プレスリリース

売行好調につき重版決定!『こどもロジカル思考 なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本』

株式会社カンゼンは10万部を超えるベストセラー『こどもSDGs なぜSDGsが必要なのかがわかる本』のシリーズ書籍として
2021年9月に『こどもロジカル思考 なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本』(茂木秀昭監修/バウンド著)を発売。 好調に売れ続けているため、 重版を決定。 本日、 12/2に重版出来となりました。

 

「ロジカル思考」とは、 ものごとを整理して筋道を立てて考えることです。
これから人生を歩んでいくと、 いろいろな問題が起こります。 その問題を解決するときに役立つのがロジカル思考です。

生きていくといろいろな人と出会います。 どんな相手にでも自分の考えをうまく話して伝えるためにも、 ロジカル思考が必要になります。

論理的な考え方を育むことで、 論理的な話し方を身につけることができます。 マニュアル思考でもなく、 誰かの受け売りでもなく、 自分の頭で考えることが大切です。 そのことがものごとを探求する習慣、 問題を解決するものの見方を育み、 やがて“生きる力”となっていきます。

 これから大人になっていくこどもたちが、 よりよい社会生活を送るために身につけるべき力、 それがロジカル思考です。
 

  • 商品概要

 

こどもロジカル思考
なぜ論理的に考えることが大切なのかがわかる本

監修 茂木秀昭(都留文科大学文学部国際教育学科教授)
著者 バウンド
判型 A5 ページ数 128
定価 1,430円(税込)
ISBN:9784862556134
出版社 カンゼン
発売日 2021年9月13日

本シリーズの売上げの一部は「一般社団法人こども食堂支援機構」を通じて全国のこども食堂支援に使われます。

 

  • 本文イメージ

 

 

 

 

  • 「はじめに」

論理的に書いたり、 話したりするには、 まず論理的に考えられなくてはなりません。 論理力を身につける最も効果的な方法はディベートという探究のための討論手法を学ぶことです。

本書は、 ディベートから学べるロジカル思考のエッセンスについて、 小学生でも学べるようにわかりやすく書かれたものです。 ロジカル思考を身につけるには、 日ごろの実践も欠かせません。 「なぜ」「どうして」という素朴な疑問や好奇心を大事にして、 課題を探究して、 問題の本質や解決策を探ったり、 真実を見出していく。 その学びのプロセスのなかで、 他人に質問したり、 一緒に議論していくことで、 自分だけでは気づかなかったことを発見することもできます。

アイデアを組み立てたり、 他人を説得したりして、 最終的に問題解決へとつなげていける、 そうしたロジカルな思考力とそれに基づくコミュニケーション能力が、 21 世紀の、 情報過多で、 変化が激しく、 正解のない社会で、 合理的な最適解を導き出す手法として求められているのです。

(本書「はじめに」より)
 

  • 監修者

茂木秀昭(もてぎ・ひであき) 都留文科大学文学部国際教育学科教授

1960年群馬県太田市生まれ。 慶応義塾大学文学部英米文学科卒業。 コロンビア大学大学院修士課程修了。 京都ノートルダム女子大学文学部コミュニケーションコース講師、 自治医科大学医学部准教授(英語研究室)を経て現職。 専門は異文化コミュニケーション。 日本や欧米の言論風土及び文化とコミュニケーションに関する研究を進めている。 KUEL、 東西大学対抗などの英語ディベート全国大会やフジテレビ「ディベート」のグランド・チャンピオン大会等、 数々の優勝経験があり、 教育ディベートの啓蒙、 普及活動をおこなっている。 『ザ・ディベート』(ちくま新書)、 『ロジカル・シンキング』(PHP研究所)、 『ビジネス・ディベート』『ロジカル・シンキング入門』(日本経済新聞出版)、 『論理的な話し方が面白いほど身につく本』(KADOKAWA)ほか著書多数。

 

  • 累計発行部数19万部!カンゼン「こどもシリーズ」

 

<ご購入はこちら>

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4862556132/

楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16782747/

 

楽天モバイルでスマホ代を節約

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!
スマホ代にお悩みのあなたに朗報です。
楽天モバイルなら、1年間無料キャンペーンを実施中!!
詳しくは、楽天モバイル公式ページへ!!

もっと知りたい!楽天モバイル

販売端末一覧




二重(LINEお友達登録)

-プレスリリース

© 2022 WMR Tokyo - エンターテイメント