プレスリリース

【GMOあおぞらネット銀行株式会社】 新しいインターネット銀行事業の開始について

2018年7月17日




「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」

GMOあおぞらネット銀行株式会社(以下、 当ネット銀行)は、 高度セキュリティ認証、 ブロックチェーン、 人工知能(AI)、 IoT、 次世代メディアなどの活用と新たな顧客ニーズに対応した、 次世代型インターネット銀行事業を2018年7月17日に開始いたしましたので、 お知らせいたします。

1.当ネット銀行のコンセプトとビジョン

 近年、 インターネットバンキングの利用意向が、 若い世代を中心に高まっていることに加え、 スマートフォンの普及やFinTechの進歩により、 キャッシュレス社会が到来しつつあります。 また、 昨年6月施行の改正銀行法により、 銀行とFinTech事業者とのAPI連携が進み、 より利便性の高い決済をはじめとする新しい金融サービスが誕生しつつあります。 さらに、 ブロックチェーン技術の応用により、 より安全で安価な決済・金融サービスに向けたブレークスルーへの期待が高まっています。
 このような市場環境の下、 当ネット銀行は、 「すべてはお客さまのために。 No.1テクノロジーバンクを目指して」を経営理念として、 以下のコンセプトを具現化してまいります。

 

スマートフォンアプリのイメージ

スマートフォンアプリのイメージ

 

 

(1)      EC事業者を含む中小企業・小規模事業者等のお客さまに、 生産性向上につながる銀行サービスを低価格で提供する

(2)      個人のお客さまにITを駆使したスマートな次世代型機能とGMOクリック証券株式会社(以下、 GMOクリック証券)と連携した魅力ある銀証連携サービスを提供する

(3)      GMOインターネット株式会社(以下、 GMOインターネット)グループ、 株式会社あおぞら銀行(以下、 あおぞら銀行)グループと連携することに加え、 外部のFinTech企業とも連携して、 ユニークなサービスをスピーディーに展開する

(4)      低価格のサービス提供を実現するために、 システムは最先端のIT技術を活用し、 圧倒的なコスト低減を図る

 当ネット銀行は、 インターネットでの商取引が拡大する中で、 “気がつけばいつの間にか使っている”お客さまに寄り添う銀行を目指します。 また、 ブロックチェーンや人工知能(AI)に代表される新しいテクノロジーや、 金融業界の新たな潮流に機敏に対応した商品サービスを展開してまいります。 さらに、 ドメインやサーバーといったインターネットのインフラと同様に、 各業界の企業に対して決済・金融インフラをホワイトラベルで提供する「プラットフォーム銀行」となることを志向してまいります。

2.提供価値
 

当ネット銀行は、 お客さまに「安心」「速さ」「安さ」「便利さ」「新体験」の5つの価値を提供いたします。
安心:取引ごとに発行されるワンタイムパスワード、 生体認証機能、 ハイセキュリティーカードなど、 万全のセキュリティで安心してご利用いただけます。
速さ:開発スピードの向上による素早いサービス提供に加え、 処理速度の向上に努めストレスないインターネットバンキング環境をご提供します。
安さ:業界最高サービス水準のATM出金無料回数、 他行あて振込の無料回数でご利用いただけます。 他にも各種キャンペーンによりお得にご利用いただけます。
便利さ:24時間365日パソコン・スマートフォンでお取引可能です。 ATMはお近くのセブン-イレブンなどで24時間ご利用可能、 キャッシュカードと一体型のデビットカードでキャッシュレスを実現します。
新体験:資金を目的に応じて分けて管理できる「つかいわけ口座」、 入金消込のスピード・精度アップを可能にする「振込入金口座」、 オープンAPIによる決済・金融サービスなど、 新たな体験をお届けします。

3.商品サービスの特長

 最新テクノロジーの活用や、 GMOインターネットグループ内製によるシステム開発体制により、 コストを抑制した結果、 業界最安値水準の商品サービスを提供することが可能になりました。 当ネット銀行は、 個人および法人の円普通預金、 円定期預金に加え、 事業開始初年度に次のような特長ある商品サービスを提供いたします(今後、 商品サービスは順次拡充予定です)。
 (1)個人向けバーチャル口座「つかいわけ口座」つかいわけ口座は、 お金の管理を便利にします。 個人が保有する普通預金口座内で、 生活費、 貯蓄、 教育費、 お小遣いなど、 目的別に最大10口座まで無料でつかいわけ口座を作成することが可能です。 つかいわけ口座を通じた直接の入出金、 親口座からつかいわけ口座への自動振替等も可能です。

 (2)法人向けバーチャル口座「振込入金口座」振込入金口座は、 法人の入金管理業務を効率化します。 顧客単位やサービス単位で一時的に使用する仮想口座番号を作り、 請求と入金を対応させることで、 名義人や金額の相違が生じるなどして煩雑である入金消込作業の事務負担を軽減します。 当ネット銀行に口座を保有する法人は、 初期登録料も月額利用料もゼロ(無料)で振込入金口座を利用することができます。

