プレスリリース

日本初「移動式VR映画館」の第一弾コンテンツ『えんとつ町のプペルVR』興行開始からわずか3ヶ月で動員数1万人突破!次なる舞台はフランス!

投稿日:

『Japan Expo 2019』代表作品に選出、ストーリー性とVR技術力が評価に

・「あっという間に別世界」-子ども連れ・若者に人気を博した『プペルVR』、
大阪、 東京、 兵庫、 神奈川、 開始3ヶ月で1万人動員。
・ストーリー性の高さとかぼちゃアバター通信など高いVR技術力を評価。
7月フランス開催の『Japan Expo2019』代表作品に選出。

Moonshot株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:萱嶋崇、 以下Moonshot)と株式会社Zero-Ten(本社:福岡県福岡市、 代表取締役:榎本二郎、 以下Zero-Ten)が制作・企画運営を行う「移動式VR映画館」第一弾コンテンツ『えんとつ町のプペルVR』の動員数が1万人を突破いたしました。 本作品は、 西野亮廣氏の著書で発行部数38万部を超える大人気絵本『えんとつ町のプペル(出版 幻冬舎)』を題材としたVRコンテンツです。 2019年2月から

大阪で興行を開始し、 東京・兵庫・神奈川での上映を経て今回発表の動員数を達成することができました。

主に子ども連れのファミリーの方々やカップルなどの若い方々にお越しいただき、 「普通に映像を見るのとは違う、 えんとつの上から落ちるかと思った」「椅子に座ってゴーグルをかけた瞬間にあっという間に別世界。 思わずのめりこみました」などご好評をいただいております。

現在は、 横浜駅直通のエンターテインメントビル「ASOBUILD(アソビル)」にて上映中(※1)です。

※1:ASOBUILD公式サイト参照( https://asobuild.com/news/989/

 

 

ファミリー・若者を中心に動員数1万人を突破。

ファミリー・若者を中心に動員数1万人を突破。

 

360度どこを見てもえんとつ町の世界が広がる。

360度どこを見てもえんとつ町の世界が広がる。

『プペルVR』次なる舞台はフランス!『Japan Expo2019』代表作品に選出!
ストーリー性の高さとかぼちゃアバター通信など高いVR技術力が評価に。

原作絵本の物語を表現したVRのストーリー性とアバター連携などのVR技術の高さを評価いただき、 7月にフランスで開催される『Japan Expo2019』の代表作品に選出いただきました(※2) 。 本作品は「ABAL:DINOSAUR(※3)」などを手がけた尾小山良哉(Moonshot COO)が監督をつとめ、 約15分の物語を展開。 参加者全員が”かぼちゃアバター”としてバーチャルな世界の中で物語をリアルタイムに共有体験できるAbalシステム(※4)を用いており、 ユーザー同士で”一緒に”物語の中へ没入することができます。

 

自身もかぼちゃアバターとして物語に参加できる。

自身もかぼちゃアバターとして物語に参加できる。

また、 高技術を誇るエンジニアにより絵本の世界を忠実に再現したことで、 360度どこを見渡しても『えんとつ町のプペル』の物語の世界を体感できるつくりになっています。 今後は「移動式VR映画館」の特徴でもある「どこでもVR」を体験できる強みを活かしながら、 全国各地の商業施設や飲食店、 または学校など、 より多くの場所でコンテンツの提供を目指してまいります。

※2:Japan Expo2019 公式サイト( http://www.japan-expo-france.jp/jp/
※3:参考:「バーチャルを楽しむ」ためのエンタメメディア『MoguLive 』より「6人で一緒にVRの恐竜世界を歩き回る『アバル:ダイナソー』体験レポ」( https://www.moguravr.com/vr-abal-dinosaur-2/
※4:ABAL 公式サイト( https://www.abal.jp/

●『えんとつ町のプペルVR』興行に関するお問い合わせ:poupelle@thevrtheater.jp
●過去のプレスリリースはこちら( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000014467.html

 

■    「移動式VR映画館」とは?

劇団が日本全国、 世界各地を巡業するように、 本「移動式VR映画館」も各地を周り、 上映していきます。
映画館というと、 これまでは1つの場所に固定されたスクリーンと音響設備でしたが、 VRの世界ではスクリーンは施設に設置するものではなく、 鑑賞者が装着します。 したがって、 スクリーン(VRではVRヘッドセット)と音響設備を各地に持ち歩くことで、 商業施設や飲食店、 または学校などどこでも上映を行うことができるようになりました。 【公式サイト: http://thevrtheater.jp

■    About Moonshot

インターネット動画広告配信の実績をもつ萱嶋とVRコンテンツをはじめとするCG制作の演出に長ける尾小山によるVR Studio「Moonshot」。 萱嶋は株式会社サイバーエージェントにて子会社代表として国内初の動画ダイナミック広告配信LODEOをリリース。 一方尾小山は恐竜の世界におけるフリーロームVR「Abal:dinosaur」や宇宙空間フリーロームVR「MEGASTAR JAURNEY」など数多くのVRコンテンツを監督。 今回Moonshotとして「えんとつ町のプペル」VRはコンテンツ制作第一弾。 物語の中に“入り”、 物語を“伝える”VRコンテンツに挑戦する。

■    About Zero-Ten  

プロジェクションマッピング、 映像、 ブランディング、 イベント運営企画など幅広い分野に対応し、 実制作を含めたクリエイティブ活動を行うプロデュース集団。 元来パブリックアートをルーツに持ちながら、 特定の場所やカテゴリーにとどまらない広範な制作活動・表現活動を行っている。
・「絹谷幸二天空美術館」3D 映像制作
・京都国立近代美術館 “色彩とイメージの旅 絹谷幸二” 特別演出プロジェクションマッピング映像製作
・キャナルシティアクアパノラマ映像企画演出
・「軍艦島デジタルミュージアム」総合プロデュース
・「HAKATA SAKURA」
・「博多ライトアップウォーク・冷泉小学校プロジェクションマッピング」
                                                                  ・「虎屋本店ライトアップ」
                                                                  ・「キャナルシティ博多クリスマスイルミネーション」
                                                                  ・『DRUM TAO』 全国ツアー 2016「DRUM TAO 舞響~ Buky
                                                                      o ~ 踊る◯太鼓」 etc

■    Moonshot会社概要

商号   :Moonshot株式会社
所在地  :東京都千代田区神田小川町2-3-13 m&cビル3F
代表者  :萱嶋 崇
設立   :2016年11月14日
公式サイト: http://www.moonshotinc.co.jp/

■    Zero-Ten会社概要

商号   :株式会社Zero-Ten
所在地  :福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル 1F
代表者  :榎本 二郎
設立   :2011年9月9日
公式サイト: http://zeroten.jp/

《 本件に関するお問い合わせ先 / 取材申し込み先 》
Moonshot株式会社 広報担当:西 TEL:080-9507-9020 / MAIL:info@moonshotinc.co.jp
株式会社Zero-Ten 広報担当:小松 TEL:080-3318-0550 / MAIL:info@zeroten.jp

 



-プレスリリース
-,

Copyright© WMR Tokyo - アイドル、アニメ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.