仮想通貨

2019平昌ブロックチェーン・セミナー

投稿日:

平昌冬季オリンピックの波に乗って、 「ブロックチェーン経済セミナー2019(Blockchain Economic Forum, BEF2019)」は2019年1月28日から29日までの期間で平昌アルペンシア展示会場で行われる。

今回のセミナーはカンウォンド政府により主催される、 かつ韓国電子通貨研究院(KDC)、 カンウォンド調達委員会が協力する。 網易ニュースは日本のメインパートナーメディアである。

 

平昌冬季オリンピック一周年を記念するため、 今回のセミナー開催時期を冬にした。 セミナーは「知能型実態経済、 ブロックチェーンの未来」をテーマにし、 世界にブロックチェーンの未来の可能性を見せる。

カンウォンド政府はセミナーを主催することは、 ブロックチェーン経済を検討するだけではなく、 地域産業を発展させ、 新たなマーケティングを開拓する背景もある。 今回のセミナーはブロックチェーン経済の解決案を探るだけでなく、 同時に、 国際交流連携のプラットフォームも提供する。 グローバルな専門家の集まりである「専門家経済セミナー」において、 各専門家は大衆の角度から技術のビジネス化と新たな産業の市場発掘を説明し、 地域と住民の相互作用を通じ、 第四次産業革命の未来を迎える。

今回のセミナーは五つの部分からなる。 初日の開幕式において、 ブロックチェーンの未来図を発表し、 マクロベースから全体像を提示する。 そして、 ブロックチェーンの将来性を深く説明する。 その中、 地域化医療、 生物プロセスは特別な部分であり、 関連インフラストラクチャーを融合した地域化プラットフォーム戦略とブロックチェーンの大衆化及び地域貨幣ビジネス化等の実態経済を結び付けている。

二日目は、 観光、 エネルギー、 食品等日常生活に密着している分野をメインに討論する。 知能シーティー構造プロセスと観光・エネルギー・食品プロセスにおいて、 カンウォンドの将来ブロックチェーン・ビジネス化技術と大衆化について討論する。

二日目での討論の最後は公共革新である。 この部分は、 ブロックチェーン経済市場を規範化することを目標として、 地域の優秀な産業を発展させ、 方向性のある政策法規を検討し、 ブロックチェーン産業の発展を保障するため、 ブロックチェーン関連の政策制度を中心に討論する。

また、 セミナーを開催する際に、 プロジェクト展示会とロードショーも行い、 ブロックチェーンの大衆化と産業化の最新動向を大衆に知ってもらう。 ブロックチェーン関係の政策制度を中心に検討する。

カンウォンド知事である崔文旬は、 「ブロックチェーン経済セミナー2019」は世界が注目する冬季オリンピック開催地の平昌で行われ、 冬季オリンピックに続き、 ブロックチェーン経済をカンウォンドの新たな国際的なブランドとして作り上げる。 」と発言した。

今回のセミナー関係者によると、 「今回のセミナーは第四次工業革命の革新分野のブロックチェーンの情報氾濫問題を重点的に討論する。 グローバルレベルの業界専門家と連携して、 関連の国際基準を制定するため、 重大な意義を持っている。 同時に、 カンウォンドは冬季オリンピックを主催した後、 国際都市として世界中に知れ渡っているので、 今回の国際ブロックチェーン・セミナーをきっかけに、 平昌が新興科学技術分野においても世界から注目を受ける」。

 

 

-仮想通貨
-, ,

Copyright© WMR Tokyo - 仮想通貨(暗号通貨) , 2019 All Rights Reserved.