プレスリリース

【TSプロモート株式会社】 京都・南座 2020年1月24日(金)〜2月4日(火)イマーシブシアター『サクラヒメ』〜「桜姫東文章」より〜 幅広いジャンルで多彩な才能を持つ実力派 出演者が決定!

公式サイトURL: https://kyoto-sakurahime.com/

◆イマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章より』~

日本最古の歴史を持つ劇場・南座にてイマーシブシアター初上演。
伝統を守りながら革新を続ける南座にて、 2020年1月、 さらに新たな試みが始まります!

“イマーシブシアター”は、 ニューヨークで話題を集め、 世界的に注目されている最新の演劇手法です。
国内では、 これまでにダンスカンパニー・DAZZLEの『Touch The Dark』、 現在上演中で話題を呼んでいるユニバーサル・スタジオ・ジャパンの『ホテル・アルバート』など数々上演されており、 日本でも人気を博しています。
イマーシブシアターはこれまでの、 着席して観る演劇ではなく、 出演者と一緒に観客も物語に入り込み参加することができる新感覚の演劇です。
この全く新しい演劇を、 日本最古の歴史を持つ劇場・南座で初めて上演致します。
“日本の伝統”と“最新型の演劇”の融合で全く新しいエンタテインメントを皆様にお楽しみいただきます!
今回上演する、 イマーシブシアター『サクラヒメ』~『桜姫東文章』より~ は、 死によって恋仲の相手と離れ離れになってしまった姫が転生し、 自らの前に現れた5人の男たちの中から運命の相手を見つけ出すという物語です。 同時多発的に行われるパフォーマンスにて、 5人の男性が1人の女性の愛を求めて争いあう愛憎劇を身近で目撃することができます。 歌舞伎の名作『桜姫東文章』を題材に新たに作り上げられる物語は、 歌舞伎ファンも親しみやすい世界観です。

また、 観客が5人の男性から運命の人を裁決(投票)する、 5種類のマルチエンディングを用意しており、 観客が物語の結末を決めることができるのです!まさに、 観客それぞれが主体的に参加する舞台です。

『サクラヒメ』の最大の見どころは、

  1. 人気急上昇中の“イマーシブシアター”を、 日本の大劇場として初めて上演。
  2. 1階客席椅子を取り外し、 床をフラット化させ、 観客と演者の境をなくす劇場の新機構を最大限に生かした演出で没入できる移動体験型の1階エリアと、 上から物語を俯瞰し運命の人を裁決(投票)できる着席鑑賞型の2・3階エリアとの、 二種類の観劇スタイルから選んでお楽しみいただく。
  3. 各回の観客がサクラヒメの運命の人を決め、 何度も楽しめる5種類のエンディング。
  4. 歌舞伎の演目『桜姫東文章』から材を得て、 松竹ならではの本格的な和の演出(日舞、 邦楽など)とストリートダンスの融合で表現されるオリジナル作品。

観客一人一人が物語に没入し、 自分だけのストーリーをつむぎながら、 かつてない体験をすることができます!

◆幅広いジャンルで一流の芸を持ったメンバーが集結!
お待たせいたしました!『サクラヒメ』出演者が決定いたしました!

転生し、 前世の記憶を頼りに運命の相手を探し求める本作のヒロイン。

元宝塚娘役スター、 退団後初の舞台!
純矢ちとせ <サクラヒメ>

東京都出身。
2003年に宝塚歌劇団に入団し、 宙組の娘役スターとして活躍。
日本舞踊と歌唱力に定評があり、 『やらずの雨』、 『逆転裁判2』でヒロインを勤める。
4作品でエトワールを演じ、 『エリザベート』では、 皇太后ゾフィー役を演じるなど、 宙組の実力派娘役として数々の大役を務める。
2019年7月『オーシャンズ11』で惜しまれながら退団。
また、 幼少期から日本舞踊を習い、 2003年に西川流名取となり西川鯉せいを名乗る。
2008年には西川流師範となる。

転生後のサクラヒメと巡り合う5人の魅力的な男性たち。 運命の人は、 あなた(観客)が決めるー!

数々の映像・舞台で大活躍!ハイレベルなタップダンスも披露!

川原一馬 <陰陽師>

1990年12月26日生まれ、 静岡県出身。
明るく端正なたたずまいで、 映像・舞台ともに活躍中。 主な出演作品に、 TV「初恋芸人」「ドS刑事」「隠蔽捜査」など。 また、 舞台は、 ミュージカル『テニスの王子様』、 ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』、 手塚治虫 生誕 90 周年記念 MANGA Performance W3、 ミュージカル『イヴ・サンローラン』、 『ALTAR BOYZ 2019』、 『絢爛とか爛漫とか』、 『In This House~最後の夜、 最初の朝』など数多く出演。
また、 音楽ユニット Carpe diem としてDJ活動もこなすなど多方面で活躍。 今回はリズム感を生かし、 フラット化したステージでのタップダンスも披露。 これまでにない陰陽師に挑む。
 

殺陣の達人!『ミュージカル 刀剣乱舞』で大活躍
荒木健太朗 <浪人>

1982年8月25日生まれ、 熊本県出身。
2015年驚異の大ヒット舞台『ミュージカル 刀剣乱舞』のトライアル公演で、 物語の主役の源義経役に抜擢。 その後、 2016年、 2017年、 2018年のフランス・パリ公演まで4年連続同役を務め、 「義経役はもう彼以外考えられない」と評されたその演技力と殺陣の凄さ・美しさで、 自身の代表作となる。
その他、 大ヒットシリーズ舞台『錆色のアーマ』、 『メサイア』、 『ミュージカル封神演義』など数多くの大人気舞台でメインレギュラーを務める。
 

