プレスリリース

本田圭佑氏が最初の投資家として参画!外国人と日本人の共同生活で「住」の課題を解決するホームシェアサービス「Homii(ホーミー)」サービス提供を開始




株式会社ダイバーシーズ(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:洪 英高)は、 3月27日(水)より、 自宅の空き部屋を外国人に貸して共に住むホームシェアサービス「Homii (ホーミー)」を開始いたします。
また、 本田圭佑氏が代表を務めるKSK Angel Fund、 及び複数の個人投資家等を引受先とする第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。

「Homii ( ホーミー)」公式サイト: https://homii.jp/lp/host

◆「Homii(ホーミー)」について

「Homii(ホーミー)」は、 自宅の空き部屋を外国人に貸して共に住むホームシェアサービスです。
住む場所を探している外国人ゲストは、 WEB上で自宅の空き部屋を提供しているホストとのマッチングが成立すれば、 ホストの自宅に最短1ヶ月間から住むことができます。
ゲストは「Homii(ホーミー)」を介してホストに謝礼を支払うというモデルで、 煩雑な契約手続きや初期投資なしで手軽に住む場所を見つけることができる、 ホームステイプラットフォームとなっております。

一方ホスト側には、 食事提供や清掃に関する規定を設けなかったり、 ゲストからの謝礼制度を採用したりと、 従来のホームステイサービスよりもゲスト受け入れの負担を軽くする仕組みを作りました。 長期滞在を予定している外国人のホームステイに特化しているため、 民泊という扱いにはならず、 自治体への届出をせずともホスティングを開始することができます。
 

このように、 滞在先を探している外国人ゲストと、 外国人と生活したいホストとのマッチングを促し、 お互いが家族や友人のような親しい関係を築くことができる仕組みをつくることで、 現在の日本社会において様々な生きづらさを抱える外国人と日本人の心の距離を近づけ、 共存できる社会を目指しています。

<安心安全にご利用いただくために>

  • Homiiは全ゲストを対象に、 予約の前に個人情報の入力と身元の確認を徹底しています。
  • スマホで扉の開け締めができるシステムを提供しているので、 鍵の受け渡しの必要はありません。
  • ゲストが支払う謝礼は居住開始前にHomii運営がお預かりするため、 お金のトラブルを防止します。

◆社会的背景

日本で暮らす外国人は年々増加しています。 2020年の東京オリンピック開催、 そして、 今年4月に施行が決まっている入管法改正案の影響もあり、 日本に移住する外国人は今後も急激に増えることが予想されています。 しかしながら、 現在の日本では、 外国人であるという理由だけで、 スムーズに契約ができない、 不当な条件で契約をせざるを得ないといった問題が発生しているという事実もあるのです。

2017年6月に法務省が発表した「外国人住民調査報告書」によると、 過去5年間で日本で住む家を探したことのある外国人のうち、 39.3%が「外国人であることを理由に入居を断られた」経験がある、 41.2%が「日本人の保証人がいないことを理由に入居を断られた」経験がある、 26.8%が「『外国人お断り』と書かれた物件を見たので、 あきらめた」経験があるという結果が出ており、 多くの外国人が住環境に悩みを抱えていることがわかります。

私たちが提供する「Homii(ホーミー)」を使うと、 外国人ゲストは、 WEB上で条件の合うホストを探しマッチングが成立すれば、 煩わしい契約や敷金礼金なしですぐにホームステイをはじめることができます。
「Homii(ホーミー)」は、 日本でホームステイをする外国人の生活支援を行うと共に、 外国人と日本人とのより良い交わりを生み出すことを目的としています。

◆サービスリリースにあたっての思い(代表 洪 英高 より)