 (3)証券コネクト口座(銀証連携サービス)
GMOクリック証券に証券口座をお持ちのお客さまは、 当ネット銀行の口座にある資金が証券口座の買付余力に自動的に反映されます。 これにより、 証券口座の資金と当ネット銀行の資金が合算された買付余力の中で、 株式取引を行うことができます。 また、 株式取引に伴う精算代金は、 受渡日にGMOクリック証券の口座から当ネット銀行の口座に自動的に資金振替が行われます(自動スイープ機能)。

 (4)外貨預金(銀証連携サービス)FX取引高世界No.1のGMOクリック証券(ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2017年12月))との連携により、 外国為替相場をリアルタイムに反映した為替レート、 競争力のある為替手数料、 好条件の金利水準を実現した外貨預金サービスをご提供いたします。 GMOクリック証券の技術を活用し、 優れたUI/UX(操作性)を実現しました。 当ネット銀行は8つの通貨(USD、 EUR、 GBP、 AUD、 NZD、 CHF、 CAD、 ZAR)に対応しております。

 (5)ハイセキュリティデビット一体型キャッシュカードGMOあおぞらネット銀行のキャッシュカードにはVisaデビット機能を標準装備しており、 Visa加盟店でのキャッシュレス決済に利用できます。 2019年春には、 米Dynamics Inc.と提携した、 世界初のハイセキュリティデビット一体型キャッシュカードを発行する予定です。 ハイセキュリティデビット一体型キャッシュカードでは、 ユーザー自身が設定するパスコードを入力することで、 ATM、 デビットカードの利用が可能となる仕組みとなっており、 カード紛失時等の物理的セキュリティを担保します。

ハイセキュリティデビット一体型キャッシュカードのイメージ

4.今後の 商品サービス 展開
 

今後、 当ネット銀行は、 矢継ぎ早にローンやクレジットカード等の商品サービスを投入し、 お客さまのニーズに幅広く応えてまいります。
また、 2019年1月には参照系API(口座の預金残高や入出金明細などの情報参照が可能)の提供を開始し、 2019年4月には更新系API(振込などの決済まで可能)の提供を開始する予定です。 将来は、 これら銀行API連携機能の拡充による「プラットフォーム銀行」の展開を見据えております(オープンAPI決済サービスとして特許申請中)。
さらに、 当ネット銀行は、 GMOインターネットグループと連携し、 ブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発に取り組むことを予定しております。
事業開始時から数年間の中期的な商品サービス展開のロードマップは次の図の通りであります。

図:中期的な商品サービス展開ロードマップ

5.口座開設 の受付

当ネット銀行の口座開設のお申し込みは、 本日7月17日より下記ウェブサイトで受け付けております。

個人のお客さま https://gmo-aozora.com/
法人のお客さま https://gmo-aozora.com/business/

口座開設手続きが完了し次第、 8月3日(予定)からPCおよびスマートフォンアプリによる取引が可能になります。
なお、 お近くのセブン銀行ATMで、 お引き出し、 お預け入れ、 残高照会がご利用いただけます。 また、 2019年春には、 イオン銀行ATMもご利用可能となる予定です。

6.G MO あおぞらネット銀行の概要
 

当ネット銀行は、 銀行経営およびリスク管理に関するノウハウを有するあおぞら銀行グループと、 インターネット技術および電子商取引(EC)市場向けサービス、 ならびにインターネット証券に関するノウハウを有するGMOインターネットグループが共同出資する会社です。
 

商号         :GMOあおぞらネット銀行株式会社
所在地        :東京都渋谷区桜丘町26番1号
代表者        :代表取締役会長 金子 岳人
            代表取締役社長 山形 昌樹
事業内容       :銀行業務、 信託業務
資本金        :8,751百万円(2018年3月31日現在)
設立年月日      :1994年2月28日
株主構成(議決権比率):株式会社あおぞら銀行                   (85.1%)
            GMOインターネット株式会社              (7.45%)
            GMOフィナンシャルホールディングス株式会社  (7.45%)
                                              以 上

【関係資料】
2016年6月24日付「株式会社あおぞら銀行、 あおぞら信託銀行株式会社、 及びGMOインターネット株式会社によるインターネット銀行の共同運営に関する資本業務提携について」
URL: https://gmo-aozora.com/news/pdf/20160624pressrelease1.pdf

2017年10月19日付「社名変更ならびにインターネット銀行事業開始時期についてのお知らせ」
URL: https://gmo-aozora.com/news/pdf/20171019pressrelease.pdf

2018年6月1日付「社名変更および本社移転の完了のお知らせ」
URL: https://gmo-aozora.com/news/pdf/20180601pressrelease1.pdf
 







- プレスリリース
-, , , ,

Copyright© WMR Tokyo - 資産運用 , 2022 All Rights Reserved.