※当サイトにはプロモーションが含まれています。

二重(LINEお友達登録)

ライフスタイル

COVID-19から“子ども時代”を守るユニセフの世界キャンペーンに、長谷部誠 日本ユニセフ協会大使、筒香嘉智選手、勝みなみ選手、菅原小春さんが参加【プレスリリース】 #ChildhoodChallenge

2020年6月26日

長谷部誠選手。©️ 日本ユニセフ協会長谷部誠選手。©️ 日本ユニセフ協会

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、世界中の子どもたちから、子どもらしく過ごすことのできるとても限られた貴重な時間=「子ども時代」を奪っています。

さらに、医療体制が脆弱な中南米・アジア・アフリカの国々では、子どもたちの命が脅かされています。栄養不良などで感染症への抵抗力が弱い子どもたちが多く、また、ただでさえ脆弱な医療体制がCOVID-19対策でひっ迫することにより、乳幼児の定期健診や定期予防接種などの活動が停滞し、ユニセフ(国連児童基金)は、予防可能な感染症による5歳未満児の死亡が、今後6か月間、最大で1日あたり6,000人増加する可能性があると警鐘を鳴らしています。

6月27日(土)にスタートする「#ChildhoodChallenge」は、こうした状況の最前線のひとつでありWHO(世界保健機関)が「新たな震源地」と呼ぶ中南米の国々で支援に取り組むユニセフ現地事務所が発案。世界の著名な方々に、自身の子ども時代のエピソードを紹介していただきながら、世界の子どもたちもかけがえのない「子ども時代」を過ごせるよう新型コロナウイルスの脅威から子どもたちを守る活動への支援を呼びかける、ユニセフの世界的な取り組みです。

筒香嘉智選手。© 日本ユニセフ協会_2020筒香嘉智選手。© 日本ユニセフ協会_2020

日本からは、これまでに、ドイツ・ブンデスリーガで活躍する日本ユニセフ協会大使の長谷部誠選手とメジャーリーガーの筒香嘉智選手、プロゴルファーの勝みなみ選手、世界的ダンサーの菅原小春さんが、「子ども時代」の写真とともに、当時のエピソードと世界の子どもたちへの支援の呼びかけのメッセージを寄せてくださいました。

■「#ChildhoodChallenge」キャンペーンサイトはこちら: https://bit.ly/2ZbyVOR

* * *

ユニセフは、COVID-19のパンデミックの影響を受けた子どもへの人道支援のため、総額16億米ドルの支援を国際社会に要請しています。日本のみなさまには、ユニセフ「新型コロナウイルス緊急募金」へのご協力を呼び掛けています。

■「#ChildhoodChallenge」への賛同のご支援は、各著名人の方の募金ページよりお願いいたします。

■ その他の募金方法
新型コロナウイルス緊急募金
郵便局(ゆうちょ銀行)
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「コロナ」とご明記ください。
*窓口でのお振込は、送金手数料が免除されます。
*クレジットカード/コンビニ/ネットバンキングからのご寄付は、ホームページをご覧ください。

* * *

■ 新型コロナウイルスに関するユニセフの情報はこちらからご覧いただけます。
特設サイト: https://www.unicef.or.jp/kinkyu/coronavirus/
各種ガイドライン: https://www.unicef.or.jp/kinkyu/coronavirus/info/

■ ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。( www.unicef.org )
※ ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する33の国と地域を含みます
※ ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■ 日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国33の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。( www.unicef.or.jp )

おすすめのお花のサブスク

コロナ禍にお花の人気がアップしているのをご存知ですか?

  • 「お花の癒し効果がすごい!お花を飾ったら気分も上がるし、パワーがみなぎりります」
  • 「部屋にお花を飾るようになってから、おうち時間が心地良くなりました」
  • 「公園など緑の多い場所に足を運ぶと癒されるように、おうちにも緑を取り入れると似たような効果を得られると実感しました」
  • 「部屋にお花があるのとないのとで、こんなにも気分に変化が出るのかと、花のある暮らしの効果を早くも実感しています」

など、の声を聞くこともしばしば。

お花屋さんに行かなくても、おしゃれな切り花のブーケがおうちに届くお花のサブスクがおすすめです。

インスタで話題のサブスク!お花の定期便bloomee(ブルーミー)

お花の定期便bloomee(ブルーミー)は日本初の、ポストに届くお花の定期便サービスです。
全国200店舗以上のプロのお花屋さんが
週替わりで季節のお花を選んでお届け!そのまま飾るだけで簡単にお楽しみいただけます。
メディアからも注目を集め、全国放送のテレビでも取材多数!
お花の定期便bloomee(ブルーミー)の累計会員数は10万人、Instagramのフォロワーは13万人を超えている今話題のサービスです。

お花の定期便bloomee(ブルーミー)の特徴
1.全国のお花屋さんが旬のお花をアレンジして定期的にお届け(隔週プランもあり)!!
2.ポストに届くから、忙しくても受け取れる
3.お花屋さんがアレンジしたお花が、可愛い箱に入ってポストに届く
4.配送中に痛んでしまったお花は無料で再送保証
5.旅行や出張などで家を空ける時はマイページからスキップ

町のお花屋さんと変わらぬボリューム【HitoHanaのお花の定期便】

1.ポスト投函型のお花よりも数倍のボリューム
広告費をかけず、その分お花のボリュームに還元することで町のお花屋さんと同じか、それ以上のボリュームのお花を実現!
ギフト用と同じ形のボックスを使用しているため、お花を潰してしまうことなく綺麗な状態でお受け取りいただけます。

2.自由に選べる好みのお花をお届け
お任せを含めた計8色からお好きな色味をお選びいただけます。
専属フローリストが厳選した旬のお花を中心に、毎週レシピを作成しお届け。
日本でもっとも豊富な商品数を扱っているからこそ、一人ひとりのお客様の好みやインテリアに合うお花を提供。
プランは6つの価格帯(税別1,500円〜5,000円)で全て送料無料です。

3.フローリストによるお洒落なデザイン
お花の制作は外注せず、年間10,000件以上の制作実績がある自社のフローリストが制作。
委託先のお花屋さんが余った花材を組み合わせるのではなく、自社フローリストがサブスクリプション用にお花を仕入れ、組み合わせることで、鮮度がよくお洒落なデザインを実現。

花のある暮らしをもっと身近に【&flowerのお花の定期便】

1.プロが市場で厳選、丁寧に水揚げしたお花をお届け
市場から出荷されるお花は新鮮ですがそのほとんどが水揚げ処理がされていません。
どんなに鮮度が良い花でもしっかりとした水揚げを行わないと、
花の寿命は短くなってしまいます。

&flowerは仕入れてから丁寧に水揚げをしたお花をお届けしているため、
より長くお花を楽しんでいただけます。

2.生活に合わせてお花をお届け
毎週、隔週、月1回、好きな配送間隔を選んでお花をお届け、
配送曜日も3パターンから選べます。
選んだ配送曜日や間隔はマイページで手軽に変更できます。

3.ポスト投函で受け取り不要、不在でも安心
受け取り時間を気にする必要がありません。

4.長く続けられる機能
次回のお届けをスキップする機能の他、
しばらくお花のお届けをおやすみする機能もあり、
好きなタイミングでお花のお届けを再開・停止できます。

5.安心の品質保証
延命剤付きでお花が長持ち、万が一お花が痛んで届いてしまった場合でも
すぐに新しいお花をお届けします。

  • この記事を書いた人
WMR Tokyo編集部

WMR Tokyo編集部

WMR Tokyo編集部です。

-ライフスタイル