大阪

2021/1/6

人口増加に取り組む街「大阪狭山市」

大阪狭山市とは 大阪狭山市とは大阪府南河内地域に位置する自治体のうちの一つです。 総面積は11.92平方キロメートルで、内陸部にあります。北側は堺市(東区、美原区)、西側は堺市(中区、南区)、東は富田林市、南は河内長野市と隣接しています。 また総人口は2016年8月1日段階で推計57928人で、これは府内の市としては四條畷市、阪南市の次に3番目に少ない値です。なお人口密度は1平方キロメートルあたり4860人であると発表されています。市の木はサクラ、市の花はツツジです。また和歌山県日高川町と2000年から友 ...

no image

2019/7/25

世界遺産候補がある街「羽曳野市」

羽曳野市とは大阪府の南河内地域に位置する自治体の一つです。 ブドウ栽培が盛んで、古墳などの古代史石も非常に多く、古市古墳群は文化的価値が非常に高いことで知られています。市では世界遺産候補を目指している状態にあります。 羽曳野市の面積は26.45平方キロメートルで、隣接する自治体には堺市、松原市、藤井寺市、柏原市、富田林市、南河内郡太子町、奈良県香芝市があります。 また総人口は2016年8月1日段階での推計で112057人となっています。人口密度は1平方キロメートルあたり4240人です。市の木はタチバナで、 ...

no image

2019/7/24

自然が残された待機児童0%の街「富田林市」

富田林市とは大阪府の南からやや東側に位置する場所になります。面積は39.72km2・総人口は113,214人ですが2016年8月の推定人口になります。これらから割り出した人口密度は2,850人/km2になります。 もともと富田林市は、和歌山県である紀伊国へ続く街道がありますが、そこの宿場町だったところなのです。紀伊国も今よりも賑わっていた頃になりますので、重要な街道だったことには違いありません。戦国時代の末期から、興正寺の別院を中心に寺内町に変化して行きました。 その他の市街地はそれほど歴史がありますが、 ...

no image

2019/7/23

4路線が発達したベッドタウン「茨木市」

茨木市は大阪府の三島地域に位置している自治体ですが、近年その地域特性が着目されて不動産投資が活発に行われています。 他地域との相違点としては、特例市に指定されているという点や、大阪市や堺市、京都市のベッドタウンとなっている点などが挙げられます。 ここではまず、茨木市の地域特性について紹介しましょう。 まず地理的特性について取り上げます。 面積は76.49平方キロメートルで、隣接する自治体には吹田市、高槻市、箕面市、摂津市、豊能郡豊能町があります。 また一部は京都府と大阪府の県境にもなっており、京都府亀岡市 ...

no image

2019/7/22

大阪まで20分、京都まで40分程度の「守口市」

大阪府守口市は、大阪市の中央やや北西にある市町村の一つです。 この地域は大阪と京都を結ぶ地域になり、低地が多い所ですので割と住みやすいのが特徴です。 人口およそ14万人、面積は12万平方メートル、人口密度は11,220人/km2ですので、大阪府内では平均的な人口密度と言えそうです。 地域特性を見ていくと、大阪までは京阪電車が通っていますので、大阪まで行くのに20分程度で行くことが可能です。 そのため、大阪のベッドタウンとして知られるようになっています。 一方で、京都へ行くにも40分程度で行くことが出来るこ ...

no image

2019/7/21

待機児童率0パーセント誇る街「貝塚市」

大阪府貝塚市は、面積が43.93km2・総人口88,412人・人口密度が2,010人/km2の市町村の一つになります。 東京オリンピックの時に東洋の魔女であるバレーボールチームが本拠地としていました。 50年以上経過した今でも、バレーボールのまちとなっています。 貝塚と言えば縄文時代に築かれた貝ででできた塚になります。 いわゆる貝殻のゴミ捨て場になります。ですが、貝塚市には貝塚はありません。もともと貝塚があるから貝塚市なのだろうというのは予想が当たっている用で間違っています。 貝塚市の良いところは、人口が ...

