プレスリリース

大韓民国経済文化貢献大賞海外部門で日韓合作映画「神様がくれたLUKA」の日本側の監督でもあるGODと副代表のSIZUKUが受賞!




世界初聴く人の免疫力を上げるシーター波の歌声を持つSIZUKUが韓国新聞社より認定書を受賞。李会長の新聞社がシーター波の歌声を認定する事は韓国史上初の快挙。

日韓合作映画「神様がくれたLUKA」の日本側の監督でもあるGODと副代表のSIZUKUが大韓民国経済文化貢献大賞の海外部門を受賞。 後日韓国メディアへの出演や音楽番組で歌を披露した。 「神様がくれたLUKA」の映画主題歌をSIZUKUは披露し、 SIZUKUも参加する徳川姫殿劇団は同音楽番組で2020東京オリンピック&パラリンピックの応援歌でもある徳川姫殿音頭を披露した。 監督権プロデューサーのGODは日本のブロックチェーン開発プロジェクトであるKatana Projectにも参加しており、 そこでは宇宙産業プロジェクトなども手掛けている。 今回の日韓合作映画においても「宇宙」が一つのテーマとして取り上げられており、 感動だけではなく近未来を感じられる映画となっている。

韓国時間の6月4日、 韓国の時事聯合新聞社の創刊11周年記念 イベント「2019大韓民国経済文化貢献大賞」の授賞式がソウルの白凡記念館で開催され、 民主党のイジョンゴル国会議員が名誉会長を務めた。
貢献大賞とは大韓民国の文化、 芸能、 芸術、 スポーツなど各分野の発展のために寄与した団体、 企業、 個人、 メディア、 社会団体などに送られる賞であり、 文化人・芸能人が功労賞を授賞することにより全国民の手本として表彰される。

SIZUKU(左) GOD(真ん中) イ・ジョンゴル国会議員

SIZUKU(左) GOD(真ん中) イ・ジョンゴル国会議員

 

イ・ジョンヨプ会長とGOD

イ・ジョンヨプ会長とGOD

 

 

ギム・ハクス元国連事務次長とSIZUKU

ギム・ハクス元国連事務次長とSIZUKU

司会にはKBSアナウンサーであるバクヘサンとイ・ソョンが共同で司会進行をし、 イジョンヨプ時事聯合新聞会長は式の中で「国民が正しい判断をすることができるようなメディアに生まれ変わるだろうと」と述べられた。
名誉会長であるイジョンゴル国会議員とギムハクス前国際連合事務次長も激励の言葉を述べる場面もあった。
貢献大賞の前の祝賀公演では、 昔懐かしい大物歌手が何人か登場して場を湧かせる中、 日本からは来年東京オリンピックの年に公開を控えてる日韓合作動物愛護映画「神様がくれたLUKA」のヒロインでもあるSIZUKUがこの映画の主題歌である「LUKAと私のFOREVER STORY」を披露した。

 

 

子役達と徳川姫殿劇団(左から 景色幸子、  紅塚美鳥、  AILA、  GOD、  キム・エイミ、  SIZUKU、  徳川竹千代、  ジョン・ソヒ、  黒沢たき、  ジャミ船長)

子役達と徳川姫殿劇団(左から 景色幸子、 紅塚美鳥、 AILA、 GOD、 キム・エイミ、 SIZUKU、 徳川竹千代、 ジョン・ソヒ、 黒沢たき、 ジャミ船長)

 

彼女は世界でも数人しか出すことの出来ないシーター派という歌声の持ち主であり、 その美声に開場中が包まれた。
公演には韓国ドラマの人気子役として活躍、 平昌オリンピックの開会式にも出演したキム・エイミやエイミママやモデルのタキも応援に駆け付けた。
今回の大韓民国経済文化貢献大賞の海外部門は厳選なる審議の結果、 数人の日本人が選ばれ、 特に日本と韓国の 音楽を含めたエンターテイメント企業として
ゴッドワールドエンターテインメントの代表でもあり日韓合作映画「神様がくれたLUKA」の日本側の監督でもあるGODと副代表のSIZUKUが受賞。
ギムハクス前国連事務次長から二人とも豪華な皿を献上された。
この貢献大賞の 主催者でもあるイジョンヨプ時事聯合新聞会長はこの祭典の最大のトリでもある世界初聴く人の免疫力を上げるシーター波の歌声を持つSIZUKUが認定書を受賞。
李会長の新聞社がシーター波の歌声を認定する事は韓国史上初の快挙である。

