテンツを合わせ、 40万タイトル以上が楽しめる日本最大級の音声コンテンツ制作・配信サービスとなります。

上白石萌音さんからのコメント

この小説には遊び心がふんだんに詰め込まれていて、 思わず「ふふっ」と笑ってしまう部分がたくさんあります。 そのため、 私もその遊び心を受け止め、 自分なりに声に込めて、 楽しく読ませていただきました。

今回、 映画「君の名は。 」で三葉を演じたときには気付かなかった彼女の新たな一面を知る事ができました。 それは三葉の弱い部分が見えたり、 妹に怒られる姉としての一面があったり、 今まで見えていなかった彼女の人間味に触れることができたからです。 三葉に限らず、 妹の四葉や同級生のテッシーなど各キャラクターが心の内側で考えている思いや言葉のひとつひとつを知ることができ、 それが胸にじんわりと響きました。

三葉を取り囲む人たちの愛情であふれた心温まる物語を、 心を込めて読みました。 小説を音声で聴いてみたい方、 小説を普段文字で読むことができない方など、 色んな方々にこの作品が届くといいなと思います。

―新海誠作品オーディオブック プロジェクトについて―

2016年に公開し、 空前の大ヒットとなった映画『君の名は。 』をはじめ、 数々の話題作を生み出しているアニメーション監督・新海誠みずから執筆した小説や、 関連小説をオーディオブック化。

―アニメには無い小説ならではのエピソードや心情、 新海誠作品の魅力の一つである“言葉の響き”を“声”で伝えることで、 作品の魅力を再発見していただけたら―

数々の新海誠映像作品を生み出している「コミックス・ウェーブ・フィルム」全面協力のもと、 豪華キャストによる新海誠作品の新しい体験をお楽しみください。

-ライフハック
-, ,

Copyright© WMR Tokyo - ライフハック , 2018 All Rights Reserved.