医療HIFU(ハイフ)の教科書

ハイフリニアの脂肪への効果はいつから?痛いの?間隔、頻度、ダウンタイムについても解説

ハイフリニア(HIFU)とは

ハイフリニアは「あご下の脂肪を減らして、スッキリ小顔」に最適!

ハイフリニア(HIFU)とは、脂肪除去に特化した「医療ハイフ」のことです。
ハイフリニアでは、「ULTRAcel Q+」という機器に装着可能な新技術のカートリッジである「リニアファーム(LinearFirm)」を使用します。
このハイフリニアでは約58℃で「線(リニア)状」に照射する事で、約6倍もの体積に熱を加えることで広範囲に熱が伝わり、脂肪層にしっかりと熱を加えます。
そのため、脂肪細胞を溶解することができ、頑固な脂肪による二重あごを改善が期待されます。

ハイフとハイフリニアの違い

通常のHIFUはSMAS筋膜・表皮浅層・皮下組織をターゲットです。
リニアカートリッジは”脂肪層”がターゲットとなるので脂肪による二重アゴやたるみ・もたつきにが期待されます。

  • 筋膜の引締め・引き上げに大きな効果が期待されるのがハイフ
  • 頑固な脂肪による二重あごの改善が期待されるのがハイフリニア

ハイフは、高温(約65℃)で「点(ドット)状」に超音波を照射することで、コラーゲン組織の再生や筋膜の引締め・引き上げに大きな効果がありました。
ハイフリニアでは約58℃で「線(リニア)状」に照射する事で、約6倍もの体積に熱を加えることで広範囲に熱が伝わり、脂肪層にしっかりと熱を加えるため、頑固な脂肪による二重あごの改善が期待されます。

ハイフリニアは痛い?

ハイフリニアは従来のハイフよりも痛みを感じづらいとされています。
従来のハイフの点状照射の温度は63℃前後でしたが、リニアファームは脂肪溶解に十分な温度である58℃前後でターゲットを熱します。
そのため従来のハイフよりもさらに痛みの感じづらいことが期待されます。
また、同じく脂肪細胞を溶解する脂肪溶解注射のように何回も顔に針を刺す必要もないため、脂肪溶解注射よりも痛みがないのもハイフリニアの特徴です。
若干チクチクとした痛みなどもありますが、個人差があります。

ハイフリニア(HIFU)のショット数は?

ハイフリニアの1ショットはこれまでのハイフ(点状照射)の約6倍です。
今までの配布よりも照射範囲は広がり、脂肪減少効果もパワーアップしています。

ハイフリニア(HIFU)の照射可能部位は?

ハイフリニアは、特にあご下やあご周り、フェイスラインなど皮下脂肪の多い箇所で効果が期待されます。
二重顎の改善や顔の脂肪を減らし、引き締めることで小顔効果が得られ、若返った印象を与えることが期待されます。

ハイフリニア(HIFU)の効果はいつから

ハイフリニア(HIFU)は、施術直後から引締め効果が期待されます。
ハイフリニアは脂肪層を溶解し、数か月かけて新陳代謝により排出し、もたつく脂肪をボリュームダウンさせるので、二重あごの治療におすすめです。
溶解した脂肪は血管やリンパ腺を通じて排出され、自然とボリュームがダウンします。
また破壊された脂肪細胞は再生されないため、リバウンドも起こりにくいそうです。
リニア照射は、SMAS(筋膜)まで届き脂肪溶解を促すため、顎や頬下など脂肪が蓄積しやすい部分が適しています。
二重あごの脂肪吸引を検討している方、脂肪溶解注射で満足いかなかった方にはハイフリニアを試してみることをおすすめします。

ハイフリニア(HIFU)の間隔や頻度は?

ハイフリニア(HIFU)の間隔や頻度について解説します。
ハイフリニアは、2週間おきに数回リピートすることで、さらに効果が高まることが期待されます。

ハイフリニア(HIFU)のダウンタイムは?

