PR:

ニュース

前川喜平が自ら語る、ウソつく官僚、加計学園問題、「出会い系」報道、反骨の原点。

2018年07月11日

山田厚史氏との共著『前川喜平「官」を語る』7月12日発売!

株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:蓮見清一)は、 元文部科学事務次官・前川喜平氏と山田厚史氏の共著『前川喜平「官」を語る』を、 2018年7月12日に発売します。

 

『前川喜平「官」を語る』(宝島社)

『前川喜平「官」を語る』(宝島社)

前川氏は文科省の官僚トップに上り詰めながら、 天下り問題で辞任。 その後の記者会見で、 加計学園問題での「総理のご意向」文書の存在を認め、

「行政が歪められた」

と真正面から政権を批判、 その忖度しない生き方が話題となりました。 現在も全国各地で行う講演会は、 連日満員の人気です。

本書は、 前川氏が元朝日新聞編集委員でジャーナリストの山田厚史氏の質問に答える形で行った、

30時間にもおよぶインタビュー

をギュッと濃縮して一冊にまとめたものです。 なぜ官僚は次々と問題を起こすのか。 辞めた前川氏だからこそ語れる、 官僚の強さと弱さ。 「ウソ」を強要される官僚たちの悲劇。 また安倍政権下において、 政治と官僚の関係はどう変わり、 何が問題になっているのか。 そして官僚としてのあるべき姿など、 前川喜平氏が日本の「官」の本質を徹底的に明かします。

さらに加計学園の獣医学部新設をめぐる経緯。 与謝野馨、 保利耕輔、 田中眞紀子、 下村博文など、 文科省(文部省)の歴代大臣たちとのエピソード。 挫折から「不登校」体験もあった自らの生い立ち。 そして、 マスコミを騒がせた「出会い系バー通い」報道の真相、 辞任の原因となった「文科省天下り」問題に、 ライフワークである教育問題への取り組みまで、 余すところなく語っています。

特に加計学園問題については、 元官僚にしか語れない経緯の不自然さや、 「総理答弁」のミス、 さらに現在の獣医師の需給状況や、 別の“首相案件”まで、 38ページにわたり詳細に書かれています。

本の中で前川氏は、 政治の蓋が飛んだような現実に、 たった一人で筋を曲げずに立ち向かい、 喝采を受けながら、 それでも「私はそんな立派な人間ではない」と謙遜します。 いまの政治に疑問を持つ人はもちろん、 使命と現実の狭間でゆれる全ての人に読んでほしい「生きた参考書」が完成しました。
 

  • 「政治家をだます」官僚の秘技

  • 「なぜ在職中に戦わなかったのか」という批判

  •   文科省「前川授業不当圧力事件」の深層

  • 「官邸官僚」たちの政権支配

  • 「不当な支配」の主体は何か               など全57のテーマで語る!

前川 喜平(まえかわ きへい)
1955年奈良県生まれ。 東京大学法学部卒業後、 1979年文部省(現・文部科学省)入省。 文部大臣秘書官、 初等中等教育局財務課長、 官房長、 初等中等教育局長、 文部科学審議官を経て2016年、 文部科学事務次官。 2017年に退官。 現在、 自主夜間中学のスタッフとして活動。 全国各地で講演会を行う。

山田 厚史(やまだ あつし)
1948年東京都生まれ。 同志社大学法学部卒業後、 毎日放送ディレクターを経て1971年朝日新聞社入社。 経済部で大蔵省、 日本銀行、 金融業界などを取材。 その後ロンドン特派員、 ハーバード大学ニーマンフェロー、 『AERA』編集部、 経済担当編集委員を経て2008年退社。 現在フリージャーナリスト。
 

 

『前川喜平「官」を語る』

著者:前川喜平、 山田厚史
2018年7月12日発売
定価:本体1380円+税
判型:四六判

 

ページ数:223P

http://tkj.jp/book/?cd=TD284570

 





-ニュース
-,