プレスリリース

一般社団法人日本セキュリティトークン協会主催のセキュリティトークンビジネスアイデアコンテストに協賛

2020年9月2日




株式会社ブロックチェーンハブ(所在地:東京都中央区、 代表取締役:増田一之、 以下「弊社」)は、 一般社団法人日本セキュリティトークン協会(所在地:東京都中央区、 代表理事:並木智之・増田剛、 以下「JSTA」)が主催するセキュリティトークンビジネスアイデアコンテスト(以下「本コンテスト」)に協賛します。

弊社はブロックチェーンを活用した新事業の創造をミッションとして2016年1月に創業しました。 弊社はアントレプレナーシップ(起業家精神)こそがイノベーションの原動力であると考えています。 2017年2月に日本初のブロックチェーン専門の創業支援拠点を設置(東京都渋谷区(当時))し、 2019年10月には客員起業家制度(EIR)を導入し、 一貫して起業家の創業支援に取り組んできました。

本コンテストは、 「セキュリティトークンで新たなマーケットを拓け!」をテーマに、 セキュリティトークン技術を用いた新たなビジネスモデル・プロダクトの創出を目指すものです。 本コンテストをきっかけに、 セキュリティトークン関連のビジネス領域において起業を志す方々を支援できれば幸いです。

本コンテストWebサイト: https://securitytoken.or.jp/contest2020/
アイデア募集期間:2020年9月1日(火)~2020年10月30日(金)

◆ セキュリティトークンとは(JSTAによる定義より引用)
ブロックチェーンネットワーク上で発行されるデジタルトークンのうち、 有価証券その他の資産や価値の裏付けを有するものを指す。 ブロックチェーンの特性を活かし、 裏付資産に対する権利をボーダーレスかつセキュアに移転可能とする。 日本法上では、 典型的には金融商品取引法上「電子記録移転有価証券表示権利等」と定義されるものを指すが、 JSTAでは、 同法の適用のない資産等に対する権利をトークン化したもの及び当該権利を表示するトークンをも広くセキュリティトークンの定義に含む。

◆ 株式会社ブロックチェーンハブについて
「ブロックチェーン技術を用いた新事業の創造」をミッションに掲げ、 1.ブロックチェーン技術関連の教育- Blockchain Academy、 2.コーポレート会員制度を軸にしたビジネスコミュニティ(三井不動産株式会社・日本IBM株式会社・デロイトトーマツコンサルティング合同会社など17社が登録)の運営・事業開発支援、 3.起業家候補生の創業支援- Blockchain Business Incubation、 を展開。 同社スタートアップメンバーコミュニティには、 主に創業支援プログラムの下で設立された企業が加盟し、 ブロックチェーン等の先端技術を活用したプロダクト・サービスの開発に取り組む。

【代表者】代表取締役 増田一之
【設立】2016年1月
【所在地】東京都中央区日本橋本町4丁目8番16号千城ビル5階
【URL】 https://www.blockchainhub.co.jp
【SNS】 Facebook: @blockchainhubinc / Twitter: @blockchainhubjp

◆ 本プレスリリースに関する問合せ
info@blockchainhub.co.jp







- プレスリリース
-,

Copyright© WMR Tokyo - 資産運用 , 2022 All Rights Reserved.