 

 

イ・ジョンヨプ会長とSIZUKU

イ・ジョンヨプ会長とSIZUKU

 

 

左から GOD、  SIZUKU、  ギム・ハクス元国連事務次長

左から GOD、 SIZUKU、 ギム・ハクス元国連事務次長

翌日6月5日は KJインターナショナルの黒田氏とGODワールドのGODとの 提携により民放出演が決定した。
昨日貢献大賞海外部門を受賞したGODとSIZUKUがウソルミンのレギュラー番組に出演した。
OBSWの人気民放音楽番組MUSIC CHAMPにはGODとSIZUKUもメンバーの一員である徳川姫殿劇団がゲストとして出演し、 2020東京オリンピック&パラリンピックの応援歌でもある徳川姫殿音頭を披露。
SIZUKU個人も映画の主題歌LUKAと私のFOREVER STORYを披露した。

 

 

韓国テレビ番組収録後のGOD(徳川総司令官),SIZUKU(徳川静華)、  徳川竹千代

韓国テレビ番組収録後のGOD(徳川総司令官),SIZUKU(徳川静華)、 徳川竹千代

 
 

 

 

民放OBSwの歌番組を終えた徳川姫殿劇団メンバー(左から ジャミ船長、  AILA、  景色幸子、  徳川竹千代、  藤倉親宏、  徳川静華、  徳川総司令官GOD、  紅塚美鳥、  MANA)

民放OBSwの歌番組を終えた徳川姫殿劇団メンバー(左から ジャミ船長、 AILA、 景色幸子、 徳川竹千代、 藤倉親宏、 徳川静華、 徳川総司令官GOD、 紅塚美鳥、 MANA)

映画の主題歌LUKAと私のFOREVER STORYをOBSwの歌番組で披露したSIZUKU

映画の主題歌LUKAと私のFOREVER STORYをOBSwの歌番組で披露したSIZUKU

  
SIZUKUのプロデューサーでもあるGODは宇宙ビジネスとBlockchainを融合させたMirai1有限責任事業組合が運営するKatana Projectの総合プロデューサーであり、 シーター波シンガーのSIZUKUもこのプロジェクトに賛同している。
今回の日韓合作映画の中では宇宙散骨が一つのテーマとして出てきていることもあり、 宇宙散骨を実際に行おうと試みているKatana Projectへの参加に至ったのだそう。
また同プロジェクトは動物愛護に関するプロジェクトも行っている。
Katana Projectとは日本の独自ブロックチェーン開発プロジェクトで、 Katanaブロックチェーンにより世界全体のお金の在り方を変えていこうと試みているプロジェクトチームである。
Katana Projectは先日、 日本で豪華ゲストと共に初の技術発表会を行い、 来場した観客にブロックチェーンの可能性とKatana Projectが実現させようとしている壮大なミライを体感させる場を設けイベントは大盛況に終わった。
ブロックチェーン業界でも注目されているプロジェクトの一つである。
歌や映画といったエンターテイメントを通し、 様々な産業への参入など幅広い分野で活躍しているSIZUKUとGODからこの先も目が離せない。

GODとSIZUKU Katana Projectセミナーにて

GODとSIZUKU Katana Projectセミナーにて

6月1日にスターライズタワーで行われたKatana Projectイベントの様子

6月1日にスターライズタワーで行われたKatana Projectイベントの様子

 

◆GODワールドエンターテイメント公式ホームページ
https://godworldenter.grupo.jp/tokugawahimetonogekidan

◆Katana Projectホームページ(Mirai1有限責任事業組合)
http://katanaproject-comm.com/







- プレスリリース
-,

Copyright© WMR Tokyo - 資産運用 , 2021 All Rights Reserved.