弊社は、 「誰もが生まれも育ちも違う人たちと家族や友人になれるような、 深い結びつきが生まれる場を世界中に創る」というミッションに向かって事業を行っています。

創業者である私は、 在日外国人として人種差別に苦しめられた原体験があり、 幼少期から国籍問題に悩まされてきました。 そんな悩み続けてきた私の人生を大きく変え、 豊かなものにしてくれたのが、 文部科学省が展開する留学プログラム「トビタテ留学Japan」を通じたアメリカでの国際交流体験です。 留学を通して、 国籍や肌の色は紙切れに等しいということを学びました。

その経験を経て、 「どうしたら国や文化を越えて、 理解し合うことができるのか?」という問いに向かい続け、 「Homii(ホーミー)」のサービスリリースに至りました。
私たちは、 世界中の人々が国籍や文化の違いによる心の距離を縮め、 お互いが多様な価値観を寛容し合えると信じて事業展開をして参ります。

アメリカ留学中の代表(中央)

アメリカ留学中の代表(中央)

  

◆第三者割当増資について

この度、 本田圭佑氏が代表を務めるKSK Angel Fund、 及び複数の個人投資家等を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。 今回実施しました第三者割当増資の引受先は以下の方々となります。

本田圭佑氏(KSK Angel Fund代表)
野口圭登氏(株式会社Vapes代表取締役社長)
黒越誠治氏(株式会社デジサーチアンドアドバタイジング代表取締役)
加藤將倫氏(株式会社Progate代表取締役社長)
村井謙太氏(株式会社Progate創業者)
南部旭彦氏(株式会社Progate取締役)
他個人投資家

投資家からのコメント

《KSK Angel Fund本田圭佑 氏》

出資を決めたのは約1年半前になるのですが、 当初はアイデアしかなく、 差別をなくしたい!と本気で言う洪さんに共感して出資を決めました。 Homii(ホーミー)はホームステイプラットホームであり、 しかも簡単にホスティングできるのが強みです。 この強みを以て今まで以上にグローバルで境界のない世界を実現してくれるのではないかと思っています。

《株式会社 Vapes代表取締役社長 野口圭登 氏》
おそらく洪社長が起業家として1番悩んでいた時期にお会いしたのですが、 「なんだかほっとけないなー」と思ったのが、 はじめの印象でした。
段々話を深めていくうちに、 どんなに事業が変わったとしても逃げずに確実にやり続けるであろうと思わせるその熱意に心を打たれ、 今回出資をいたしました。
Homiiは、 多様性溢れるチームDiverseasにしかできない素敵な事業だと思うので、 是非社会に根付くよう心から応援しています。

《株式会社デジサーチアンドアドバタイジング 黒越誠治 氏》
自分の家に留学生が、 ホームステイする。 自分の子供も国際化する。 自然と多様性が身につく。 そんな素敵なサービスだと思い応援したくなりました。

《株式会社Progate 加藤將倫 氏》
洪くんは普段話していることはあまり意味がわかりませんが、 一度信じたことをがむしゃらにやり遂げる力は誰よりもあります。 そんな洪くんが本気で考え抜いて、 やり遂げると決めた事業がHomiiだと思います。 素晴らしいチームと魅力的な創業者、 そしてHomiiの目指す世界に可能性を感じ、 今回少額ですが応援させていただきました。

《株式会社Progate 南部 旭彦 氏》
スマートなタイプではないけど、 腹落ちするまで深掘りする胆力を持っている。 会話してると(ムカつくほど)「なんでなんですか?」と問い続けてくる。 自分の感情や考えに対しても、 「なんでなん?」と問い続ける。 そんな彼が「腹落ちした」と自信をもって言ったこの事業アイデアは、 必ず実を結ぶと思います。

------------------------- 
<会社概要>
名称:株式会社ダイバーシーズ
所在地:東京都渋谷区4-20 恵比寿ガーデンプレイス27F
設立:2018年1月15日
事業内容:Webサービスの企画・開発・運営
代表者:代表取締役 洪 英高(こう ひでたか)
URL: https://diverseas.co.jp/







- プレスリリース
-, , , ,

Copyright© WMR Tokyo - Jリーグ , 2020 All Rights Reserved.