仮想通貨のおすすめニュース

元世界王者タイソンが発起人の「ファイト・トゥ・フェイム」、夢は国境を越える




   マイク・タイソンは、 1966年にニューヨークに生まれ、 20歳でライバルのトレバー・バービックを破り、 史上最年少でボクシングヘビー級世界王者となり、 名を馳せた。 以降、 彼は輝かしい戦歴に数々経て、 世界最強のボクサーの一人と見なされている。 2005年、 タイソンは引退を発表し、 2016年には映画「イエップ・マン 3」にドニー・イェンとシオンユー・リンと共に出演した。 元チャンピオンのスポーツ界から映画界への転身に、 無数の注目と疑念が集まった。 タイソンがどの分野においても立派な成績を出したことは否定できない。

   2015年、 タイソンは自身のTwitterアカウントにて、 ブロックチェーン業界に参入することを発表し、 大変注目された。 2019年の今日、 4年間没頭してきた問題の回答をタイソンはついに示した。 それが「ファイト・トゥ・フェイム」だ。 簡単に言えば、 「ファイト・トゥ・フェイム」は、 全世界アクションスターコンテストだ。 世界中からプレイヤーを募集し、 コンテストをリアリティショー番組として全世界に放送配信する。 コンテストで選出されたチャンピオンには、 ハリウッドという夢の舞台へと誘われる。 「ファイト・トゥ・フェイム」独自のB + M + Sのビジネスモデルは、 スポーツ界、 映画界、 ビジネス界を驚かせた。

   B(Blockchain)は、 ブロックチェーンであり、 変更不可の性質のため公平性を保証できる。 同時に、 このテクノロジーによって作成された暗号通貨であるFFトークンは、 試合チケット、 VIPサービス、 オンラインプラットフォームを通して選手への投票、 および抽選イベントでも使用される。 FFトークンは、 デジタル通貨では前例のない持続可能な開発と爆発的な評価を達成するために、 ブロックチェーン技術による完全な循環型商業システムを形成する。 これにより、 FFトークン取引所での流通価格を促進するだけでなく、 価格の成長余地も大きい。 いまだかつてビジネス界でなし得なかったことである。
   
   M(Movie)は映画。 アクションコンテストは、 リアリティショーを通じて放送され、 全世界から広く注目される。 優れたプレイヤーは、 世界中のファンを獲得する。 そして中央型投票システムにより正真正銘のアクションスターを育成し、 世界チャンピョンになった選手はハリウッドへ進出する。 国境や肌の色や人種に関係なく、 公平さを信念に、 シルヴェスター・スタローン、 アーノルド・シュワルツェネッガーやブルース・リーに匹敵する新世代のハリウッドアクションスターを育成する。
   
   S(Sport)はスポーツであり、 スポーツで競い合うことは古代ギリシャに始まる。 力は崇高なものとして崇められた。 その力とは、 スポーツを通して得る筋肉や筋力と速度が合わさることだ。 小節を使って殴る運動つまりボクシングにも長い歴史があり、 それは人類の誕生に遡る。 元々は生存と競争のために始められたが、 現代のそれは、 強さ、 速さ、 柔軟性、 凶暴性、 協調性、 決定力、 勇気をすべて組み合わさったスポーツとなり、 古代から現代まで衰退することはなかった。
 
   もちろん、 「ファイト・トゥ・フェイム」はタイソン一人の努力によるものではない。 ブロックチェーンの父であり、 Bitsharesの創始者スターン・ラリーモーが、 ブロックチェーン技術委員会委員長として、 専門チームを率いて技術パートを全面的にサポートする。

   銀行がグローバル資本市場を再構築する第一人者——華賛(フアザン)はBMS理事会の議長に。 365勝0敗という記録を樹立した柔術の世界王者リガン・マチャドは、 「ファイト・トゥ・フェイム」ブラジリアン柔術大使として。 全世界ヘビー級ボクシングチャンピオンのクリス・ヴァン・ヘールデンは「ファイト・トゥ・フェイム」の全世界ボクシングチャンピオン大使に。 さらに、 著名な法律家ローレンスD.ヒルトン、 そして一流リアリティショー番組制作スタッフと映画制作チームなどが参加する。 この豪華な布陣は専門性とスケールを感じさせる。

   「ファイト・トゥ・フェイム」は、 タイソンのキャリアの集大成と言えよう。 若かりし頃彼はいつでも一撃で相手を倒してきた。 一躍世界の舞台に中心に立つ彼は人々の賞賛と尊敬の的だった。 タイソン曰く:私は引退し、 もう敵を簡単に倒せるあの伝説ではないが、 ハリウッドの映画やテレビの作品を通して、 私は今でも世界中の100を超える国と地域に影響を与え、 何十億の人々に喜びをもたらしている。 「ファイト・トゥ・フェイム」は私の夢であり、 本当に武術で世界を制したいと夢みて、 ヴァン・ディーゼル、 ジュシ・ジョンソン、 ジェット・リーなどのハリウッドアクションスターになりたいと思っている人たちの夢だ。 出身も人種も関係ない、 「ファイト・トゥ・フェイム」は、 世界中の武道愛好家に意志を見せつけ、 自分を証明する絶好の機会であり、 国際舞台ですある。

志があれば必ず成功する。 私のすべてを伝えたい。 私、 マイク・タイソンはすでに準備ができている!

 







- 仮想通貨のおすすめニュース
-, ,

Copyright© WMR Tokyo - 暗号資産 , 2019 All Rights Reserved.