2012年に米ニューヨークの「STEP YA GAME UP 2012」のヒップホップ部門で優勝!
世界 (EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE) <義賊>

1991年2月21日生まれ、 神奈川県出身。
2001年~2003年、 劇団四季『ライオン・キング』でヤングシンバ役を務める。 2014年4月27日 日本武道館にて開催された「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」FINALにて EXILE 新パフォーマーに決定。 2015年、 新生 EXILE 単独ツアー「EXILE LIVE TOUR 2015 “AMAZING WORLD”」出演。 2018年12月、 リーダーを務める FANTASTICS from EXILE TRIBE が「OVER DRIVE」でメジャーデビューし、 わずか11ヶ月で単独ホールツアーを開催。 2019年、 第33回日本ゴールドディクス大賞ベスト5ニューアーティスト賞(邦楽部門)を受賞。
 

世界記録保持者!驚異的な身体能力の持ち主
平野泰新 (MAG!C☆PRINCE) <鳶>

1995年2月15日生まれ、 愛知県出身。
リーダーを務める MAG!C☆PRINCE は7thシングル「SUMMER LOVE」にてオリコン週間ランキング1位を獲得。 テレビやラジオなど多数のレギュラーを持ち、 TVCMにも出演するなどマルチに活躍。 高校時代には、 男子新体操にて全国高等学校総合体育大会で団体優勝。 繊細かつ力強い表現力、 アクロバットで観客を魅了する。
TBS「最強スポーツ男子頂上決戦」ではモンスターボックス23段世界記録を達成。
 

イギリスでBest Performance Awardを獲得!
Toyotaka (Beat Buddy Boi) <町医者>

1987年11月5日生まれ、 大阪府出身。
HIPHOPクリエイティブ集団 Beat Buddy Boi としてストリートダンス世界一を獲得している。
最近ではHuman Beatboxerとして表現の幅も広げるだけでなく、 EXILE世界とのダンスチーム FTHEB のメンバーとしてアンダーグラウンドシーンでも活動中。
また、 植木豪率いる  BREAK FREE のメンバーとしても国内外で活躍している。

転生後のサクラヒメと巡り合う5人に試練を与える<盗賊>、 彼の前世にも秘密が・・・。

日本で最もイマーシブシアターを経験してきたダンサーが、 その真髄を魅せる!
高田秀文 (DAZZLE) <盗賊>

1982年9月15日生まれ、 埼玉県出身。
高校卒業後、 独学でダンスを始め、 後にavex artist academyへ。 様々なジャンルを学びコンテストやショーに挑戦する中でダンスカンパニーDAZZLEと出会い、 2013年に加入。
王道のストリートダンスだけに留まらず、 コンテンポラリーダンスや演技に近い表現を融合させた独特のダンススタイルを得意とし、 DAZZLE作品の中でも圧倒的な存在感を放つ。
また、 声優 宮野真守のライブツアーダンサーも務めておりPV出演などチームマモとしても活躍中。

人間たちの業の深さを時に憐れみ、 時に慈しみ、 見守りながら雲上人と人間の橋渡しをする存在。
物語全体を包み込む歌声を披露。

圧倒的歌唱力を持つ実力派!
新里宏太 <雲上の導者>

1995年9月9日生まれ、 東京都出身。
2011年開催 第24回 JUNON スーパーボーイコンテストファイナリスト。 コンテストでは「オリビアを聴きながら」を歌唱し、 潜在能力の高さを評価され、 プロダクションやレコード会社十数社からオファーを受ける。
メジャーデビュー曲「HANDS UP!」がフジテレビ系アニメ「ワンピース」主題歌に決定。 「第46回日本有線大賞」新人賞、 「第55回輝く!日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞。
アーティストとしてだけではなく、 役者としても活躍している。

◆『サクラヒメ』公演情報

公演名:イマーシブシアター『サクラヒメ』 ~『桜姫東文章』より~
製作:松竹株式会社
脚本・演出:DAZZLE
協力:キョードー
主催:TSプロモート株式会社
日程:2020年1月24日(金)初日→2月4日(火)千穐楽

※★は18:30開演
※全26回公演
※上演時間は約70分(予定)
※満4以上はチケットが必要

【会 場】

京都四條 南座
〒605-0075 京都市東山区四条大橋東詰
京阪電鉄「祇園四条」6番出口直結/阪急電鉄「京都河原町」1番出口徒歩約3分
JR「京都」からはお車(タクシー)が便利です(約15分)

【チケット料金(税込)】

1階エリア  7,700円(移動体験型)
2階エリア  5,500円(着席鑑賞型/指定席)
3階エリア  3,300円(着席鑑賞型/指定席)

【チケット予約受付開始日】

11月21日(木)10:00~
◆チケットホン松竹(10:00~18:00)
 0570-000-489 または、 06-6530-0333
◆チケットWeb松竹(24時間営業/発売初日は10:00~)
 パソコン・スマートフォンから: https://www1.ticket-web-shochiku.com/t/
◆窓口販売<11月23日(土)10:00~
 窓口発売所:南座・大阪松竹座・歌舞伎座・新橋演舞場
 ※窓口販売用のお取り置きはございません。

【公式サイト】

https://kyoto-sakurahime.com (日本語)
https://www.shochiku.co.jp/engeki/minamiza/sakurahime/en/ (英語)
https://www.shochiku.co.jp/engeki/minamiza/sakurahime/zh-tw/ (繁体字)
 

 

 

- プレスリリース
-, , , ,

Copyright© WMR Tokyo - アイドル、アニメ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.