PR:

PR:

プレスリリース

GA technologies、川崎フロンターレとスポンサー契約を締結

投稿日:

~拡大を続ける5.5兆円のスポーツ市場にスポーツテックを用いて挑む~

ユニフォームスポンサー契約を締結する他、 アスリートのセカンドキャリア支援、 テクノロジーを活用したスポーツビジネスや選手のパフォーマンス向上への貢献など、 スポーツテック領域でのサポートにも取り組む。
川崎フロンターレのU-18チームに所属し、 U-18日本代表のキャプテンも務めたGA technologies取締役の樋口大と、 同じくU-18時代にプレーをしていた吉田勇樹トップチームコーチが出演するスペシャルムービーも公開。 ~9月15日、 川崎フロンターレホームゲームにてサポーターにもお披露目~

<画像:Renosyロゴの入ったフロンターレユニフォーム>

<画像:Renosyロゴの入ったフロンターレユニフォーム>

AIを活用した中古不動産流通ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を運営する株式会社 GA technologies [ジーエーテクノロジーズ](本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:樋口 龍、 証券コード:3491、 以下当社)は、 9月14日(金)、 Jリーグクラブ加盟チーム「川崎フロンターレ」(運営:株式会社川崎フロンターレ、 所在地:神奈川県川崎市、 代表取締役社長:藁科 義弘、 以下、 川崎フロンターレ)と2018ユニフォームスポンサー(鎖骨)契約を締結いたしました。

当社取締役の樋口大は、 2002年~2008年まで川崎フロンターレのU-18に所属、 U-18日本代表のキャプテンも務めていました。 社会人となり、 代表取締役社長の樋口龍とともに当社を設立したのちも、 育ててくれた川崎フロンターレに、 「いつかどんな形かで恩返しをしたい」という強い思いがあり、 当社は、 この度、 スポンサーという形で支援させていただくことになりました。 当社では、 ユニフォームスポンサー以外にも、 アスリートのセカンドキャリアの支援、 テクノロジーを活用したスポーツビジネスや選手(ユースを含む)のパフォーマンス向上に貢献するサポートなど、 スポーツテック領域にも取り組んでいきたいと考えております。

スポーツ庁によると、 日本のスポーツ市場は2012年現在で5.5兆円の市場規模から、 2020年には10.9兆円、 2025年には15.2兆円に成長すると試算されております。 (※スポーツ庁「新たなスポーツビジネス等の創出に向けた市場動向」より) 当社は、 拡大するスポーツ市場に対しアプローチするきっかけとして、 本スポンサーシップの取り組みを活用すべく考えております。

9月15日(土)のホームゲームでは新ユニフォームがお披露目になる他、 当社取締役樋口大と、 U-18時代をともにした吉田勇樹トップチームコーチが久々の再会を果たし語り合う、 スポンサー就任ムービーを公開いたします。

・ユニフォームロゴ掲出時期:9月15日(土)明治安田生命J1リーグ(北海道コンサドーレ札幌)より
・スペシャルサイト: https://frontale.renosy.com/
・スペシャルムービー:「ただいま、 川崎フロンターレ。 」RENOSY × 川崎フロンターレ

<動画URL: https://youtu.be/zzYk1qq3uOs >

・株式会社川崎フロンターレ 代表取締役社長 藁科義弘氏のコメント

「このたび、 株式会社GA technologies様にユニフォームの鎖骨スポンサーとしてご協賛いただくこととなりました。 今回のお話を進めていく過程で、 非常に情熱溢れる魅力ある企業であり、 これからの10年、 20年という新しいフロンターレの歴史を、 共に作り上げていく・歩んでいくパートナーとして最適であると感じました。
取締役の樋口大さんは弊クラブで中学・高校時代を過ごしたアカデミー出身者です。 弊クラブでは、 トップチームの選手だけではなく、 アカデミーの選手も、 共に歩んだ大切なフロンターレファミリーとして、 ご縁に心から感謝し、 その糸を大切に大事に紡いでいます。
それだけに、 このような形でまた新たに手を携えて共に歩んでいけること、 何より嬉しく思っています。 サポーターの皆さん、 私たちの大切な家族がとても立派になって帰ってきてくれました。 非常に大きな戦力補強であると感じています。 このご縁が両社にとってより良いものとなるように日々精進して参りますので、 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 」

・川崎フロンターレ 吉田勇樹コーチコメント

「この度、 株式会社GA technologies様にクラブのスポンサーになっていただきました。 本当に感謝をしています
経営に携わる取締役の樋口大さん、 フロンターレのジュニアユース(現U-15)の頃から共に切磋琢磨してきた仲間です。 まさにフロンターレファミリーです。
フロンターレU-18を卒業後、 それぞれが違う道を進むことになりましたが、 その時の縁がきっかけで、 形は違いますがまた一緒にパートナーとして、 ファミリーとして一緒にお仕事をさせていただくことになりました。
株式会社GA technologies様と両者のメリットを生かしながら、 成長してければいいと思います。
私たちクラブスタッフはサッカーの強いフロンターレ、 そして地域に社会貢献しながら、 川崎から日本を代表するクラブを目指していきたいと思います。 これから新しいスタートが始まりますが、 宜しくお願いします。 」

・株式会社GA technologies取締役 樋口大のコメント

「私は、 中学1年から高校3年まで、 フロンターレのジュニアユース(中学)、 ユース(高校)に所属していました。 等々力陸上競技場で川崎フロンターレのトップチーム選手としてプレーすることを夢見て、 毎日ひたすらボールを蹴っていましたが、 その夢は叶うことはなく、 プロサッカー選手になることを諦めました。 本当に大好きで自分を育ててくれたフロンターレに恩返しがしたい。 私にとって青春のすべてであったフロンターレと、 また同じ夢を追いかけたい。 サッカーをやめてからも、 そう思い続けてきました。
そして5年前、 兄の樋口龍とともにGA technologiesという会社を設立しました。 それから、 川崎フロンターレでサッカーをやっていた時と同じように一生懸命に仕事をし、 今日、 スポンサーという立場で川崎フロンターレに戻ってくることができました。 10年前には叶えられなかった、 トップチームの選手として等々力のピッチに立つ夢を、 10年たった今、 選手の左胸にRENOSYのロゴを刻むことで叶えることができました。
今日からは川崎フロンターレのサポーターのみなさまと一緒に、 川崎フロンターレを応援できるのが本当にうれしいです。 」

<左:フロンターレ時代の樋口大、  右:吉田コーチ、  樋口大、  安藤選手、  (C)KAWASAKI FRONTALE>

<左:フロンターレ時代の樋口大、 右:吉田コーチ、 樋口大、 安藤選手、 (C)KAWASAKI FRONTALE>

◆ GA technologies会社概要

社名:株式会社 GA technologies
URL:www.ga-tech.co.jp
本社:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア 8F
設立:2013 年3 月12 日
代表者:代表取締役社長 樋口 龍
資本金:1億円
事業内容:
・中古不動産流通プラットホーム「Renosy」の開発・運営
・AIを活用した不動産業務支援ツール「Techシリーズ」の開発・運営
・不動産オーナー向けアプリ「Renosy Insight」の開発・運営
・中古区分マンションの投資型クラウドファンディングサービスの開発・運営
・クラウド型施工管理サービスの開発・運営



-プレスリリース
-, , , , , ,

Copyright© WMR Tokyo - Jリーグ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.