no image

2019/7/20

自然見溢れる豊かな地域「堺市西区」

堺市西区は、面積28.62km²、総人口は135,904人になります。 推計の人口は、2016年8月1日のものになります。 人口密度は4,750人/km²ですので、堺市の中では平均的な人口密度と言えるでしょう。 堺市北区の地域特性として、自然の豊かな場所であることがあげられます。 泉北丘陵から石津川が和田川・百舌鳥川と合流し、そのまま西のほうに流れていき、大阪湾に入り込むと言う特徴があります。 西側ほど海に近いので、低地になっていますが、東側の丘陵地帯でも土地の起伏は意外と緩やかなことが特徴になります。 ...

no image

2019/7/19

泉南地域の最も主要な都市の「岸和田市」

岸和田市は大阪府内にある市町村の一つで、泉南地域の最も主要な都市です。 大阪府の出先機関や企業の支店など重要な施設が集中していることが、他地域との相違点になっています。 また岸和田だんじり祭でも有名になっています。 このような岸和田市ですが、不動産投資の観点から注目を集めているのです。 はじめにこちらの地域特性について紹介しましょう。 まず地理的な特徴ですが、こちらの面積は72.68平方キロメートルで、隣接する自治体は和泉市・貝塚市・泉北郡忠岡町があります。 また和歌山県との県境になっており、紀の川市や伊 ...

no image

2019/7/18

関西国際空港がある街「田尻町」

大阪府泉南郡にある田尻町は日本で一番面積が小さかったが、埋め立をして面積は広まりました。2009年には日本一の座を泉北郡忠岡町に譲ることになってしまったのです。 面積が小さいというのは良いところとも言えますが、悪いところともいえます。面積のことについて、良いところをあげれば役所、郵便局、などの地域に一カ所ある多くの人が訪れる施設が町のどこからでも近いという点です。 農業では、玉ねぎ、水ナスが多く生産されています。泉洲玉ねぎは日本で栽培され始めた当初から盛んです。 田尻漁港に上がってくるのはタイやハマチにヒ ...

no image

2019/7/17

区内全域に丘陵地があるベッドタウン「堺市東区」

堺市東区は、堺市の中東部にあり、地域特性としては、ほぼ全域にわたって丘陵地があることです。 住宅地が中心となっていますが、それ以外にも田畑も多くあり、ため池がたくさんあるのがポイントです。 ただ、かつてよりも農家が減少したことから、ため池は少なくなっています。 市内の北西から南西には南海電鉄が走っているため、和歌山方面や大阪方面に行くには便利になります。 特に、大阪市のベッドタウンとしても知られている地域になります。 自動車を利用する場合には、北東から南西にかけて高速道路が通っていますので、やはり大阪市や ...

no image

2019/7/16

駅が複数存在し利便性が高い「大阪市平野区」

大阪市平野区は、大阪市の中でも南に位置する区のひとつになっています。 面積は15.28km²、総人口は196,299人、そして人口密度は12,850人/km²です。 人口密度は他地域と比べると高い点に相違点があると言えます。 ここから分かることは、平野区の不動産は一定の需要が見込めるということになります。 地域特性について見ると、区の中に駅が多いのが特徴になります。 平野区の中で一番にぎわっているステーションは西日本旅客鉄道の関西本線平野駅になります。 周辺には繁華街がありますが、南口はどちらかというと古 ...

no image

2019/7/15

自然が多く、高級住宅地の丘陵地を含む「堺市北区」

大阪府堺市北区は面積15.60km²、総人口が2016年8月の段階で15万9千人、人口密度が1万人/km²の堺市の区の一つになります。 地域特性としては、自然が多く、西除川・光竜寺川・狭間川が流れており、それらの川は下流になると山と川に合流しています。 区の南側は、美濃川や百舌鳥川が百済川と石津川へ合流しているのが特徴になります。 標高は、同じ堺区の中では高くなりますので、水害などとは無縁の地域といってもいいでしょう。 もちろん、水害は川の近くほど危険になりますので、不動産投資をするときにも地形はデメリッ ...

おすすめまとめ

二重(LINEお友達登録)

© 2021 WMR Tokyo |プレスリリース・ニュースリリースなど最新トレンドの配信ならWMR Tokyo WMR Tokyoは、各ジャンルのプレスリリース・ニュースリリースなど最新ニュースをお届けするメディア