プレスリリース

ブロックチェーンロック社、「KEYVOX」サービスをKIWの提供する分散型ワークプレースに導入




九州アイラインドワーク株式会社と提携し、「KEYVOX」サービスをOEM提供

ブロックチェーンロック株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:岡本 健)は、 「KEYVOX」サービスのアプリ機能を拡張し、 九州アイランドワーク株式会社(本社:宮崎県宮崎市 代表取締役:馬渡侑佑)が九州全土に展開する分散型ワークプレースに「KEYVOX」サービスを全面導入します。 高速道路のサービスエリアに設置するトレーラーハウスを改修したコワーキングスペースを皮切りに展開していきます。 ゲストの本人確認、 予約、 利用時のカギの開閉、 暗証番号の参照などを「KIW」アプリで行うことができます。 これにより、 分散型ワークプレースの運用を無人化することができ、 利用者に便利でスムーズにワークプレースを利用することができる新しいユーザー体験を提供します。

ブロックチェーンロック社が今年の4月に立ち上げた「KEYVOX」ソリューションは「サービス + デバイス」を統合した空間シェアリングの統合プラットフォームで、 カギの管理に加え、 予約、 決済、 チェックインをアプリケーションで行うことができます。 また、 ブロックチェーンの技術を活用したポイント機能もあり、 ポイントの付与、 ポイントでの購入や個々人間の送受信を行うことができます。
 

近年の働き方改革に伴い、 働く場所に対してのニーズも多様化しており、 業務スペースや会議室をシェアし、 個人同士の新たなコミュニケーションを創出するコワーキングオフィスは増加傾向にあります。 また、 新しい働き方として、 休暇をとりながら一時的に仕事をする“ワーケーション”というスタイルも登場しています。 九州アイランドワーク株式会社(以下「KIW」)は九州に訪れるビジネスマンやワーケーションで訪れる人たちが快適に、 そして容易に利用できる「分散型ワークプレース」で新しい社会インフラの構築を目指しており、 5年後までに九州内で335カ所のワークプレイスの展開を目標にしています。
その第一弾として国立大学法人宮崎大学 地域資源創成学部およびNEXCO西日本九州支社と協業し、 宮崎県のサービスエリアにスノーピークの「住箱」を改修したコワーキングスペースを設置します。
 

 

ブロックチェーンロック社はKIWが展開する全部の分散型ワークプレースに「KEYVOX」サービス及びアプリを提供し、 KIWアプリによるワークプレースの利用予約、 決済、 暗証番号・アプリでのカギの開閉に加え、 ブロックチェーン技術を利用したKIWポイントの管理機能を提供します。 ブロックチェーンロック社は空間管理業務の効率化を推進すべく、 KEYVOXサービスの機能強化及び関連サービスとの連携の強化を進め、 様々なタイプの施設管理者との提携、 サービス導入を加速させています。

■九州アイランドワーク株式会社
「世界があこがれる九州をつくる」を経営理念とした、 株式会社一平ホールディングスのグループ会社として、 2019年1月に設立しました。 九州で新しい働き方を実現するための分散型ワークプレイスのシェアリング事業を展開していきます。 また、 九州を中心にクリエイターズネットワークを構築し、 グラフィック制作、 WEB制作、 アプリ開発、 映像制作などクリエイティブ事業を展開しています。
会社概要: https://www.kyushu-island.jp/

■ブロックチェーンロック株式会社について
インターネット、 ブロックチェーン及びIoT業界での多くの経験を積んだ経営陣から構成される、 ブロックチェーンとIoT専門の技術集団。 世界中の資産に安全なアクセスを提供するという意味の「Unlock the World」をミッションとして、 東京を拠点に活動している。 世界中の遊休資産をブロックチェーンとIoTの力でより安全にシェアリングできる世界を目指し、 「KEYVOX」サービス(アクセス権管理プラットフォームおよびIoTデバイス)の開発、 展開を行っている。
サービス詳細: https://www.keyvox.co
会社概要  : https:/www.blockchainlock.com/







- プレスリリース
-,

Copyright© WMR Tokyo - 資産運用 , 2021 All Rights Reserved.