ハイフリニアにはダウンタイムがほとんどありません。
切らない、注射も打たない、さらに施術時間が短く、肌表面を傷つけず肌の奥に熱を届けるため、ダウンタイムがほとんどありません。
また、ハイフリニア直後からメイクが可能です。
メスを使わない切らない施術であり、薬剤を使わないためダウンタイムもほとんどなく施術直後からのメイクも可能です。
すぐに日常生活に復帰することが可能です。

ハイフリニアはこんな方におすすめ

  • 顔の余白を減らしたい方
  • 切らずに小顔になりたい方
  • 顔の脂肪を減らしたい方
  • シャープな輪郭になりたい方
  • ダイエットとしても顔が丸い方
  • 二重あご、フェイスラインをスッキリさせたい方
  • 輪郭をはっきりさせたい方
  • 痛みやダウンタイムが伴う脂肪吸引や脂肪溶解注射が苦手な方
  • モデルのような小顔に憧れている方
  • 輪郭がぼんやりしている方
  • 注入治療以外で顎下の脂肪を減らしたい方
  • 短時間の治療がしたい方

ハイフリニアが安い!おすすめ美容外科クリニックはどこ?

ハイフリニアが安い!おすすめ美容外科クリニックは以下の通りです。
医療ハイフができる美容外科クリニックはたくさんありますが、ハイフリニアが可能な美容外科クリニックはまだ少ないです。

病院名 湘南美容外科クリニック 聖心美容クリニック
プラン名 輪郭スッキリQ+~脂肪溶解リニアHIFU~ ドクターハイフ(ウルトラセルQプラス)頬+あご (リニア)
料金(1回) 30,000円 60,500円
料金(3回) 84,000円(1回あたり28,000円) 163,350円(1回あたり54,450円)
適応部位 フェイスライン、二重あご フェイスライン、二重あご
ダウンタイム なし なし
症例写真 湘南美容外科クリニック公式サイトにあり 聖心美容クリニック公式サイトにあり
クリニックの数 日本・海外で98院 全国9院
支払い方法 現金・クレジット・メディカルローン 現金・クレジット・メディカルローン
公式サイト

ハイフリニアが安い!全国のおすすめ美容外科クリニックはどこ?

no image

美容外科

ハイフリニアが安い札幌のおすすめ美容外科クリニックはどこ?

ハイフリニア(HIFU)とは ハイフリニアは「あご下の脂肪を減らして、スッキリ小顔」に最適! ハイフリニア(HIFU)とは、脂肪除去に特化した「医療ハイフ」のことです。 ハイフは、高温(約65℃)で「 ...

no image

美容外科

ハイフリニアが安い福岡のおすすめ美容外科クリニックはどこ?

ハイフリニア(HIFU)とは ハイフリニアは「あご下の脂肪を減らして、スッキリ小顔」に最適! ハイフリニア(HIFU)とは、脂肪除去に特化した「医療ハイフ」のことです。 ハイフは、高温(約65℃)で「 ...

no image

美容外科

ハイフリニアが安い名古屋のおすすめ美容外科クリニックはどこ?

ハイフリニア(HIFU)とは ハイフリニアは「あご下の脂肪を減らして、スッキリ小顔」に最適! ハイフリニア(HIFU)とは、脂肪除去に特化した「医療ハイフ」のことです。 ハイフは、高温(約65℃)で「 ...

no image

美容外科

ハイフリニアが安い大阪のおすすめ美容外科クリニックはどこ?

ハイフリニア(HIFU)とは ハイフリニアは「あご下の脂肪を減らして、スッキリ小顔」に最適! ハイフリニア(HIFU)とは、脂肪除去に特化した「医療ハイフ」のことです。 ハイフは、高温(約65℃)で「 ...

no image

美容外科

ハイフリニアが安い東京のおすすめ美容外科クリニックはどこ?

ハイフリニア(HIFU)とは ハイフリニアは「あご下の脂肪を減らして、スッキリ小顔」に最適! ハイフリニア(HIFU)とは、脂肪除去に特化した「医療ハイフ」のことです。 ハイフは、高温(約65℃)で「 ...

ハイフリニアの副作用・リスク

施術名:ハイフリニア
施術の説明:焦点式超音波エネルギーを応用することで、これまでのアプローチでは難しかった脂肪溶解を可能にし、メスを使わず、薬剤も打たずできる脂肪溶解施術。
施術の副作用(リスク):発赤・硬結・知覚鈍麻・熱傷を生じる可能性があります。

-医療HIFU(ハイフ)の教科書

© 2020 WMR Tokyo